nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!

アニメ・特撮を中心に書いた俺のブログが、荒れるぜ!!止めてみな(爆)

timeranger

未来戦隊タイムレンジャー Case File35 「明日が来ない」Case File36 「素顔のままで」

35話は、初の?直人メイン回だったわけですが・・・



何、このエンドレスエイトw



しかし、この現象はユーゲントが引き起こしたものではなくて、Dセンサーがもたらしたものというのがよく分からなかった。
直人の時間が繰り返されていた間、すべての時間も巻き戻っていた・・・ユーゲントも気づかなかった?全世界が??

この話がのちの・・・・・伏線になっているのかな?と思うのですがね。
だって、本来の持ち主が・・・・・ですからね。
元々、Vコマンダーには時間を巻き戻す力があったのかな〜?

でも、直人の取り乱した姿や最後の子どもと戯れる姿はタイムファイヤー・直人のつっつきにくさを解消させるお話だったとも言えますね。

運命なんて自分次第で・・・。
このセリフも直人にとって、皮肉めいたものになるんですけどね〜。
力を手に入れた。それは自ら運命を変えたことにもなった。しかし、本来の所有者ではない直人が手に入れたために・・・。

本当、直人の運命は波乱万丈すぎます。

まっ、その辺の話は40話以降で・・・。


36話はとうとうドモンとホナミが結ばれるお話でした。


しかし、そういう話とはいえ、タイムファイヤーを登場させなかったというのも随分思い切ったことしましたよね。
シティガーディアンの優秀さは十二分に出ていましたが。



でも、バンジャンとは何だったのか・・・(汗


ロンダーズのくせに、レージなんかに出し抜かれたりしてさ。
武器商人の名折れですよ。同じ靖子さん脚本のギンガマンのビズネラとは大違いだよ!w

レージって、2年連続出演だったのね。何?その恐竜や的な出演。
タイムレンジャーとゴーゴーファイブは同じ世界ということを決定づける意味あったのかな?


ホナミの頭に青色のバンダナ巻いてた時には、アヤセに移り気を印象づけるものかと少し思いました。
いきなりでしたからね。リアルタイムで見てたらそんな風に思っただろうな。

さて、これで「1つの恋」は一件落着。
今回、いきなりラブラブオーラ出してた竜也とユウリの行方は??
でも、あれは唐突過ぎるよな(汗。

未来戦隊タイムレンジャー Case File 33 「リトルレディ」 Case File 34 「暗・殺・者」

33話はゲストが豪華だった1本。
ドゴールの人間態に、東映特撮の悪役でお馴染みな堀田眞三さん。
そして、狙われる少女・エミリ役に永井杏さん。


この時子役だった永井さんは、同年に行われていたクウガにもご出演。
その後は、相棒にも出演。一番有名なのは女王の教室でしょうか?
意外にも声優の仕事もされており、ワンピースでニコ・ロビンの幼少時の声を担当されたということです。
現在、芸能活動はされてないということですが、まだ若いですから復帰を望んでいるなら待ちたいですね。


話としては、探偵もののような展開。
タイムレンジャーって、何でも屋の側面もあり、刑事でもあることで、刑事ものや探偵もののフォーマットが良く使われますよね。
アヤセは女性に対して・・・というのは、設定としてはありそうですがそこまでないシチュエーションでした。
でも、今回オリシス症候群以外でアヤセの魅力が出ていた話ではなかったでしょうかw


34話は、竜也とユウリのカップリングが確定したお話・・・と言っていいでしょう。
前回、ドモンが竜也を煽りましたが、急に竜也がユウリに対して熱を上げるようになりましたね。
多少唐突感が否めませんが、竜也の母親と会った話。自分の弱みを話したところからお互い意識したって肝心なのかな?

しかし、今回はアベル役のグリリバさんに尽きますねw
狂ったストーカー役がまぁ上手なこと(爆。

さて、次回は滝沢メインのお話。
ここのところ、タイムファイヤーの扱い良くなかったから楽しみですね。

未来戦隊タイムレンジャー Case File 31 「迷走ゲーム」Case File 32 「犯罪者を救え」

今回の2本は、ドモンとシオンのメイン回でしたが、どちらもそのキャラクター性が反映された良質な2本でした。



「迷走ゲーム」は、ドモンとホナミの恋の行方シリーズw
今までのドモンは人情家で、ホームシックで、どちらかというと身体の割に優しさが先行していましたが、
今回はファイターとしての「強さ」が表現されていましたね。
土壇場の強さ・・・、今までもっと発揮せんかい!!ww

しかし、今回ホナミが落としたパスケースで、ドモンはホナミがタイムイエロー=アヤセだと思っていることを知ってしまいました。
失恋モードのドモン・・・。
逢うことを止めよう、いや、一期一会・・・未来人と現代人の恋も「あり」だと思った矢先の失恋。

これから先、どうなるのでしょうか?


「犯罪者を救え」では、刑に服すと誓っていたDDラデスを巡ってのタイムレンジャー・ロンダース・タイムファイヤーの三つ巴。
しかし、タイムファイヤー・直人の心を動かしたシオンの訴え!!


「見かけが地球人と違うからって、撃つんですか?

生きる権利を奪うっていうんですか?

彼らから見たら、銃を構えて立つ貴方の方が、よっぽど怪物です!!」



シオンは、ちゃんとDDラデスに対しても罪を償うことを諭しています。
でも、死で償うことを良しとしません。

タイムレンジャーが圧縮冷凍・・・不殺の戦隊であることを強調した回でもあります。


直人は、シオンの訴えでただ排除、殺すという考えを改めました。
まぁ、言葉ではどっちでもいいと嘯きましたがw

本当、タイムレンジャーはシオンで成り立っているな〜ということをシオンのメインでいつも思いますね。


この「犯罪者を救え」は山口さんの本ですよね。
最近じゃ実写戦国BASARAの本を書いてますね。昨日からようやく関東でも見られるようになったので楽しみです。

次回は、アヤセとユウリのメイン!!


そういえば、急にドモンが竜也とユウリのフラグを立てたな〜〜〜(汗。

未来戦隊タイムレンジャー Case File 29「炎の新戦士」Case File 30「届け 炎の叫び」

佛田組、渾身の2本!!



いやぁ〜、ロボ戦良かったな〜。
Vレックスを魅力的に撮ってましたね。
東宝の怪獣もののような迫力です。佛田監督に撮ってもらう選択をした勝利ですね。


それと・・・


登場!タイムファイヤー



初めてですよね。追加戦士の「赤」。
これから先も、カブトライジャーだけですし。
タイムレッドとタイムファイヤーの関係。竜也と直人の関係。

あのドロドロのスーツ姿での激突が、すべてを物語ってますね。


夏の撮影だから、あそこまでドロドロになったんだろうと思いますが、演出であっても良いですね。
お互いの主張が交差する感じが、泥臭さとマッチしてます。

でも、赤と赤。そしてライバル関係を見るにつけ、平成ライダーのライダーバトルの元祖はこのタイムレッドとタイムファイヤーが築いたものじゃないかな?って思いましたね。


あと、稲田さんがナボコフに続いて出演されてましたね。
再生怪人や同種の怪人以外、まったく別の敵で2度出演って昨今じゃ珍しいですよね。


そして、リュウヤ隊長陰謀説がにわかに高まった回でもありましたね。
あそこまでにおわせる発言をしてたんですね。

どう考えても交わることのないような追加戦士を迎え、タイムレンジャーますます面白くなってきますね。

未来戦隊タイムレンジャー CaseFile 27「小さな故郷」CaseFile 28「再会の時」

27話はシオンメイン。
シオンメインは、本当切ない話が多いですね。
しかし、20世紀の地球…20世紀の日本がシオンの故郷だということを決定づける、そんな話でした。


しかし!!


何故ユウリの水着シーンが短い!(爆




さて、28話はいよいよ滝沢登場です。

でも、まだ28話では滝沢はゲスト扱いだったんですよね(東映HP参照)。
しかし、滝沢と竜也の関係も良いよな〜。
滝沢役の笠原さんのギラギラした感じが良いです。
でも、子どもからはどう映ったんだろう?


そして、シティ・ガーディアンズも登場です。
民間の防衛組織。それも政府公認。
タイムレンジャーの世界の日本政府は、出来る政府でしたね(笑。
スーパー戦隊にお任せではない・・・。


この年は、クウガも警察が優秀でしたし、東映はリアリティ路線を推進していたって感じかな?


それより今回はなんといっても


高岩さんお休み回(笑


もとい


面割れ激燃え回


でしたね。

面割れ、顔出しであれだけ演技する。しかもスーツに着せられてる感がない永井大氏はやはりスゴいですね。



しかし、タイムロボターはなんの梃入れ?
玩具?折笠ファン目当てということもないし(笑。


さて、時空パルスの異常発生・・・。
単なる追加戦士・追加ロボ、玩具の梃入れということではない流れになるので要注目です。


次回はいよいよ追加戦士。しかも、赤の戦士の登場です!

未来戦隊タイムレンジャー CaseFile25 「途切れた信頼」 CaseFile26 「信頼の秒読み(カウントダウン)」

最近ではそんな珍しくないですが、戦隊での2話構成…しかも中盤戦での連続物は結構珍しい構成ですが、この25~26話も、タイムレンジャーの中でも屈指の話だと思います。

竜也・ユウリ・アヤセの今までの伏線を融合した、見事な話でした。


アヤセの病気を心配して、スタンドプレーに走った竜也。
そこから生まれる不信感。

しかし、それを救ったのが竜也の母親。
母親から竜也の真実を聞かされ、思い直すユウリ。

竜也が空手を始めたきっかけの話は、「ねじれた正拳」での話につながるものでしたね。
「空手は人を生かすためもの。」竜也の言葉の理由がここで明かされました。
浅見の名前には、子ども時代から悩まされてきた。
でも、空手は己の体一つで勝負するもの。名前など関係ない。

空手は自分を生かしてくれた。


そして、ユウリが竜也の母親から話を聞いて、自分の「弱み」を話したシーン・・・。
「ギブアンドテイク」のつもりで話したユウリだが、こうした自分の弱みを話すこと、それは距離を縮めることになる。


人を理解するということは、人に委ねること。


そして、竜也がゲンブを圧縮冷凍した後、一足早く帰りみんなにハグする・・・。
いつも誰もいない家に帰っていたユウリに対しても。


これが後々の伏線にもなるんですよね。


戦隊は「絆」「団結」をテーマにするから、3~5人のチームヒーローなんですが、「絆」の描き方が一番濃いのはタイムレンジャーかもしれないと思ってます。
カップリングの強調がひときわ目立ちます。


さて、次週28話からいよいよあいつが登場です。

未来戦隊タイムレンジャー CaseFile22「ビートアップ」 CaseFile23「黄色、時々青」

22話は、内容的には竜也と4人の絆、再確認といった内容で新たな展開は見られ。。。いや、ありました。



新しいおもちゃの販促という展開w




威力上がったのに、エネルギーが拡散しないという大したエコ設計ww
本当、シオン1人で良いんじゃないかなw

今回はユウリの浴衣姿もあって、話の内容も丁寧なものだったので良かったです。

23話は・・・、


靖子さん、恋愛話に全力投球過ぎですw



いやいや、もともと大人向けな戦隊ではあるものの、がっつり恋愛ものじゃないですか。
それもドモンで・・・って。
30世紀の人間と20世紀の人間が恋愛してはならない・・・。それは歴史を変えることになる。
それに、いずれ変える時20世紀に残される者のことを思えば、あまり近づき過ぎてはならない。

ドモンの「本気」が、恋愛模様に拍車をかけます。

でも、この時のシオンのセリフが良かったな〜。


「会えたことの方を大事にしたいです」


先のことも大事だけど、今を生きることが大事。
今があるからこそ、明日がある。
だから、今を大事に生きる。


ちょっと考えさせられましたね。


そういえば、タイムレンジャーの年ってシドニーオリンピックの年なんですね。
12年前・・・、あっという間ですね。

未来戦隊タイムレンジャー CaseFile 21「シオンの流儀」 CaseFile 22「桃色の誘惑」

21話は、シオンが1人で頑張り、タイムレンジャーの中で一番頼りになるのはシオンだったで紡ぐまさに「シオンの流儀」な話でした。

シオンメインの話って、インパクトは弱いですけど、少年キャラらしい「諦めない」ことを教える良い話が多いんですよね。

自分にできることをやる。それも相手のペースに巻き込まれないで、自分がすべきことを果たす。
ジュブナイルものが得意でもある靖子さんらしい良作です。

今回のロンダース・ハイドリッドは佐藤正治さんでした。
もうお亡くなりになってるんですよね・・・。合掌。
※すみません。佐藤さんと郷里さんを間違えていました。佐藤さんはご健在です。謹んでお詫び申し上げます。



さて、タイムレンジャー最大の問題作(?)と言える桃色の誘惑w

いや??

改めて見ると、案外良かったぞ??
確かに、ユウリが外見を磨いて竜也以下の目を覚まさせたことや、あの諸田巨匠の「暴走」はアレでしたけど・・・(汗。

この話には逸話が残っていて、この脚本を手にした勝村さんがこれを書いた井上敏樹さんに

「こんなのユウリじゃない!!」

と、食って掛かったという話。

でも、こうしてみるとユウリの魅力。不器用ながらも頑張る様や、最後の優しさなんて敏樹さんらしさも感じさせつつ、ユウリの良さもちゃんと入ってた気がします。

まっ、勝村さんも若かったってことでしょうね。

しかし、文字が落ちてきたり、男3人の顔で遊ぶ演出は・・・ないわ諸田巨匠。
メイン監督がやっちゃダメだよ・・・。

まっ、今ではライダーのセカンドパイロットで、巨匠ぶりを発揮してますがw

未来戦隊タイムレンジャー Case File19「月下の騎士」 Case File20「新たな絆」

今回はタイムシャドウ登場編ということになりましたが、何気に・・・



大いなる伏線回



でもありましたね。


何の??



そう、ギエンの・・・。



ギエンの狂気は、明らかにロンダースファミリーの「それ」を逸脱しています。
ギエンの暴走=ギエンがラスボス化することを暗示していた19・20話だったのではないでしょうか。


また、タイムシャドウが何故投入されたのか。まるで、ギエンの行動を見透かした感じですよね。


まぁ・・・


リュウヤ隊長が「八手三郎」疑惑は、全然否定しませんが(爆



どう見ても、リュウヤ隊長の所業は八手三郎と似てるよねw



20話の新たな絆とは、タイムシャドウとタイムロボの合体を表したものであり、且つ


タイムレンジャーたちの新たな絆


でもありましたね。
ドモンがギエンの暴走により、歴史に影響が出ている=30世紀に戻れないのでは?という不安に襲われることを機に、新たな絆・・・というかほかの4人は「やることは1つ」と意に介していない様子でしたが(汗。



しかし・・・、


貴重な轟天が・・・w


ああいう民間の戦車・装甲車が登場するって戦隊では珍しいからすごく貴重なのに・・・あっさり敗退(涙
でも、竜也パパンはあきらめない!!父の威信にかけてw

さて、次回は久々シオンメイン回に、とうとう来ました問題作ww

未来戦隊タイムレンジャー CaseFile17 「ねじれた正拳」 CaseFile18 「影の予感」

17話は、非常にタイムリーというか「いじめ」をテーマにした話でした。

いじめられっ子・誠役は・・・、崎本大海!!
崎本君は、意外と特撮に縁のある子役だったんですね。ウルトラマンダイナにも出てましたし。


しかし、展開としては意外な展開でした。
まさか、先生が絡んでいたとはね。この先生が黒幕という展開は、タイムリーにも程があるというか(汗。


これ・・・、もし今の時代だったら放送自粛になってたな。
いじめられっ子からいじめっ子になった子を更生する展開ではあるけどね。


18話は、再びオリシス症候群なアヤセと竜也の関係について。
そして、次回への伏線回。

アヤセと竜也の関係は、良いですよね〜。
アヤセは擦れてるけど、ちゃんと竜也に感謝する所が良い。

さて、ラムダ2000を巡って、ロンダース、そして第3勢力までも参戦するという意外な流れ。

そして、みんな大好き!テコ入れでもありますw
百合子さんの事情を察して買おう!!
白鳥百合子VS桜塚やっくん「mashup!音王MUSIO maniaXXX」DVD発売決定!!!
クリックすると詳細・予約ページに飛びます


携帯用配信コンテンツ用
QRコード
(着ボイスや着モーション、着フラッシュがダウンロードできます)
QRコード

すべてのお問い合わせ
ご連絡は
仙台放送 Dプロジェクト局までお願いいたします
TEL022-267-1297
〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉
5-8-33
だから押してよ~!!メッセージ残してよ~~!!コメント、大幅に変えたから~(涙


Categories
よい子の皆さんへ
当ブログへのコメント・TBは承認制です!!

管理人が表示するのに適当と判断した場合のみ、掲載されます。
livedoor プロフィール

nationwise

お安くお求めになりたいならこちらで!
Recent Comments
Archives
俺は最初からクライマックスだぜ!
さぁ、お前の罪を数えろ!

ガッチャ!
オーズ×5カモ~ン!
宇宙キターー!!
クワガタ、チーター、ライオン!
サゴーゾ!
プレゼントにどうぞ。
絶望が、お前のゴールだ!
伝説の勇者ならぬ、奇跡の勇者たち
常にお奨め?

カウスター
  • ライブドアブログ