一部では今回で長石監督はライダーを撮るのは最後で、Wは諸田監督とのトレードで戦隊に行くという話がありました。(諸田監督が3・4話を撮る事は発表済)
それだけに期待値が高かったんですが・・・。

いや、悪くはなかったんです。

アマゾンとマサヒコの「安住の地」を求めていたという『ダブル・ミーニング』も感心させられましたし、今までそこまで士のコスプレに意味はなかったと思って見てましたが、今回はコスプレ=その世界ですべきことというのも良かったです。


でも・・・



エンリケがなぁ〜〜〜〜(汗



いや、先週も書いたように雰囲気だったり、ふとした表情とかは良いんです。

でも、今回ゲンナリしたのが・・・



ギギの腕輪を奪い返したマサヒコに駆け寄る所の、



ダラダラした走り・・・(汗





マサヒコが一人で十面鬼に対してギギの腕輪を奪え返しに行ったのを知らされ、改心したリツコにお願いされてマサヒコを救いに来たテンションじゃないかったですよ。


あれを何故、長石監督がOKテイクにしたのか少し疑問だったんですよね。
もうあそこはエンリケの芝居には目を瞑って、武井君の演技を優先したような感じかな〜?



小ネタは充実してました。


クウガvsマンティスロードでは、マンティスが持っていた鎌を奪って超変身でタイタンになって一閃!
マンティス爆死の時も、ちゃんと天使の輪を忘れてなかったし・・・。

十面鬼に対して三面鬼(威吹鬼・轟鬼・斬鬼)のトンチ。
何気に長石監督が響鬼のライダーを演出したの初めてだったり・・・。
(まぁ、劇場版鬼だったり、弾鬼・鋭鬼・裁鬼だったらもっと嬉しかったけど)

士とユウスケの戦闘員コスで侵入、マサヒコ奪回もアマゾン・・・昭和的で良かったですしね。(平成でそういう敵地に敵のコスを着て侵入というのは、カブトであったぐらいですよね)



しかし、士にとっての「安住の地」・・・夏海とユウスケが士をサポートすればするほど切なくなりますね。


映画を見ているだけに・・・


う〜ん、鳴滝の「詰めの甘さ」はどうにかならないものですかね?
結局、映画でもその存在はあやふやなもので終わりましたしね。
来週の予告でも誰かに懇願してますし・・・。

ディエンドのパワーアップカードとは「イリュージョン」でした。
これも、ディケイドは所有済のカードだったので「燃え」には至らなかったですね。
その後の、ディケイドのディエンドのお株を奪う行為は良かったですけど。


全人類怪人化計画・・・


でもそれって・・・

国家を維持するためにはマイナスじゃね?(汗

全人類ですよ?
怪人は、いわば奴隷となる人間を監視するための者じゃないですかね?
ちゃんと人間を存在させなきゃいけない気がするんですが・・・。

あっ、そうか。

色々な世界を行き来出来るから、一つぐらい全人類が怪人の世界ぐらいあっても良いのか。
それで、他の世界に対して怪人を供給する世界を作るっていうことですかね?
それなら「あり」ですね。




それと、今日の士の「演説」も少し辻褄が合わなかったかな?と・・・。


アマゾンは誰も信じられなくなったとハッキリ言ってましたよね?それにアマゾンは士たちと一緒に旅をすることを決めてました。
それがリツコから同じ境遇だったということを聞いたから、思い直したわけで・・・。


なのに


「だがこの男は違う!

この最悪な世界で信じることを忘れなかった。

だから本当に信じあえる友達と出会えた。」



これって、やっぱりなんか違いますよね?
ハッキリ誰も信じられなくなったと言わせずに、周りに何と言われてもアマゾンは「ただ騙されてるだけだから」と突っぱねて欲しかったです。


今日の図鑑フォーム召喚は2度目の登場555ブラスターでした。
個人的にはクウガアルティメットは最終回に残すだろうというのは察しているので、唯一怪人を仕留められなかった電王ライナーを召喚して欲しかったな、と思いました。



というような、不満が多く残ったアマゾン編でしたが(あっ、イタミンガイストがどうやらTVシリーズのラスボスになることは嬉しい誤算ですが)・・・



予告でぶっ飛んだ〜〜〜!!!




オンドゥル王子、降臨!!


真理?深央??「ぷに」も降臨!!



おまけにリ・イマジ組のワタル・カズマ・アスムも!!!




大丈夫か?大丈夫なのか!?
こんな大風呂敷・・・



まぁ、






たたむ気サラサラないのは心得済だがなっ!!(爆