シアトル大おすすめ!スラング

2006年10月27日

シアトル大おすすめ!スラング 総集編2

編集部の今日の一言 <次回からは!>



ついに2ヵ月以上にわたって紹介した「シアトル大おすすめ!スラング」シリーズもおしまいです。今回は、最後にしっかりこれまでの復習をしましょう! 問題は全部で5問。スラングではそれぞれどんな意味だったか、確認していきましょう。

つらい目、厳しいとき
A: Did you enjoy the course?
B: No, I had a (  )(  ). I spent most of the time in the sand trap.

ひどくまずい
A: Do you like green tea ice-cream?
B: No, it's (  ).

パニックになる、うろたえる
A: Can I leave my pet snake at your house?
B: No, my mom would (  )(  ).

〜を感動させる
A: I got tickets to the Rolling Stones concert. Here you go.
B: Wow! You (  )!

過去のものだ、過去の話だ
A: John used to go out with Jane, didn't he?
B: Yes, but that's (  ).



↑会話例の音声はこちら!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、編集部の内藤と堀田の音声で解説なども行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。


----------------------------------
rough time つらい目、厳しいとき
have a rough time で「ひどい目に遭う、つらい経験をする」という意味になる。hard time に近いニュアンスだ。
----------------------------------
yucky ひどくまずい
「不快な、不潔な」というニュアンスもあるが、食べ物に対して使われることも多い。名詞形の yuck は、Yuck!(嫌だ)のように間投詞的にも用いられることがある。
----------------------------------
freak out パニックになる、うろたえる
もともとは「(麻薬で幻覚を起こして)精神錯乱状態になる」ということ。
----------------------------------
rock 〜を感動させる
「〜を揺り動かす」から「気持ちを動かす」に転じたもの。You rock!「すごい!」という形で用いられることが多い。
----------------------------------
be history 過去のものだ、過去の話だ
過去のもの、つまり「今は違う」ということを言いたい場合に用いられる表現。





asahipress at 10:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年10月25日

シアトル大おすすめ!スラング 総集編1

編集部の今日の一言 <終わりに近づき・・>
「5秒で終わる・英単語テスト」つき!



今回から2回に分けて、「シアトル大おすすめ!スラング」で紹介した表現をおさらいします。問題は全部で5問。スラングではそれぞれどんな意味だったか、確認していきましょう!

無料提供品、おまけ
A: Did you buy this CD?
B: No, it was a (  ).

一夜漬けの勉強をする
A: Have you studied for tomorrow's exam yet?
B: No, I'll (  ) tonight.

すごい、素晴らしい
A: Do you like your birthday present?
B: It's (  )!

うんざりする
A: How about getting a pizza?
B: No I'm (  ) of pizza. I've had it for three days in a row.

気が狂った
A: I paid 25,000 yen for this T-shirt.
B: You're (  )! It's not worth 500 yen.


↑会話例の音声はこちら!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、編集部の内藤と堀田の音声で解説なども行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。


----------------------------------
freebie 無料提供品、おまけ
“-bie”は形容詞の後ろに付けて、「…なもの」という意味に。
----------------------------------
cram 一夜漬けの勉強をする
cram は「〜を詰め込む」という意味で、ここから「知識を詰め込む」というニュアンスで使われる。
----------------------------------
awesome すごい、素晴らしい
awesome の反意語は awful(ひどい)。
----------------------------------
be sick of うんざりする
強調のため I'm sick and tired of という表現を使うこともある。
----------------------------------
nuts 気が狂った
crazy とほぼ同じ意味を表すことば。ちなみに、be nuts about は「〜に夢中である」という意味になる。






asahipress at 10:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年10月23日

シアトル大おすすめ!スラング(31)

編集部の今日の一言 <ちょこっと報告>



be up for grabs---簡単に手に入る

「捕まえてくれと言わんばかりの」というニュアンスになる。複数形の grabs になることに注意。下の例文では「部長のポスト」が「つかめる(grab)」の意味で使われている。

A: Is Bill really quitting?
 ビルは本当に辞めるの?
B: Yes, so the manager's job is up for grabs.
 うん。だから、部長に昇進するチャンスなんだ。


big deal---(相手の発言を皮肉っぽくあしらって)そりゃすごい

本来は「たいしたこと、重要なこと」という意味なのだが、人に対して Big deal. と言う場合、皮肉っぽい意味合いで、「それがどうした」(So what?)という気持ちを表すことが多い。

A: I got promoted to manager.
 部長に昇進したよ。
B: Big deal. There're only two people in your company.
 それがどうしたの? あなたの会社、2人しか社員がいないじゃないの。


↑会話例の音声はこちら!



ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、編集部の内藤と堀田の音声で解説なども行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。






asahipress at 10:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年10月20日

シアトル大おすすめ!スラング(30)

編集部の今日の一言 <風情があって>
「5秒で終わる・英単語テスト」つき!



off the top of one's head---そらんじて

即興で答えたり、記憶していることをその場ですぐ言う場合に用いる表現だ

A: How much will it cost to build?
 建設にはいくらかかりますか?
B: I can't tell you off the top of my head.
 すぐにはわかりません。


a piece of cake---簡単にできること

日本語の「朝飯前」に近いニュアンス。No sweat. も「汗も出ないほど簡単なこと」という意味の表現。

A: Can you do the Rubik's cube?
 ルービックキューブ、できる?
B: It's a piece of cake! I can do it in five minutes.
 朝飯前よ! 5分で完成できるわ。


↑会話例の音声はこちら!



ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、編集部の内藤と堀田の音声で解説なども行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。


asahipress at 11:18|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年10月18日

シアトル大おすすめ!スラング(29)

編集部の今日の一言 <手入れが大変>
「5秒で終わる・英単語テスト」つき!



be history---過去のものだ、過去の話だ

過去のもの、つまり「今は違う」ということを言いたい場合に用いられる表現だ。

A: John used to go out with Jane, didn't he?
 ジョンはジェーンと付き合ってたよね?
B: Yes, but that's history.
 ええ、でもそれは過去の話よ。


break---チャンス、好機

lucky break(幸運)という言い方も用いられる。bad break なら「不運」という意味になる。

A: I have an audition for a Hollywood movie.
 ハリウッド映画のオーディションを受けるの。
B: This could be your big break. Good luck!
 すごいチャンスかも。頑張って!


↑会話例の音声はこちら!



ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、編集部の内藤と堀田の音声で解説なども行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。


asahipress at 11:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
ようこそ

CNN english express
(略称 ee)

ようこそ、ee の音声ブログへ!

CNN english express(略称 ee)の編集部が、毎週月・水・金曜日に、役立つ英語表現を音声付きで紹介します。

ここで取り上げる英語表現は『CNN english express』のバックナンバーを基に作成しています。
そのほかの曜日でも、ときどきは特別記事をアップする予定ですので、毎日ちょこっとアクセスしてみてくださいね!

――――――――――
音声がうまく再生されない場合は
コチラ
――――――――――
※容量の都合上、古い記事の音声は再生できない場合があります。ご了承ください。


====メールマガジン====

english express発の
英語学習メールマガジン。
役立つこと間違いなし!

詳細・登録はコチラから

Categories
Recent Comments


var getBrowser = function(){ var ua = window.navigator.userAgent.toLowerCase(); if (/chrome/.test(ua) && ! / opr/.test(ua)) { //chrome用処理 } else { //その他用処理 } }