第13回神理の塔は、8月末から始まり今月の下旬までの期間でした。
そして、第14回神理の塔は、11月下旬から始まりました。

久しぶりに第13回神理の塔については、終了の2日前に登頂しました。
50階が難易度が高かったので半分諦めで挑戦していました。
とりあえず攻略方法がわからなかったのでYouTubeにて攻略動画を見て最初の倒す敵を倒した後がわからなかったのでそれがわかって何とかして50階を攻略する事ができました。

IMG_1646

そのまま頂上も攻略したいけど研究する時間が無くまたYouTubeにある攻略動画を見て参考にして攻略しました。

IMG_1648

単体攻撃が強かったのか控えが居なくなっています。
もうあんまり覚えていません。攻略中緊張しあまり余裕が無かったと思います。

第13回神理の塔については、周回系イベントが多かった事もあって中々塔に登る事ができなくて時間があって登って行ったら50階で足止めされて残り時間がギリギリまで放置していました。
この反省で第14回の神理の塔について速くクリアしようと考えていました。

ディスガイアコラボ終了後に第14回神理の塔を攻略を始まりました。
コラボイベントについては、後に記事にします。

自分が第14回の塔を登り初めた頃には、フレンド4人が登頂していました。

第14回については、第13回と同じ50階が難易度が高かったそして攻略方法がほとんど無いのでけっこう大変でした。
そして、その階の攻略に使ったユニットの使用ランキングがあるがほとんどが戦乙女で占められるそんな状態でした。
覚醒戦乙女が新しい攻略方法になった瞬間なのでしょう。
なので覚醒戦乙女持っていないので使っていたパーティーが負けたら有利属性の耐久パーティーを考えていましたが…何だかんだで49階まで登る事ができた闇神楽パーでした。
やっぱりシュライアが優秀なユニットなのでしょう。

今回の50階は、闇属性の敵が固定3,000ダメージがキツかった。攻略は、けっこう考えて出した結果として光御剣50で4単を使えるユニットを5体用意して問題の闇属性敵を倒しました。ただし、けっこう運頼みがあるので何度もやり直ししました。
パーティー後半は、闇属性を倒した後に対応するようにしていました。

IMG_1667

この画像は、50階クリアしてすぐに頂上に行った時のモノです。(50階のクリアパーティーです)
頂上は、えげつない敵の構成でした。
覚醒戦乙女3体構成は、前にもあったような…
ヴァルキリーキャッスルのアナザーストーリー最終ステージの構成と同じだったような?

この敵の構成見て雷属性の耐久パーを作ってまでは、良かったけど一体どの敵から倒していくのが良いか判断がつきませんでした。
何度か負けて分かったのが後列の覚醒ヴァルキリーの攻撃が1番ダメージでキツかったので1番最初に倒す事にしました。
YouTubeにまだ攻略動画が存在しなかったので頭を使って「勝てるパーティー」にした結果が以下の画像です

IMG_1674

バリア役のユニットが落ちた時は、かなり焦りましたが何とか1体落ちただけで登頂する事ができました。
とりあえず個人のミスを抑えるため2倍速にしています。あと、パーティーのリーダーはエルルーンでしたやっぱりあのリーダースキルは、便利です。(もちろんリーダースキルレベル6にしています)

最後に30日に記事を上げる予定です。

今回は、ここまでです。