湖水が知らぬは逢坂の関。


 水源に乏しい京都において、その水道水は疏水を通じて琵琶湖から引かれている。古来瀬田川(淀川)のみがその流出経路であった琵琶湖から京都市鴨川まで、明治時代に京都市の事業として若き工学博士の田邊朔郎の監督によって開削された疏水は正に現代京都市民にとっての最重要ライフラインと言える。ちなみに「京都の水道水が不味いのは琵琶湖の水質のせい」などとする向きもあるが、個人的には過去に住んでいた奈良や大阪、東京と比べてもそこまで味に難があるとは思えない。この文章を書く前に500mLほどガブ飲みした上での見解だ。あまりにも不味いと感じられる場合は蛇口の交換を検討した方がよいのではないだろうか。
 冗談はさておき、今回紹介するのはそんな琵琶湖疏水の最上流エリアに架かる昭和初期の橋だ。鹿関は「かせぎ」と読む。これは周辺の旧町名だ。

IMG_7529

 大津市は滋賀県庁所在地で34万人の人口を擁する中核市なのだが、その割に中心市街のインパクトがあまりない。「大津」という一つの大都市というより、大津駅~浜大津駅界隈を軸に堅田や膳所、石山に瀬田といった個々に中心性を持つ5万人クラスの中都市の連合であるように映る不思議な街だ。市役所も決して中心市街とは言えない皇子山付近に置かれており、同規模で似たような地位にある奈良市や和歌山市と比べてもちょっと特異な存在である。京都が近すぎるということも影響しているのか。
 どうでもいいが、実はこのブログで大津のネタを取り上げるのは小ネタを別にすれば2回目である。今まで唯一の大津関連のレポートはなんと8年前(2014年)、高校3年生当時に書いた逢坂山隧道(http://blog.livedoor.jp/asahikozato/archives/37741173.html)である。隣の京都にかなり長くいるにもかかわらず、まだ京都と何の関係もなかった時代にまで遡ることには我ながら恐れ入る。

IMG_7532
 擬宝珠を備えた古典的な欄干は近くに三井寺があるせいか。近世からある雰囲気だが、明治生まれの疏水に架かっている以上それはあり得ない話である。

IMG_7530
 かなり達筆で「鹿関橋」と刻まれた親柱。鹿は「廉」にしか見えないし、関の門構えはどこにいったという感じだ。初見で読めるわけがない。

IMG_7531
 川の名前は「疏水」。某ジブリアニメに川の主が自分の名前を思い出すシーンがあるが、疏水の主の名前は何なのだろう。田邊朔郎?

IMG_7533
 桜並木に見守られ、湖水は平安京を目指す。国道1号は京滋国境を逢坂峠で越え、JRと京阪電車もそれに倣うが、琵琶湖疏水は逢坂関が置かれた峠を越さない。「小関峠」という隣の峠の下を流れていく。

IMG_7534
 その小関峠の下を通るのが疏水第一トンネル。鹿関橋のそばには扁額についての案内板がある。今回は橋のレポートなのでスルーする。

IMG_7536
 「旧鹿関町」の案内。現在は大津市大門通というのがこの辺の地名である。

 旧鹿関町(かせぎちょう)
 その昔、三尾神社の祭神である伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が、この辺りに天より降臨した時、一匹の鹿がその先導を務めたところから、「鹿先来」の地名は起こりのち鹿関に改めたと伝えられます。


 字面からして逢坂関に由来する名前であると想像していたが、その由来は神話に取られているようだ。これは想定外。ただ、「関」の字はやっぱり関所から来ているのではないだろうか。

IMG_7535
 竣工は昭和3(1928)年10月。94年前だ。疏水の開通からはかなり後のこと。

IMG_7537
 親柱の刻印が全体的に達筆すぎる。揮毫は誰だろう。

IMG_7538
 ここは大津市だが、立入禁止表示には「京都市上下水道局」の署名が。疏水は全線が京都市の管轄なのだ。

IMG_7539
 橋の全景。舗装が白みがかっているのが気になる。

IMG_7540
 上から見ると石橋にしか見えないが、実際にはRC桁橋であるようだ。鉄筋コンクリートの橋梁は疏水発のもの(参照→http://blog.livedoor.jp/asahikozato/archives/51337510.html)だが、それよりはかなり後での建造だ。昭和3年だと「初期のRC造橋梁」とはとても呼べない。

IMG_7541
 橋台は石積みであるようだ。明治からの護岸に合わせたか。

IMG_7542
 橋の琵琶湖側(東側)には疏水の「第一閘門」がある。煉瓦造の厳めしいこれは渡船のために水量を調整するための装置だ。現代に渡船が復活するまでの間どのように運用されていたのかは調べていないが、舟が行き交う現代の琵琶湖疏水において重要な役割を果たしていることは言うまでもない。

IMG_7543
 水道施設である疏水は元来交通路としての役割も担っており、物資や旅客を盛んに運んでいた。が、それは鉄道などの発達に伴って昭和26(1951)年をもって廃止となった。その後復活のためのテストなどを経て、平成30(2018)年以降は春秋の観光シーズンを中心に再び舟運が就航している。近代遺産への関心の高まりも背景にあるのだろう。いつか乗ってみたい。

IMG_7544
 琵琶湖から第一トンネルに入る直前に位置するのがこの鹿関橋で、ここからトンネルまでの間は桜並木が続く。訪れる季節が悪かったので枯れ木が並ぶだけの風景なのが惜しいが、桜の季節に川面を通ったならばとても素敵な景色が拝めることだろう。