終わりました。

いやぁ、ファイナルステージのヒドさはこれまでの電王・キバと比べて群を抜いてました(爆)

一応DVDも発売されるので、追記に回します。
まず・・・


キバーラ、視聴者の声代弁乙(爆)


そして、まさかナマコの伏線が「ここ」で回収とは・・・(汗)


なので、冬の映画ではナマコは一切触れないでしょう(笑)


以下、箇条書きで・・・


相変わらず753は最高です!鉄板です!!


響鬼は蕎麦屋を経営。


轟鬼は左利き。



電王が意外なほどおいしい所を持っていかなかった。出番も少なかった。


ブレイドの扱いの悪さに泣いた。



小ネタに命賭け過ぎて、ストーリーはほとんどなかった・・・燃える展開もなかった(涙)


Wも当然のように登場。


こんな感じです。

あとはDVDでお楽しみください(汗)


さて、トークショーですがちょっと今までとは趣向が違い、キャストでドンドン進行していきました。

最終回の感想
印象に残ったシーン
それぞれイマジンに憑依されるのを再現(海東→ウラ、ユウスケ→デネブ、夏海→ジーク、士→なぜか音也)
クイズショウ
海東と士の歌


だいたいこんな感じでした。
まぁ、映画も控えてるので結構あっさり目かな?と思ったのですが、カンナちゃんと村井君は感極まってました。

電王もキバも最後、キャストみんなで歌って終わりだったので、その辺で最後の〆としての物足りなさはありましたが、井上君の技も拝見出来たりと面白かったです。