朝日出版社営業部(橋)のサケブログ/書店訪問日誌

朝日出版社営業部・酒部に所属している(橋)による、書店訪問日記です。
本屋さんに行くことと安酒を飲むことがライフワークです。
書店イベントにも足しげく通っていますので、そちらもレポします。
【命題】継続は力。非道に生きる。

2014年04月

4月末日です。新年度、皆さんの英語学習はいかがでしょうか?


この春、夏とかけて重点的に書店さんへご案内しようと思っている<CNNで最強のリスニングフェア>、ジュンク堂書店大阪本店さんでの展開が始まりました。担当さんが写真を送ってくださったので、ご紹介を。


写真 2014-04-29 22 36 48 (1)

『CNNニュース・リスニング』4年間分のタイトルがずらり。レディー・ガガ、澤穂希さん、内村航平さん、滝川クリステルさん、田中将大投手……その時々の「顔」が並びます。


『スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ&プレゼン』『マララ・ユスフザイ 国連演説&インタビュー集』『キャロライン&ジョン・F・ケネディ 演説集』なども見本誌付きで綺麗に展開頂いております。


横長の特大サイズ、貼りだして頂いた担当者さんに心より感謝です。DIY作成した甲斐がありました。

写真 2014-04-25 12 25 19

A3のコート紙を3枚出力。
写真 2014-04-25 12 33 22

貼れパネに貼って、余白をカット。
写真 2014-04-25 12 38 24
じゃじゃーんと出来上がりです。


大阪の皆さま、堂島アバンザのジュンク堂書店大阪本店さんへお立ち寄りの際は語学コーナーにぜひ注目ください。


<ジュンク堂書店大阪本店>

大阪府大阪市北区堂島1-6-20堂島アバンザ1F~3F  
営業時間:10:00-21:00
定休日:無休

TEL:06-4799-1090


開催検討頂ける書店さん、ぜひお声掛け願います。パネル・デモCD・見本誌などの販促物は(橋)がいつでも手配いたします!


昨年の刊行以降、全国書店イベントを開催中の内沼晋太郎さん『本の逆襲』。新緑の5月、仙台・盛岡での開催が決まりました。


5月10日(土)は仙台。せんだいメディアテーク内のカフェスペースにて19時より開催されます。内沼晋太郎さんの聞き手を務めて頂くのはカネイリミュージアムショップさんです。


仙台

ミュージアムショップという形態の未来についても考える、貴重な機会です。

予約受付開始しておりますので、ぜひ皆さまお申込みください。

◆詳細・予約受付ページ



そして翌11日(日)は盛岡です。ブックイベント「モリブロ2014」の公会堂イベントとして、さわや書店フェザン店の田口幹人店長とのトークイベントが17時から開催されます。


全国に名をとどろかせる、激熱書店員・田口さんと内沼さんとの対談、どんな話が繰り広げられるのかとてもとても楽しみです。こちらも予約受付中です。お早目にぜひ!

◆詳細・予約受付ページ


内沼さんと大好きな東北に行けること、待望の!、です。会場で多くの方にお会いできますように。


紀伊國屋書店新宿本店さんの3Fレジ前で、「ソーシャルデザインの本棚、つくります!」フェアが開催されています。新宿南店さん、グランフロント大阪店さんなどに続き、いよいよ新宿本店さんでも「ソーシャルデザイン」常設棚が生まれようとしています。


常設棚誕生に向けた、今回のフェア。新宿本店さん名物棚、Life堂のすぐ近くでの開催という超一等地で大展開頂いています。


写真 2014-04-22 13 57 09
横長の特大パネル、緑色のグラデーションが素敵です。「ほしい未来は、つくろう。」greenz.jpが掲げる命題ですね。

写真 2014-04-22 13 57 43
レジ正面に設置頂いた、A1サイズ(大きい!)のパネル。ソーシャルデザイン関連書フェアのキーワード、その解説も貼りだされています。作成頂いた、英治出版さんに心より感謝です。


フェアへの思いが込められたテキスト、ちょっと長いですが以下書きだします。


□■□■

皆さんは「デザイン」ときいて、何を思い浮かべるでしょうか?


おそらく多くの人は、「紙やキャンパスに絵を描くこと」をイメージするのではないでしょうか? 今、社会をちょっといい方向に変える、そんな働きを起こす「デザイン」が注目されています。私たちの心を、体を、そして社会を動かす原動力が、日本中で花開いてきているのです。


「デザイン」をするのは、決してクリエイターだけではありません。皆さんがちょっといい未来を想い描くことができるよう、そして日本中がその力で溢れることを、心から願っております。

□■□■


写真 2014-04-22 13 57 23
右上には(橋)の大好きな白木夏子さん『世界と、いっしょに輝く』も平積されています。こんなサイトも。

◆それでも笑顔ではたらいてほしいからオススメしたい本がある!


写真 2014-04-22 13 57 15
羽鳥書店さんにご用意頂いた、「ソーシャルデザインってなんだろう」冊子も配布中です。冊子はどんどん持ち帰り、本はどんどんレジへお持ちください。


フェアはあと2週間ほど開催予定です。紀伊國屋書店新宿本店さんへお立ち寄りの際は、ぜひ3Fレジ前へ足をお運び願います。


恒例のタッパー弁当紹介を。

大先輩の昨日のタッパー弁当。あまりに斜め上な絵面に驚かれた方も多いかと思いますが、これにはちゃんとした意図があるのです。


現在、英治出版スタッフの平井萌さんが挑戦中のクラウドファンディングプロジェクト、わたしは、メロンパンでコンゴを救うことに決めました。 メロンパン? コンゴ? と首を傾げるかもしれませんが、こちらのプロジェクトの趣旨は【「だいすきなもの×何とかしたいこと」で社会を変える。】。


大好きなメロンパンで、心から何とかしたい、コンゴ民主共和国の抱える課題を解決したい。そんな思いから生まれたプロジェクトとのことです。


社会的課題を解決するアプローチは本当にさまざまです。「ソーシャルデザイン」の定義が多岐にわたる、固まらないのもそのためです。新宿本店さんのフェアや、平井さんの「わたしは、メロンパンでコンゴを救うことに決めました。」プロジェクトが多くの人の行動の発露になることを願っています。


先週は大阪に行ってきました。大好きな本屋さんをお伺いしながら、美味しいものをたくさんたくさん食べるという夢のような食い倒れツアーです。ここ半年で体重を5kg以上増やしている、フードファイター見習いとしては仕事以上に大切な推し事。グルメレポ、魂込めて(by 楽天・嶋捕手)刻みます。


出張準備を完了した月曜日の夜。会社近くのパークでおっしゃレッツ乾杯。

写真 2014-04-14 19 43 41
「ニッポン ラガー プレミアム」ですよ。ビバ・グリーンズ。


そして、梅田駅に9時前に着いていたという火曜日です。14時過ぎまで飲まず食わずで歩き続けます。こんなオアシスを見かけても涙するばかり。くぅ、入店したいぞ。

写真 2014-04-15 14 30 47

◆松葉 地下店

お昼、何食べたんだっけか……ってそうだ、ここ行きました。JR大阪駅近く、新梅田食堂街のうめやさん。カレーうどんセット、美味しかった。写真ないけど。


グランフロント大阪の紀伊國屋書店さんではこの日、NMB48の握手会が開催されたそう。行けばよかった、今でも後悔しています。ってか、今後悔ピーク。何しに大阪行ったんだろか。

写真 2014-04-15 11 55 38
「後悔先に立たず」そんなアフォリズムを思い出すだけのために西へ行ったかと思うと泣けてきます。涙をぬぐいもせずに19時半くらいまでせっせと働き、社畜終了記念に金麦。

写真 2014-04-15 19 30 01

と言いつつ、この後敬愛する同業他社の方と行ったんです松葉に。総本店ね。こちらも写真ありませんが、幸せすぎるひと時でした。◆松葉 総本店


二日目、水曜日。すでに疲れているという緊急事態。どうした俺。体力だけが自慢だったのに。動揺をはらうべく、おっしゃレッツ本屋さん。黙々とお伺いします。昼はまねきそばでうどん+カレー。最高に旨かった。食い倒れの町、大阪に雅です。


この日は仕事でも忘れがたいことがありました。仕事編にアップしたこちらのエントリー、ぜひ眺めてみてください。

◆大阪・柳々堂さん、なんて素敵本屋さん!

京堀町、あまりにも素敵エリアです。住みたい、千葉も大好きだけど引っ越して住みたいとガチで思いました。感動で震えながらたどり着いたは、かんてきやさん。英治出版・岩田大先輩の顔が浮かびます。

写真 2014-04-16 20 21 39
写真 2014-04-16 20 21 48

昨年11月以来、2度目のお伺い。嬉しいなー。
写真 2014-04-16 20 27 41

焼酎とお通しセット。お通しの概念が変わります。
写真 2014-04-16 20 34 29

このタイミングで大先輩がお店へ電話を掛けてくださり、朝日出版社酒部の人なんでよろしく的なことを仰って頂いたようです。このキャベツ、お心遣いです。もはや号泣。
写真 2014-04-16 20 34 34

つくね。世界のつくね。
写真 2014-04-16 20 34 44
写真 2014-04-16 20 44 00
写真 2014-04-16 20 50 52

変わり奴豆腐。やっと食べられました。幸せすぎます。
写真 2014-04-16 21 00 02

黒霧島、当然ボトルですね。残ったとしたら大先輩へpassですよ。
写真 2014-04-16 21 04 33
写真 2014-04-16 21 13 05

やげん軟骨。
写真 2014-04-16 21 15 56
写真 2014-04-16 21 25 53

お茶漬け。さすがはフードファイター見習い(橋)です。
写真 2014-04-16 21 41 02
美味しいアイス、こちらもお心遣いで頂きました。

かんてきやさんがある大阪、世界にもっと名を轟かせるべきです。焼き鳥好きの皆々さん、おっしゃレッツかんてきやさんでありますよ。


さて木曜日、この日は末井昭さんと京都の書店さんまわり。朝8時半前に京都駅着、イノダコーヒーで優雅なひと時を。

写真 2014-04-17 8 58 10
気品溢れるカップですね。スプーンにちょこんのった砂糖が可愛すぎて苦しい。朝イチでお伺いさせて頂いた、学芸出版社さん。お隣の喫茶店?軽食屋?が気になりました。今度はランチミーティングをぜひ。

写真 2014-04-17 9 26 46


夜は心斎橋スタンダードブックストアさんでイベントでした。解散したは22時半頃。(橋)はこの夜大切な、大切な書店員さんと酒を酌み交わす約束をしていたのです。

写真 2014-04-17 22 54 30
写真 2014-04-17 23 11 30
写真が語ってくれますね。大好きな、大切な書店さんと実現しましたよ、 #酒部 。金麦と白ワインの輝きたるや金メダルなんてもんじゃありません。またお話する日を楽しみにしています。


さて! なかなかハードな京阪神出張の最終日です! 末井昭さん、担当編集(す)と梅田の本屋さんをお伺いします!

◆末井昭さん『自殺』全国書店行脚ツアー in 京阪神!


お昼は待望のねぎ焼 やまもと。ハイデラックスを頼んだのに、デラックスが出てきたのは修業が足りないということですきっと。

写真 2014-04-18 12 58 51
写真 2014-04-18 12 59 05
末井さんと担当編集(す)の記念撮影。いい一枚ですね。あ、ねぎ焼きデラックスは三枚やで。


英気を養い、この日の夕方遅くまでせっせと本屋さんへご挨拶を。そしてそして、待望の一個小隊プチプチ打上げです。


梅田新食堂街へ行き、くぐったはこちらの暖簾。 ◆おでん屋「たこ梅」


写真 2014-04-18 17 42 13
写真 2014-04-18 17 58 34

ひら天。

写真 2014-04-18 18 18 12
鯨のすじどて。超美味。

写真 2014-04-18 19 11 25
末井さんとの時間があまり嬉しすぎて、おでんをたくさんたくさん頂きました。

写真 2014-04-18 19 09 37
なんと、末井さんのサインが再現されているではないですか。シュウマイとごぼ天、涙が出るほど美味しかったです。


たくさんの人と会えた今回の京阪神出張、すべてに感謝です! いつかは憧れの大先輩と一緒したい!!




3月上旬より「デザインの力で、新しい未来をつくる!」ソーシャルデザイン関連書フェアを開催頂いてる、大阪の柳々堂さん。先週の関西出張で、ようやくご挨拶をすることができました。お伺いしたのは水曜日(4/16)の夕方遅く。とてもとても大切な時間になりましたので、ここに刻みます。


大阪市営地下鉄・肥後橋駅を出てホームページの地図の通りにお店へ向かいます。道すがら、よさげなアトリエや雑貨屋、ビストロやカフェが多くあることに気づきます。大阪に疎い(橋)ですが、あからさまに街歩きの楽しいエリアです。柳々堂さんへの期待がますます高まります。


写真 2014-04-16 18 16 39
見えてきました。灯りが温かい。

写真 2014-04-16 18 16 44
創業110年超の歴史を感じさせる外観です。いざ店内へ。

松村社長、そして担当の前田さんとお会いできて本当に嬉しかったです。前田さんとの記念撮影、(橋)生涯の宝物です。前田さんイチオシ本は英治出版さん『KaBOOM! カブーム!』、(橋)イチオシ本は羽鳥書店さん『ニッポンの風景をつくりなおせ』。ぜひ皆さま店頭でチェックを。


写真 2014-04-16 18 58 56
柳々堂さん徒歩数分の靭(うつぼ)公園。夜景がとても綺麗です。

写真 2014-04-16 19 09 59
こんな怪しい銅像もあり、見どころ満載。


街歩きには本屋さん。本屋さん行った後は街歩き。柳々堂さんのある、京町堀はとても貴重なエリアでした。歩き疲れて夜になったら美味しい焼き鳥を食べるのはいかがでしょうか。

写真 2014-04-16 20 21 39
「デザインの力で、新しい未来をつくる!」ソーシャルデザイン関連書フェアを牽引し続けてくださる、英治出版の大先輩行きつけの焼き鳥屋・かんてきやさん。皆さまもぜひ。

このページのトップヘ