2017年02月17日

思わず使いたくなるリアル英会話表現を学べ!(10)


編集部の今日の一言
<Uzbek farmers offered lemon trees and chickens>


このシリーズでは、
日常会話やSNSではとてもよく使う表現なのに、教科書には載っていない“リアル英会話表現”を4つのカテゴリーにわけてたっぷりとご紹介します。海外のドラマや映画、Twitter や Facebook など、どこかできっと出合う表現ですよ!

● 日常生活の表現 ●
Just saying.(Just sayin'.)
ただ言ってみただけ

◆解説◆
この表現は、I'm just saying (that it is so). が短縮された形で、主に自分の気持ちを相手に伝えるときに、「(あくまでも決定権はあなたにあるから、別に気にしなくてもいいのだけど)ただ言ってみた」というニュアンスで使われます。ただし、毎年アメリカのマリスト大学が発表している Most annoying word or phrase used in casual conversation(日常会話で最もいらつく英単語・フレーズ)では常に上位にランクインされる言葉なので、多用するのは避けた方がいいでしょう。ちなみに、You're just saying that. は「からかっているんでしょ、口先だけでしょ、お世辞でしょ」という意味です。反対に I'm not just saying that. は「お世辞で言ってるんじゃないよ」という意味になります。

◆例文◆
A: Your ex's new boyfriend reminds me of Brad Pitt.
B: Whatever.
A: Just sayin'.
A: あんたの元カノの新しい彼氏ってブラッド・ピットに似てるね。
B: どうでもいいよ。
A: ただ言ってみただけよ。



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!

ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。

2017年02月15日

思わず使いたくなるリアル英会話表現を学べ!(9)


編集部の今日の一言
<Wikipedia bans the Daily Mail as a source for being 'unreliable'>


このシリーズでは、
日常会話やSNSではとてもよく使う表現なのに、教科書には載っていない“リアル英会話表現”を4つのカテゴリーにわけてたっぷりとご紹介します。海外のドラマや映画、Twitter や Facebook など、どこかできっと出合う表現ですよ!

● 日常生活の表現 ●
two cents
自分の意見、差し出がましい意見

◆解説◆
two cents(2セント=およそ2円)には「つまらない、差し出がましい意見」という意味があります。自分の意見を言ったあとに、「たった2円くらいの価値しかありませんが」というニュアンスで、謙遜して使う表現です。one's two cents' worth という形でもよく用いられます。one's には your や her など、my 以外の代名詞の所有格も使えます。SNSでは同じ意味で、IMHO (in my humble opinion)という省略語がよく使われます。

◆例文◆
A: Do you think he's the right person for the project?
B: I think Mr. Brown is better qualified than him. That's just my two cents.
A: そのプロジェクトに彼が適任だと思いますか?
B: 彼よりもブラウン氏の方がより適任だと思います。私の個人的な意見にすぎませんが。



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!

ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。




2017年02月13日

思わず使いたくなるリアル英会話表現を学べ!(8)


編集部の今日の一言
<Archaeologists Discover First New Dead Sea Scrolls Cave in 60 Years>


このシリーズでは、
日常会話やSNSではとてもよく使う表現なのに、教科書には載っていない“リアル英会話表現”を4つのカテゴリーにわけてたっぷりとご紹介します。海外のドラマや映画、Twitter や Facebook など、どこかできっと出合う表現ですよ!

● 日常生活の表現 ●
killin' it
超最高、マジやばい、超ノリノリ、〈物事〉が最高によくできている、(何かを)席巻している

◆解説◆
killing it が短縮された形で、物事が最高にうまくいったときや、物事が最高な状態を表すときに使うリアル英会話表現です。

◆例文◆
A: I hear you went to the ballpark. How'd it go?
B: We won! The Giants were killin' it tonight.
A: 野球見に行ったんだってね。どうだった?
B: ジャイアンツ勝ったよ! 今夜は超イイ感じだったよ。



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!

ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。

ようこそ

CNN english express
(略称 ee)

ようこそ、ee の音声ブログへ!

CNN english express(略称 ee)の編集部が、毎週月・水・金曜日に、役立つ英語表現を音声付きで紹介します。

ここで取り上げる英語表現は『CNN english express』のバックナンバーを基に作成しています。
そのほかの曜日でも、ときどきは特別記事をアップする予定ですので、毎日ちょこっとアクセスしてみてくださいね!

――――――――――
音声がうまく再生されない場合は
コチラ
――――――――――
※容量の都合上、古い記事の音声は再生できない場合があります。ご了承ください。


====メールマガジン====

english express発の
英語学習メールマガジン。
役立つこと間違いなし!

詳細・登録はコチラから

Categories
Recent Comments


var getBrowser = function(){ var ua = window.navigator.userAgent.toLowerCase(); if (/chrome/.test(ua) && ! / opr/.test(ua)) { //chrome用処理 } else { //その他用処理 } }