聴いて覚える!会話によくでる口語・俗語

2010年05月28日

聴いて覚える!会話によくでる口語・俗語(45)

編集部の今日の一言
<映画の中の"会話によくでる口語・俗語">



このシリーズでは、ノンネイティブには難しい、だけど会話に欠かせない口語・俗語表現をご紹介。リアルな会話例を聴いて、実用的な表現を身につけましょう!

<総集編3>

3.「ヨーシ!」の表現
前向き・安どのシーンでよく使われる口語・俗語


be there for / 〜の味方だ
I've got to be there for him.
僕が彼の味方になってやらなきゃ。


have a gift / 天賦の才がある
You know, Terry, you have such a great gift.
ねえ、テリー、あなたには本当に素晴らしい才能があるわ。


4.「チクチク、コソコソ」の表現
皮肉・企みのシーンでよく使われる口語・俗語


cough up / (金などを)しぶしぶ出す
Cough it up!
返しなさい!


bring A to A's knees / Aを服従させる
She's got him on his knees.
彼女は彼に対して有利な立場になっちゃっているからね。


the powers that be / お偉方
The powers that be care more about big names
and money than real talent.
お偉方は本当に才能のある役者より、大物俳優とお金に関心があるからね。


a needle in a haystack / 見つかりっこないもの
It's gonna be like trying to find a needle in a
haystack
.
探してもとてもじゃないけど見つかりそうにないですね。


How do you sleep at night? / よくおちおち眠ってられるね
How does that man sleep at night?!
そいつはよくおちおち眠ってられるね!?


pull strings / コネを使う
How about asking your uncle to pull a few strings for you?
おじさんにちょっとコネを使ってくれるように頼んだら?


cook the books / 帳簿仕事を片付ける、帳簿をごまかす
It's the end of the fiscal year, so I'll be cooking the
books
all weekend.
会計年度末だから、週末はずっと帳簿仕事なんだ。


get caught with one's hand in the cookie jar / 不正の現場を押さえられる
Miller got caught with both hands in the cookie jar.
ミラーはどうにも動かしがたい証拠を押さえられたんだよ。


rope A into B / AをBに誘い込む
I think I can rope my mother into baking lots of stuff
for us.
母を誘い込んだら、たくさんお菓子を焼いてもらえると思うわ。


5.「プンプン!」の表現
対立・怒りのシーンでよく使われる口語・俗語


be at each other's throats / 互いにいがみ合っている
They'd be at each other's throats all the time.
ふたりの間でいがみ合いが絶えないでしょう。


have a go at / 〜に文句を言う
He's been having a go at him because his
department lost so much money last quarter.
彼の部署、この前の四半期にものすごい損失を出したから、ダンフォースさんに説教されてるのさ。


wouldn't be seen dead / 死んでもゴメンだ
I wouldn't be caught dead wearing anything that
short.
私だったらあんなミニは絶対にゴメンだわ。



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。

asahipress at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年05月26日

聴いて覚える!会話によくでる口語・俗語(44)

編集部の今日の一言
<Esperanto>



このシリーズでは、ノンネイティブには難しい、だけど会話に欠かせない口語・俗語表現をご紹介。リアルな会話例を聴いて、実用的な表現を身につけましょう!

<総集編2>

2.「ガックリ!」の表現
弱気・悲しみのシーンでよく使われる口語・俗語


stand between A and B / (障害などが)AとBの間を阻む
She thought that too much stood between us.
彼女は、僕たちの間には障害が多すぎるって思っていたんだ。


one's number is up / 死期が迫っている
His number was up, that's all.
寿命だったんだ、それだけさ。


go under / 倒産する
The company is about to go under.
会社がつぶれそうなの。


on thin ice / 厳しい状況で
No way! You're still on thin ice with him after losing
two major clients in one month.
無理よ! 1カ月に得意先を2件も失って、まだ彼に許してもらってないでしょ。


pack it in / おしまいにする
I'm packing it in.
もうおしまいにするわ。


queer one's deal / おじゃんにする
You don't want to queer your deal, do you?
すべてを台無しにしたくないだろう?


3.「ヨーシ!」の表現
前向き・安どのシーンでよく使われる口語・俗語


play one's cards right / うまく段取る
Play your cards right, and you'll have both the
promotion and the pay raise you think you deserve.
うまく立ち回りなさいよ、そうすれば、自分に見合っていると思える昇進と昇給の両方が手に入るのよ。


from scratch / ゼロから
But I'll have to build up a new overseas branch
office from scratch.
だけど、ゼロから新しい海外支店を開かなきゃならないんだよ。


foot the bill / 勘定を支払う
'Cause I heard that Marti's daddy is footing the bill
for the last time.
マーティのパパがスポンサーになってくれるのは、これが最後だって話だからな。


have one's money on / 〜の成功を確信する
Who've you got your money on?
君はどっちに分があると思う?


have the red carpet out for / 〜を手厚くもてなす
He really had the red carpet out for me when I
visited him a couple of years ago.
数年前に僕がおじさんを訪ねて行ったとき、すごくもてなしてくれたから、お返しをしたいんだ。


that's a load off / ホッとした
Wow, what a load off!
おー、そりゃよかった!


off the hook / 窮地を脱して
Meg, you've got to get me off the hook here!
メグ、ここは君に助けてもらうしかないんだ!


take off / 成功する
Jerry, do you think my career is ever gonna take off, or am I wasting my time?
ジェリー、私のキャリアはいつか花開くと思う? それとも私は時間を無駄にしているのかしら?



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。

asahipress at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年05月24日

聴いて覚える!会話によくでる口語・俗語(43)

編集部の今日の一言
<Brooklyn Bridge>



このシリーズでは、ノンネイティブには難しい、だけど会話に欠かせない口語・俗語表現をご紹介。リアルな会話例を聴いて、実用的な表現を身につけましょう!

<総集編1>

1.「ハキハキ!」の表現
主張・交渉のシーンでよく使われる口語・俗語


have bigger fish to fry / もっと大事なことがある
Don't tell Rick and Marisa, but I had other fish to fry.
リックとマリサには言わないほしいんだけど、ほかに大事な用事があったんだ。


shelf life / 雇用価値のある期間
Yeah, but as a nobody, you've got a shelf life of at
least 40 years.
そうだけど、「下っぱ」としてなら、少なくとも40年は仕事を続けられるわ。


pull one's weight / 自分の役目をきちんと果たす
Most of them hadn't been pulling their weight for
several seasons.
彼らの大半が数シーズンも自分の役目を果たしてなかったからね。


be worth one's salt / 有能である
But she's just not worth her salt.
でも、彼女は全然使い物になりません。


have the stomach to do/for / 〜をあえて好む
I just don't know how you have the stomach for
those bloody horror movies.
あんな血まみれのホラー映画が好きだなんて、あなたの気がしれないわ。


get down to business / 本題に入る
He got right down to business at 9 o'clock.
彼は9時になったらすぐ本題に入ったよ。


thumbs up / thumbs down / よし/だめだ
A firm thumbs down!
はっきりと、「反対」の声をあげたよ!


shoot from the hip / ズバズバものを言う
Come on, shoot from the hip!
さあ、思ったとおりに言って!


rack one's brain / 頭を絞る
I've been racking my brain all day, Linda.
1日じゅう頭を絞って、考えてみたんだけどね、リンダ。


Enough of...! / …はもうたくさん!
Enough of this homework!!!
こんな宿題、もうたくさんだ!!!


2.「ガックリ!」の表現
弱気・悲しみのシーンでよく使われる口語・俗語


draw the short straw / 運が悪い
Talk about drawing the short straw!
貧乏くじを引くとはよく言ったものよね!


get/be held up / 遅れる
Well, I got held up and missed my flight.
その、遅れて、飛行機に乗りそこなっちゃった。


be toast / おしまいだ
Listen, she'll be toast after next week's public
debates, I guarantee you.
いいかい、来週の公開討論会がすめば、彼女の負けさ。保証するよ。


turn over in one's grace / 草葉の陰で泣く
Your grandfather would turn over in his grave if he
could see that!
そんなもの、亡くなったおじいちゃんが見たら、あの世で嘆くぞ!



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。

asahipress at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年05月21日

聴いて覚える!会話によくでる口語・俗語(42)

編集部の今日の一言
<be out of line / rub it in>
be out of line → 失礼だ
rub it in → (小言などを)しつこく言う



このシリーズでは、ノンネイティブには難しい、だけど会話に欠かせない口語・俗語表現をご紹介。リアルな会話例を聴いて、実用的な表現を身につけましょう!

wouldn't be seen dead
→死んでもゴメンだ


■会話例■
A: What do you think of Susan's new dress?
スーザンの新しいドレス、どう思う?

B: Well, it looks good on her, I suppose, but I
wouldn't be caught dead wearing anything
that short.

そうね、彼女には似合ってると思うけど、 私だったらあんなミニは絶対にゴメンだわ。

■解説■
wouldn't be seen dead は、あとに動詞の -ing 形を伴って、「〜するなんて死んでも嫌だ」という意味に使われます。あとに within を伴って、「〜とは死んでもかかわりたくない」という意味で用いることもできます。また、seen の代わりに caughtfound を用いることもできます。



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。

asahipress at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年05月19日

聴いて覚える!会話によくでる口語・俗語(41)

編集部の今日の一言
<Shavuot>



このシリーズでは、ノンネイティブには難しい、だけど会話に欠かせない口語・俗語表現をご紹介。リアルな会話例を聴いて、実用的な表現を身につけましょう!

have a go at
→〜に文句を言う


■会話例■
A: What's going on in Mr. Danforth's office?
Who's he shouting at?

ダンフォースさんのオフィスで何が起こってるの? 彼は誰に怒鳴っているの?

B: Oh, he's got Baxter in there, and he's been
having a go at him because his department
lost so much money last quarter.

ああ、バクスターがいるんだよ。 彼の部署、この前の四半期にものすごい損失を出したから、ダンフォースさんに説教されてるのさ。

■解説■
go には名詞としてもさまざまな意味がありますが、 おもにイギリス英語では have a go at の形で「人」を目的語に取ると、「〜を非難する、〜に文句を言う」という意味になります。また、「事」を目的語に取ると、「事をしようと試みる」という意味になります。



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。

asahipress at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
ようこそ

CNN english express
(略称 ee)

ようこそ、ee の音声ブログへ!

CNN english express(略称 ee)の編集部が、毎週月・水・金曜日に、役立つ英語表現を音声付きで紹介します。

ここで取り上げる英語表現は『CNN english express』のバックナンバーを基に作成しています。
そのほかの曜日でも、ときどきは特別記事をアップする予定ですので、毎日ちょこっとアクセスしてみてくださいね!

――――――――――
音声がうまく再生されない場合は
コチラ
――――――――――
※容量の都合上、古い記事の音声は再生できない場合があります。ご了承ください。


====メールマガジン====

english express発の
英語学習メールマガジン。
役立つこと間違いなし!

詳細・登録はコチラから

Categories
Recent Comments


var getBrowser = function(){ var ua = window.navigator.userAgent.toLowerCase(); if (/chrome/.test(ua) && ! / opr/.test(ua)) { //chrome用処理 } else { //その他用処理 } }