43話はクウガとグロンギのバトルはなし。
クウガの変身姿さえも1分にも満たないほど。

一条さんにスポットが当たった、普通の刑事ドラマとして描かれていた異色作でした。

いやぁ、こんな話をこの終盤に入れるとは・・・。

放送当時はどのように受け取られていたんでしょうか?

マジパパが出てましたね。


人間相手の一条さんは、今となっては卑怯です(笑)
もう造作もないですね。

でも、その一条を見て怖さを覚えた奈々。


きっと一条さんがクウガになったら、アルティメット化早かっただろうな(汗)


さて、44話はいよいよ閣下のお出ましです。


しかし、44話もバトルはなし。
ちょうどペガサスFが矢を閣下に向けて放った所で終わりでした。

この回も閣下が電流ビリビリで力を得られることを知って得た。そしてゲゲルを開始したぐらいでした。

まだサブタイの「危機」という雰囲気ではなかったんですよね。
むしろ榎田さん親子関係が「危機」。
こちらがメインな感じがしました。

この榎田さん親子と閣下とのバトルがどう絡むのでしょうか?

今週はこの辺で