自業自得




一言で言うと。




OPなしの時点で、今回は重い話になると予想はつきましたが・・・そうですか。




う〜ん、これは




いかに人間は愚かな存在か




ということを、訴えたかったのかな?




千波野先生・・・・・




阿幾と寝ちゃアカンやろ(汗



せっかく、この空守村でやり直そうと思ったけど、過去は消せない。




だから、阿幾と寝た。



じゃ、ダメでしょ。



きっと、千波野先生をクリーンなままで構成も出来たと思います。
匡平の思う千波野先生のままでいたら、王道的なものになってたと思います。


ですが、あえてしなかった。ということですよね。


空守村だけを悪者にせず、人間と言う存在がそもそも愚かな存在なんだということを「読み手」に思わせる。



だけど、人間は何回でもやり直せる存在なんだ!すばらしい存在なんだ!!



という構成だと思うんですね。


それはそれで良いと思いますが、千波野先生も「あなたが思っているほど綺麗な存在じゃない」主張が、今の時代の「読み手」に理解されるか・・・というのはかなり冒険的な作品だと思いました。



かんなぎ事件を思うとね(汗


しかし、匡平は・・・・・思い切り蚊帳の外ですよね。
彼があの位置にいることが今後どう作用してくるのかがカギになるでしょうね。

また、詩緒も今回の過去話では全然関係ない存在ですからね。


ただ、伏線の回収だけではなく、この過去話が続く話にうまくからんでくることを期待します。