ビジネスでよく使う スポーツ由来の慣用句

2012年06月29日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(42)

編集部の今日の一言
<Vampire graves>


このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●総集編4●

競馬に関する慣用句

get someone's goat
いらいらさせる、立腹させる
That Post reporter really got my goat.
あの『ポスト』の記者にむかついたのよ。

neck and neck
互角に、接戦で
Our top model and theirs are competing neck
and neck.

わが社の最上級機種と彼らのが接戦を演じています。

in the homestretch
仕上げ段階で、最後の追い込みで
We're already in the homestretch.
もう仕上げの段階に入っていますよ。

win hands down
楽勝する
Mark, your sales team won hands down!
マーク、あなたの営業チームの楽勝だったわね!

by a nose
少しの差で
Thank you, but I'd say I won by a nose.
ありがとう。でも、かろうじてって感じなの。

そのほかのスポーツに関する慣用句

the ball is in someone's court
決定権(義務など)は〜にある
Yes, the ball's in management's court now.
そうだな。今度は経営陣が結論を出す番だ。

clear the hurdle
障害を取り除く、関門を突破する
Yes, but we've already cleared that hurdle.
ええ、でも、その件は片づいたんですよ。

have the inside track
有利な立場にある
They have the inside track.
あそこは有利な立場にあるんですよ。

get one's feet wet
手始めにやってみる、新しいことを始める
No, just till you get your feet wet.
いいえ、手始めにってことよ。



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。
 


asahipress at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年06月27日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(41)

編集部の今日の一言
<America's historic places>


このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●総集編3●

アメリカンフットボールに関する慣用句

pep talk
しった激励、訓話
I'll give them a pep talk before I introduce you.
あなたを紹介する前に、私が訓話をしましょう。

pass the ball
連絡する、引き継ぐ
She passes the ball at the right time.
いいタイミングで仕事を引き継がせてくださいます。

fumble[drop] the ball
失敗する
Pat, you fumbled the ball speaking at the trade fair.
パット、トレードフェアのスピーチで失敗しちゃったわね。

stall for time
時間稼ぎをする
Offer them coffee and stall for time.
お客様にコーヒーをお出しして、時間稼ぎをしてて。

give it the old college try
最大限の努力をする
I'll encourage thme to give it the old college try.
最大限の努力をするようにしりをたたきますよ。

ゴルフに関する慣用句

tee something up
準備する、約束を取り決める
Will you tee the meeting up with the president of TVC?
TVC社の社長との会議をセットしてくれないか。

par for the course
当然のこと、当たり前
It's par for the course. All new employees do
this.

よくあることです。新人社員は誰でもやることですから。

above par
標準以上で、額面以上で、元気で
The woman we interviewed today was clearly above par.
今日面接した女性は、明らかに標準以上でしたね。

one up on
〜より一段上である、役者が違う
I think Matt is one up on everyone else.
マットはみんなよりワンランク上だと思うのよね。

get a hole in one
大成功する、離れ業をやってのける
Great going, Dan! You got a hole in one!
やったわね、ダン! 大成功じゃない!



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。
 


asahipress at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年06月25日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(40)

編集部の今日の一言
<Blue lobster>


このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●総集編2●

ボクシングに関する慣用句

beat someone to the punch
先手を打つ、機先を制する
While I was looking into another building,
someone beat me to the punch.

私がほかのビルを見ている間に、誰かに先を越されてしまって。

pull one's punches
手心を加える
The union leader didn't pull his punches, did
he?

労組の委員長は手加減しなかったんだって?

hit someone below the belt
卑怯なことをする、汚い手を使う
The management may hit us below the belt.
経営者側は卑怯な手を使ってくるかもしれないわ。

take it on the chin
大打撃を受ける
The president took it on the chin at the
shareholders meeting.

株主総会で、社長はさんざんにやられてましたね。

have[get] someone on the ropes
(人を)窮地に陥れる
Ford Chemical has got General Chemical on
the ropes.

フォード・ケミカル社がゼネラル・ケミカル社をついに追い詰めたね。

pinned[shoved] in the corner
絶対絶命で、追い詰められて
I've got pinned in the corner.
もう僕は絶対絶命だよ。

make a clean break
〜ときっぱり別れる、すっかり関係を絶つ
I made a clean break.
すっかり足を洗ったよ。

down for the count
活動停止で、疲れ果てて
People say our plant is down for the count.
私たちの工場はもうダメだってうわさですけど。

throw in the towel
敗北を認める、断念する
Ted threw in the towel yesterday.
テッドが昨日観念したよ。



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。
 


asahipress at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年06月22日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(39)

編集部の今日の一言
<Passengers 'quicker to snap' >


このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●総集編1●

野球に関する慣用句

ballpark figure
概算、おおよその金額
Can you give us a ballpark figure for the TV
commercial?

テレビコマーシャルの概算予算を出してくれますか?

playing in the major league
大企業で働く、大舞台で活躍する
I am, now that I'm playing in the major league.
うん、今や大企業で働いているわけだからね。

step up to the plate
進んで物事にも取り組む
Great, Mrs.Kelly. He's ready to step up to the
plate.

すばらしいですよ、ケリーさん。積極的に取り組む姿勢を見せています。

one's turn at bat
〜の番
It's almost your turn at bat, Ted.
そろそろあなたの番よ、テッド。

play hardball
強気で臨む、強硬に出る
Is Comtex playing hardball with us?
コムテックス社は、強気で押してきているの?

throw someone a curve
(人の)意表をつく、驚かす
The competition has thrown your company a
curve.

競合社が貴社の意表をついてきましたね。

have two strikes against one
不利な立場にある
Bob has two strikes against him.
ボブが大変なんだよ。

get to first base
足がかりをつかむ
Have the merger talks to first base?
合併の話の糸口はついたのですか。

touch base with
〜と連絡を取る、〜に相談する
Paul, touch base with the office at least daily
during your businesstrip.

ポール、出張中は1日に最低1回は連絡を入れてね。

rain check
またの機会、再度のチャンス
Mr. Greene, would you give me a rain check for the meeting this afternoon.
グリーンさん、午後の会議を延期してもらえませんか。



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。
 


asahipress at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年06月20日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(38)

編集部の今日の一言
<Nobel prize amounts will be cut by 20%>


このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●水泳にまつわる慣用句●

get one's feet wet
→「手始めにやってみる、新しいことを始める」


解説
水泳から来た表現です。
泳げるようになるには、まず足から水に入って慣れなければなりません。
そこから、「何か新しいことを始める」という意味で使われます。


会話例
A: We'll send you to work in Kansas City.
あなたにはカンザスシティーに仕事に行ってもらうわ。

B: Is this permanent?
ずっとですか。

A: No, just till you get your feet wet.
いいえ、手始めにってことよ。

B: OK. I'm hoping I can keep moving up.
わかりました。出世の階段を上っていきたいもので。



↑音声はこちら! シャドーイングしてみましょう!


ポッドキャスティング&メルマガのご案内
このブログはポッドキャスティングに対応しています。ポッドキャスティング版はブログ版と異なり、音声で解説も行っています。ぜひ iTunes の podcast に登録してくださいね。
また、毎週金曜日にはメルマガも発行していますので、まぐまぐ( http://www.mag2.com/ )などでご購読(無料)ください。まぐまぐのメルマガ ID は 170526 です。
 


asahipress at 09:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
ようこそ

CNN english express
(略称 ee)

ようこそ、ee の音声ブログへ!

CNN english express(略称 ee)の編集部が、毎週月・水・金曜日に、役立つ英語表現を音声付きで紹介します。

ここで取り上げる英語表現は『CNN english express』のバックナンバーを基に作成しています。
そのほかの曜日でも、ときどきは特別記事をアップする予定ですので、毎日ちょこっとアクセスしてみてくださいね!

――――――――――
音声がうまく再生されない場合は
コチラ
――――――――――
※容量の都合上、古い記事の音声は再生できない場合があります。ご了承ください。


====メールマガジン====

english express発の
英語学習メールマガジン。
役立つこと間違いなし!

詳細・登録はコチラから

Categories
Recent Comments


var getBrowser = function(){ var ua = window.navigator.userAgent.toLowerCase(); if (/chrome/.test(ua) && ! / opr/.test(ua)) { //chrome用処理 } else { //その他用処理 } }