やべぇ〜〜〜〜、超面白い!!


久々に高揚感を覚えた作品でしたよ!!
なんていうか正統派というか、大作と呼べる作品じゃないですかね?


見せ方も良かったと思います。
舞台設定や各陣営の事情、思惑を説明セリフとはいえ、非常に初心者にも分かりやすく説明してくれてました。


これはあれですね。どの陣営、どのキャラクターに自分が思い入れを持つかが大事になってきますね。
蟲の人・雁夜はすでに死亡フラグが立ってますが、昔ながらのヒーロー的な思考でなんとかこの人に勝たせてやりたいという思いを抱かせましたが、一番最初に消えそうだよな〜〜。


まぁ、一番最初に消えるのはウェイバーでしょうが(爆


先生であるアーチボルトへの反逆をするにしてももっと恥辱を味わって・・・と言う形にならこちらも肩入れするけど、あれはどう見ても若さゆえの過ちにしか見えないのがなぁ〜〜

おそらくアーチボルトも7人の中に入ってくるでしょうから、ウェイバーとの師弟対決は免れないと思いますしね。
あと、ウェイバーは作品における「癒し」パート、または「ギャグ」パートwwを受け持つのかな?
召喚した英霊ともなんか漫才っぽくなりそうだし。


で・・・、おそらく最後に残るのは綺礼と切嗣なんでしょう。描き方から・・・。
双方ともまだ「謎」を残していますからね。他は、ほぼ動機が割れていますし。


リッキーにジョージだもんな。特撮好きにもありがたいマッチアップだよww



やばいなぁ〜〜〜、これはやばい。
今季はこれ1作品でも良いってぐらいの作品だと感じましたよ。
やっぱり掴みは大事ですね。今までのFateを知らなくてもこれだけ興奮したんですから。
いや、知らないからこそこれだけ楽しめたのかもしれませんね。

ともあれ本当に楽しみな作品が出てきました!!