フジモンさんが完成披露試写会で「これは、僕が主役の映画」と言ってましたが・・・、




いや、嘘じゃない




本当に殿さまが主役な映画でした。


イコール


ニンニンジャーが忍んだ映画



だったと思います。


忍者として、忍者らしい任務遂行ぶりは、ちょっと驚きました。
今までカクレンジャー、ハリケンジャーと忍者の戦隊はありましたが、思えばこうした忍者らしい働きをした戦隊って無かった気がします。カクレンジャーは姫が戦隊の一員としていて、姫の元戦ったという設定ですけど、本当設定だけで、そんな感じあまりしなかったし。


逆に、殿さまが忍ばず暴れた形でしたよね。



EDダンス、ノリノリでしたしww



でも、殿さまの今後が気になりますね。
「やりたいことをやる」として、奥方様を取り戻しに行く話とか、TVシリーズでやりそうなんだけどな〜。
飲んでいるお酒が「雪那ゆきな」だったというネタフリもしてますし。


戦隊全員の個性が十分発揮されてたかというと「う〜ん」ですが、
まぁ、夏の映画ではそういうのは難しいのは分かっているので、作品としてしっかりしていることが大事なだけに、今年もなかなかいい作品の仕上がりだったと思います。