朝日出版社営業部(橋)のサケブログ/書店訪問日誌

朝日出版社営業部・酒部に所属している(橋)による、書店訪問日記です。
本屋さんに行くことと安酒を飲むことがライフワークです。
書店イベントにも足しげく通っていますので、そちらもレポします。
【命題】継続は力。非道に生きる。

2013年07月

火曜日の夜です。7月30日の夜です。明日で7月も終わり、8月に入ります。我が家も娘・息子とも夏休みで楽しそうな表情も朝夜ともに見せてくれています。(寝顔ですが)

さて、 今日明日と朝日出版社は棚卸です。小社は自社倉庫を成田空港近くに持っておりまして、毎年この時期は各営業部員がやいのやいの集まりガテン作業に従事するわけです。

てなわけで、今日の日報をツイートに沿って。適当な感じですがよろ。


 やー、がっつり汗をかいた一日だった。明日は6時起きでサイクルモードになろっと。
おっしゃレッツ7月末日だ!
 

月末間際の月曜日。膨大な事務処理に途方に暮れつつ、片っ端から朝からこなしました。社畜というか、マシーンですね。昼過ぎになんとかひと息つき、おっしゃレッツ昼飯。

元気百倍です。

土曜日の『セカ就!』刊行記念イベントレポートもブログにさらさらと書いてアップ。

『セカ就!』刊行記念/森山たつをさん×太田英基さんトークイベント


外は雨降りですが、意気揚々と会社を飛び出して本屋さんへ。本日は『セカ就!』著者・森山たつをさんと渋谷エリアをお伺いします。前回の訪問レポートはこちらをご確認ください。

【新宿・高田馬場・早稲田編】『セカ就!』森山たつをさん @mota2008 と書店訪問


雨降りの渋谷ですが、バイタリティの塊である森山さんに感化され、勢い×500でおっしゃレッツ本屋さん。


写真 2013-07-29 15 01 30
地下1階と地下2階で『セカ就!』が2面陳。やー、ありがたやありがたや。担当さんに激感謝です。

店員さんにお声掛けをし、森山さん手書きPOPを書かせてもらうことに。

写真 2013-07-29 15 49 02
集中してメッセージを書く森山さん。背中で語っていますね。

写真 2013-07-29 15 52 04
棚前で記念撮影! 左手には『セカ就!』、右手にはちきりんさん『未来の働き方を考えよう』です。2冊読みオススメ。


意気揚々と2件目、TSUTAYA渋谷店さん6階のブックコーナーへ。

写真 2013-07-29 16 03 42
就職コーナーに『セカ就!』がドンと平積です。隣にあった『絶対内定2014』とパシャリ。こちらの本は大学生協さんで売上第1位なんだとか。羨ましい……追いつけ追い越せ精神でがんばるゾ。

就職コーナーでの展開は嬉しいのですが、ビジネス新刊台に並んでいないのは寂しいなと。近く再訪問のうえ担当さんにご案内せねば。


さて、次は宇田川町にあるヴィレッジヴァンガードさんへ。

写真 2013-07-29 16 14 21
『セカ就!』、ありました! が、なんだか斬新な……下には「アイデアインク」と「U25」が……。両レーベルで『セカ就!』を、もりぞおさんを支えているというメッセージ??


担当さんにご挨拶をし、ご確認したところちょうどコーナー拡張前で一時的に握りずしスタイルになっているとのことでした。『セカ就!』がネタで「アイデアインク」と「U25」がシャリか。それもまた、をかし。


写真 2013-07-29 16 22 12
事務所でPOPを書かせてもらいました。ヴィレヴァンに並ぶPOPとあって、森山さんも力が入ります。そして、POP書き用ペンがあまりに潤沢でヴィレヴァンさんの日々の苦心を感じました。

写真 2013-07-29 16 24 50
完成! 3パターンも書いて頂き、森山さんに感謝! 書かせてくれたVVさんに感謝!


写真 2013-07-29 16 16 41
写真 2013-07-29 16 16 48
Chim↑Pom『芸術実行犯』も店内に見つけました。手書きPOP、涙です。


やー、森山さんと行く書店訪問はやはり楽しい! 本日の最終目的地、パルコブックセンター渋谷店さんへいざ!

写真 2013-07-29 16 39 27
写真 2013-07-29 16 39 36
就職コーナーに並んでいるかなーと思っていたら、なんとレジ裏の「シェア・コミュニティ」棚に!! 超目立っています!

近くには大石哲之さん『ノマド化する時代』、ちきりんさん『未来の働き方を考えよう』、税所篤快さん『「最高の授業」を、世界の果てまで届けよう』、白木夏子さん『世界と、いっしょに輝く』、リンダ・グラットンさん『ワーク・シフト』などがずらりと。感激です。心の底から感激しました。


森山さんと担当編集(綾)と「こんな風に並べてほしかった。全国の書店さんにこれをモデルにどんどん提案しよう」と一致団結。


写真 2013-07-29 16 48 07
感動の記念撮影となりました。渋谷エリアの皆さま、同店の棚は見ないと損ですよ。


いやー、森山さん、過密スケジュールの中ありがとうございました! ご対応頂いた書店さんにも最敬礼です!


苗場明けで燃え尽き症候群のフジロッカーの皆さん、こんにちは。風邪などひいていないでしょうか?


7月も今週半ばで終わり、8月に突入します。まだ俺の夏は始まってもいない! とよくわからないことをここ数日連呼している(橋)ですが、まずはおっしゃレッツ自社イベント報告を。


◆7/27(土)『セカ就!』刊行記念トークイベント 森山たつをさん×太田英基さん


『セカ就!』の刊行記念イベント一発目です。ゲストには、『日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。』著者の太田英基さんをお迎えしました。

セカ就! 世界で就職するという選択肢 [単行本(ソフトカバー)]
日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。 [単行本(ソフトカバー)]


会場はシェアオフィス・HAPON新宿。新宿駅から徒歩7、8分でした。麺屋武蔵のすぐ近く、蒙古タンメン中本の向かいですね。

写真 2013-07-27 14 46 53

1階は靴流通センターでした。

◆HAPON新宿ホームページ

初めてお伺いしましたが、オープンスペースには日本列島型のテーブルが配置され、なんとも心沸き立つ空間です。

写真 2013-07-27 15 29 09

会場設営中。左が森山さん、右が『セカ就!』共同編集担当の米田さんです。


写真 2013-07-27 17 36 54
受付テーブルでは『セカ就!』『グローバル転職ガイド』、『日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。』をドンと。(橋)が受付を務めながら、にこにこと売り子を兼務。

立ち見のお客さんが出るほどの大盛況の中、トークが進んでいきます。


トークタイムが終了した後の、ミニ懇親会でも多くの方が森山さん、太田さんに質問や疑問を投げかけ、話は尽きない状況でした。


いやー、充実した2時間半でした。森山さん、太田さん、米田さん、HAPON新宿スタッフの皆さん、そしてご来場頂いた多くの方々に心より感謝です。『セカ就!』、ますます突っ走ります!


(橋)の土曜日のランチ写真でお別れです。





暑いですね。そして、今日からフジロックですね。


………。


苗場に行きたい! ビョーク、ジュラシック5、ヨラテンゴ、ゴマ、なんとスザンヌ・ヴェガまで出るとは……。なんで俺はいま東京/千代田区/九段下なんかにいるんだろう………。


はい、現実に立ち戻って昨日の活動日誌を粛々と。ぐすん。


昨日は自社イベント。ジュンク堂書店池袋本店さんの喫茶スペースにて、〔カラス先生とジュウシマツ先生の「鳥扱い説明書」〕が開催されました。『「つながり」の進化生物学』著者・岡ノ谷一夫先生と『カラスの教科書』著者・松原始先生が、ジュウシマツとカラスの魅力を語りつくすという、アツイ一夜です。


「つながり」の進化生物学 [単行本(ソフトカバー)]
カラスの教科書 [単行本(ソフトカバー)]


写真 2013-07-25 19 02 11
開場前に、『カラスの教科書』出版元の雷鳥社さんへご挨拶。ずーーーっとお会いしたかったので、感激でした。嬉しすぎてペラペラしゃべってしまい、なんだかすみません。


写真 2013-07-25 19 21 52
開場時間の19時になるやお客さんがどんどんなだれ込んできました。超満員です。受付では、岡ノ谷先生と松原先生のおすすめ本も並び、皆さんじっくりと眺めていました。


写真 2013-07-25 19 33 21
19時半になり、お二人が登場。奥が岡ノ谷先生、手前が松原先生です。

お二人のジュウシマツ愛、カラス愛が伝わりすぎて、会場の皆さんはなんだか微笑ましく見守っている感じでした。やっぱり、好きなもの、打ち込んでいるものを語っている人って魅力的ですね。


 (橋)もこれからは鳥屋をめざそうかな。「鳥のこと教えてくださーい」って言われたい。


松原先生も仰っていましたが、カラスって街中にいるからいいですね。いつでも観察できる。(橋)のデスク脇の窓から見える電柱にもカラスがたまに止まっているのですが、何分でも見ていられます。サボっているのではないのです。カラスの観察という、立派なお仕事なのです。



岡ノ谷先生のこのあたりの話は大変に興味深かったです。『「つながり」の進化生物学』をぜひ皆さん読んでほしい。


イベント内容は雷鳥社さんが実況中継ツイートをしてくださったので、以下まとめをぜひ。

◆「 #鳥扱い説明書 」実況中継ツイートまとめ


写真 2013-07-25 21 10 31
トーク終了後はサイン会。多くの方が列に並んでいました。お二人のお人柄が全開で、会場内は終始和やかなムードでした。


岡ノ谷先生は8月22日にもジュンク堂書店池袋本店さんでトークイベント。お相手は皮膚研究者の傳田光洋さんです。こちらにも皆さんぜひ。


「鳥扱い説明書」にご来場頂いた方へは朝日出版社・雷鳥社さんからこんなお土産がありました。

写真 2013-07-25 22 12 40

これは朝日出版社からのお土産。「ジュウシマツ度診断テスト」、『「つながり」の進化生物学』ポストカード、そしてハダカデバネズミうちわです。うちわ、クオリティ高し。


写真 2013-07-25 22 12 56

雷鳥社さんからのお土産。袋がかわいすぎでヤバイです。シール自体がアートですね。
写真 2013-07-25 22 14 33

開けてびっくり玉手箱。これはすべて家宝です。カラスくんかわいいよー。



ジュンク堂さん、岡ノ谷さん松原さん、雷鳥社さんに心より感謝です。

そして、今回のイベントを取り仕切ったのは池袋担当の新卒2年目(さ)です。慣れないことばかりで不安なこともあっただろうけど、大成功させたのは(さ)の頑張りによるもの。超グッドジョブでした。


(橋)もがんばるぞー。


お、今日は給料日じゃないですか。安月給のサラリーマン諸氏、今夜はぱーっと発泡酒でも飲むべしです。(橋)は休肝日なのでオールフリーでもプシュリしよっと。 Let's paint the town red.


さて、本日は午前中から書店さんをお伺い。『セカ就!』著者の森山たつをさん、小社編集(綾)と三人でちょっとした一個小隊です。集合は紀伊國屋書店新宿南店さん3階ワクワク棚。

写真 2013-07-23 20 19 54
仕入担当さんによる、手書きPOP。森山さんも生でみて感激しておりました。ありがたいことです。

5階に行き、フロア課長へご挨拶。

写真 2013-07-25 11 25 39

「新卒就1回のワンチャンスなんて時代じゃない! 世界で仕事を探そう!」

「自分で選んで海外へ! 精一杯生きる、若者たちの物語!」

森山さんのメッセージ、激アツです。お忙しいところ快くご対応頂いた紀伊國屋書店さんへ心より感謝。


南店さんを後にし、西新宿へ。向かった先は「就トモCafe」。店長と森山さんは懇意にされているとのこと。

◆就トモCafe

写真 2013-07-25 11 55 48
店内には大学生・社会人の「就活バリスタ」が常駐しており、就職に関する悩み相談に乗ってくれるそうです。(橋)もなんか困ったら行ってみようかな。

『セカ就!』を蔵書スペースに寄贈、コミック版フリペも設置頂きました。


一個小隊は山手線で高田馬場へ向かいます。いざ芳林堂書店さん!

森山さんは早稲田大学理工学部出身。学生時代、馬場の芳林堂さんにはよく通っていたそうです。

手書きPOPを書いてもらい、担当さんに設置頂きました。感謝です。


早稲田へ移ります。ランチタイムなのでまずは腹ごしらえ。

写真 2013-07-25 12 46 32
きました。聖地メルシーです。

森山さんはタンメン、初来店だという(綾)はチャーシューメン、(橋)はもやしそばを。

写真 2013-07-25 12 56 36
お腹減りすぎていて写真撮り忘れました。ふた口食べたところで慌ててパシャリ。

三人でアジア就職の話で盛り上がりながらずるずると。一体感ありますね。

写真 2013-07-25 12 59 29
森山さんが3回ほど振り掛けていたブラックペッパー。原産国はマレーシアです。 セカ就!


お腹いっぱいになったところでおっしゃレッツ本屋さんだ!

まずは成文堂さん。店舗入り口の一番いいコーナーに置いて頂きました。店長、感謝です。



あゆみブックスさんも涙。漫画版フリーペーパー、ぜひゲットください。

そして、故郷に錦を飾る、森山たつをさん&(橋)in 早大生協。

お忙しいところ、多くのアドバイスを下さった生協の担当さんに心より感謝。

森山さんのPOPも激アツ。胸にズドンときます。早大生、『セカ就!』いつ買う(ry


今でしょ!



やー、森山さんお忙しいところありがとうございました。ご対応頂いた書店さんにもぺこりぺこりです。

『セカ就!』、どんどん盛り上がります。明後日(土)に新宿で開催される刊行記念イベントにも皆さまぜひ!

◆『セカ就!』刊行記念トーク with 太田英基/世界を舞台にするという選択肢









このページのトップヘ