日米そっくり!慣用表現

2006年08月04日

日米そっくり!慣用表現・総集編(3)

これまでに紹介した、日本語と英語でそっくり!な慣用表現のおさらいです。

大口(をたたくこと)
A: Henry said he's going to start his own company.
B: That's just <  ><  >.
A: I don't know about that. He has some good ideas.

半信半疑
A: It's supposed to rain this afternoon.
B: I <  ><  >-<  > the weatherman. He's been wrong three days in a row.

時間の問題
A: Are they going to raise the consumption tax?
B: I'm sure they will. It's only a <  > of <  >.
A: How much do you think it'll go up?

(〜に)水を差す
A: Everyone, listen to me.
B: What is it?
A: I don't want to <  ><  ><  > on the party, but there's been a serious accident.

一期一会
A: Do you think I should ask her out? I've never talked with her before.
B: Well, it might be a <  >-in-a-<  ><  >.
A: I know.


↑会話例の音声はこちら!




<解答>
---------------------------------
大口(をたたくこと) big talk
small talk といえば「雑談、世間話」という意味になります。
---------------------------------
半信半疑 only half-believe
これは「半分だけ信じる」と表現ですが、「半分疑っている」be half in doubt という言い方もあります。
---------------------------------
時間の問題 a matter of time
時間の問題の「問題」は problem ではなく matter を用いることに注意。
---------------------------------
(〜に)水を差す throw cold water(on)
「水に濡らしたタオル」a wet blanket で表現して、throw a wet blanket(on) とも言えます。
---------------------------------
一期一会 a once-in-a-lifetime encounter
once-in-a-lifetime は「一生に一度の」という意味で、once-in-a-lifetime chance なら、「一生に一度のチャンス」の意味。


asahipress at 10:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年08月02日

日米そっくり!慣用表現・総集編(2)

総集編として、これまでに紹介した、日本語と英語でそっくり!な慣用表現のおさらいです。

一目ぼれ
A: Sarah and I are getting married.
B: Already?! You only met a week ago.
A: I know. It was <  > at <  ><  >.

一言多い
A: You were late again and...
B: I said I'm sorry.
A: ...and you're a big liar!
B: That's <  ><  > too <  >. I'm leaving.

爆弾発言
A: Right during dinner, Jane made a <  ><  >.
B: What did she say?
A: She said she's pregnant.

金がものを言う
A: We don't have reservations. We'll never get a table at that restaurant.
B: Don't worry. <  ><  >.

相思相愛
A: All Ellen talks about anymore is Bob.
B: And Bob calls her about five times a day.
A: Sounds like <  ><  > to me.


↑会話例の音声はこちら!




<解答>
---------------------------------
一目ぼれ love at first sight
at first sight は「ひと目で、直ちに」と言う意味です。
---------------------------------
一言多い one word too many
one...too many で「ひとつだけ…が多い、余分な」という意味。
---------------------------------
爆弾発言 a bombshell announcement
a bombshell statement でもよい。drop a bombshell「爆弾発言をする」という表現もよく使います。
---------------------------------
金がものを言う money talks
日本語でも英語でも、お金を擬人化した表現になっています。
---------------------------------
相思相愛 mutual love
mutualは「相互の」と言う意味。これを使った、mutual dependence 「相互依存」という表現も以前に紹介しました。


asahipress at 10:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年07月31日

日米そっくり!慣用表現・総集編(1)

今週は、総集編として、これまでに紹介した、日本語と英語でそっくり!な慣用表現のおさらいです。

本の虫
A: Could you help me with this history problem?
B: Hmm. I don't know anything about this.
A: Maybe I'll ask George. He's a <  >.

死活問題
A: I need to talk to my husband.
B: He's in a meeting right now.
A: It's a <  > of <  > and <  >.

大ファン
A: Are you going to the Sting concert?
B: Of course. I'm a <  ><  > of his.

受験地獄
A: Can't Kenji come today?
B: No, he's going through <  ><  > this month.
A: Oh, the poor guy.

目が飛び出るほどの
A: Wow! Everything's so expensive!
B: Yeah, the things in this store sell for <  >-<  > prices.


↑会話例の音声はこちら!



<解答>
---------------------------------
本の虫 a bookworm
何かが大好きで熱中している人のことを「虫」にたとえるのは日英共通です。
---------------------------------
死活問題 a matter of life and death
a matter of life or death の形も使われます。
---------------------------------
大ファン a big fan
「大ファンなんです!」と好きなスポーツ選手や歌手に話しかけたいときは“I'm a big fan of yours!”と言ってみよう。
---------------------------------
受験地獄 examination hell
同じように、「借金地獄」は debt hell と言えます。
---------------------------------
目が飛び出るほどの eye-popping
日本語の「目が飛び出る」は値段が高いときにしか使われませんが、英語の eye-popping は値段が安い場合にも使えます。


asahipress at 10:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年07月28日

日米そっくり!慣用表現(24)

特別編として、日米でそっくりではない、直訳してはいけない慣用表現を取り上げています!

舌を巻く---× roll one's tongue ○ be amazed/be impressed
英語の roll one's tongue には文字どおり「舌を実際に巻く」の意味しかない。日本語の「舌を巻く」は、「驚く、驚嘆する」ということなので、英語では be amazed や be impressed で表す。

A: I was pretty impressed by his intelligence.
 彼の知性にはまったく舌を巻いたよ。
B: After all, he graduated from Harvard.
 何と言ったって、彼はハーバード出身だもの。

絵に描いたモチ---× a drawing of a rice cake ○ pie in the sky
「モチ」自体が英語では一般的ではないので、直訳しても意味は通じない。しかし、同じような発想の pie in the sky とすれば通じる。like wax fruit も似たような意味の表現である。この wax fruit とは「ろう細工の果物」。つまり、食べられないということ。

A: All those measures to help the economy turned out to be pie in the sky.
 経済再生の方策は、結局すべて絵に描いたモチだったね。
B: Yeah, it looks like the economic recession will never end.
 ええ、ずっと不況が続くようね。


↑会話例の音声はこちら!


asahipress at 10:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年07月26日

日米そっくり!慣用表現(23)

特別編として、日米でそっくりではない、直訳してはいけない慣用表現を取り上げています!

犬猿の仲である---× fight like dogs and monkeys ○ fight like cats and dogs
仲の悪い組み合わせの代表例として、英語では「犬と猿」ではなく、このように「犬と猫」が思い起こされる。「〜とは犬猿の仲である」は be on cat-and-dog terms with となる。

A: Tom and Josie are such good friends.
 トムとジョージーはとても仲がいいよね。
B: Yes, they are now. But they used to fight like cats and dogs.
 ええ、今はそうね。でも前は犬猿の仲だったのよ。
A: Really? I didn't know that.
 本当に? 知らなかったな。


足を引っ張る---× pull someone's leg ○ get in someone's way
pull someone's leg は「からかう」という意味のイディオムだ。「じゃまする」という意味の get in someone's way や obstruct が最も近い意味を表している。

A: Whatever you do, just don't get in my way.
 何をしてもいいけど、足を引っ張るのだけはやめて。
B: OK, OK. I won't.
 はいはい、しないってば。


↑会話例の音声はこちら!


asahipress at 10:39|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
ようこそ

CNN english express
(略称 ee)

ようこそ、ee の音声ブログへ!

CNN english express(略称 ee)の編集部が、毎週月・水・金曜日に、役立つ英語表現を音声付きで紹介します。

ここで取り上げる英語表現は『CNN english express』のバックナンバーを基に作成しています。
そのほかの曜日でも、ときどきは特別記事をアップする予定ですので、毎日ちょこっとアクセスしてみてくださいね!

――――――――――
音声がうまく再生されない場合は
コチラ
――――――――――
※容量の都合上、古い記事の音声は再生できない場合があります。ご了承ください。


====メールマガジン====

english express発の
英語学習メールマガジン。
役立つこと間違いなし!

詳細・登録はコチラから

Categories
Recent Comments


var getBrowser = function(){ var ua = window.navigator.userAgent.toLowerCase(); if (/chrome/.test(ua) && ! / opr/.test(ua)) { //chrome用処理 } else { //その他用処理 } }