今日届いて、今日読みました!!

まず、言いたいっ!!!!!


荒川先生、ありがとう!!


もう、今すぐご本人の前で感謝の言葉を言いたい気持ちですよ。
最高です!!

絶対、映像化してほしい!!
色々と不可能な部分あると思うけど、最悪オリジナルの役者さんじゃなくても見たい!!
そう思わせてくれる快作です!

あっ、でも監督は巨匠じゃないとダメです!!
これは巨匠が撮るべきでしょう!

いや、最高と書きましたけど・・・、

第1章は、正直「あれ?(汗」と思ったんですよ。


これは、悪い方の「荒川ワールド」炸裂してないか?ってw


でも、第2章からグイグイきましたね。
で、懐かしの登場人物もまったく変わってなかったですね。
椿なんか、その言動に爆笑しましたよ。椿はこうでなくっちゃってね。


しかし、個人的に主役は○○ですね。
○○はね、後日談が作られるならば確かに○○が主役になるのは的を得てますよ。
荒川先生、GJ!!


でも、この小説の後日談も知りたいですよね。いや、この小説読んだ人は○○と◎◎の「行方」・・・絶対知りたいはず。
いやいや、いくらなんでも◎◎の過去が××だからって、さすがに・・・でしょう。
△△しないと、株下がりますよ!!この小説読んだファンが許さないと思うわw

まぁ、何言ってるのか分からないと思いますが、それは是非読んでのお楽しみで!

クウガ見てない人には少々厳しい内容ですが、裏を返せば・・・


クウガ見てた人は、絶対読め!!


ってぐらいの作品です。

でも、普通に刑事ものの小説としてのレベルも高いと思います。
風刺も利いてますしね。バラのタトゥーの女の言葉の意味も分かりますしね。
私・・・バラのタトゥーの女の言葉、履き違えてましたよ!!
そう、そのTVでは残念ながら描き切れなかった部分についても、しっかり補完してくれてるところも良いです。

いやぁ〜、久々に満たされた思いを感じました。
本当に荒川先生、ありがとうございます。