うわぁぁぁぁぁぁ








東映公式・白倉Pのぶちまけ方を見ると・・・






自虐ネタも甚だしく終わりそうな悪寒・・・




お祭りの存在自体、存在悪

祝うという字は、呪うという字に似ている

ディケイドたちが「ディケイド」という番組に戦いを挑む戦いを!



何?この全否定ぶり・・・(汗



要するに、オリキャスであるオンドゥル王子はオリジナルを壊したことに腹を立ててディケイドの世界にやってきたというわけか??




しかし、今回の情報量の多さは明らかに「大風呂敷」畳む気がないことを明確にしてるよな〜。


見慣れないファンガイアがいると思ったら、ぷにの変身体だったか・・・。



しかも・・・



なまこファンガイアって・・・



士のなまこ嫌いの伏線の回収のつもりだろうけど、強引にも程がある(汗


それに、芳賀「ぷに」優里亜を出す必要性は感じなかったけどね。
まぁ、役名が『ユウキ』だったので、深央でも真夜でもないのでまったくオリジナルとは関係ないので良いんだけどね。


しかし、ブレイドの世界とキバの世界の争いと思いきや、響鬼の世界もキバの世界の連中(笑)に侵されてたから、見た感じアポロガイストに嗾けられたキバの世界の住人が各世界を襲ってるとしか見えないんですけどね(汗。



現に、結局ファンガイアはユウキとアポロガイストの結婚を企てた、イコールワタルを騙して大ショッカーと手を組んだということですからね。



ワタルは仮面ライダー。所詮ファンガイアにとって「敵」ということなんですよね。


話の構成としては良いんですよね。


仲間を失う辛さは自分の世界を持たない士には分からない!!

結局、士は孤独な「世界の破壊者」

いや、そうじゃない!!今までの旅で育んだ友情は裏切らない!


という流れはね。


海東もまた、彼が仲間ということに目覚めた「響鬼の世界」のアスムとの再会において、士は仲間なんだ!と答えを出した流れも悪くはないんですが、それまで付かず離れずを一環して取ってきただけに、いくらアスムとの再会があっても唐突じゃない?という思いは否めなかったですね〜。

出来れば、もう少しアスムとのやり取りに時間をかけてくれたら・・・。


一応ラスボスはスーパーアポロガイストということになったんですが、それだけじゃ収まらない気、満々なんですよね。

それが剣崎一真の存在・・・。

本当、ファンサービス(本人へのサービス?)も良いですけど、彼が出る必然性をはっきり示して欲しいですね。


ただ、アポロガイストのこれまでの行為って、自分の命のためであって、大ショッカーの総意という気はしないんですよね。


いよいよ最終回!!
予告を見ると、黒目アルティメットも出るし、オリジナル紅渡も・・・。


絶対畳めねぇ〜!!いや、畳む気ねぇ〜〜〜!!!(爆