朝日出版社営業部(橋)のサケブログ/書店訪問日誌

朝日出版社営業部・酒部に所属している(橋)による、書店訪問日記です。
本屋さんに行くことと安酒を飲むことがライフワークです。
書店イベントにも足しげく通っていますので、そちらもレポします。
【命題】継続は力。非道に生きる。

2014年06月

2014年6月27日、(橋)の人生において記念すべき一日となりました。

この日は朝から津田沼の書店さんをお伺い。ヴィレッジヴァンガード津田沼パルコ店さんへまずは。
ずっと前からお世話になっている店長さんにフェアを手掛けて頂き、本当に嬉しいです。ぜひ皆さま店頭へ。

続いては、くまざわ書店津田沼店さんへ向かいます。
長期間のご展開、心より感謝です。津田沼へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

くまざわ書店さんは津田沼パルコB館へ同エリア2店舗目をオープンしました。
ACADEMIA名義での出店。今後、津田沼エリアはどう動いていくのでしょうか。

津田沼から会社へ向かい、事務処理をして秋葉原・代官山の書店さんをお伺い。再び会社へ戻る道中、目にしたツイート。
英治出版さんが早稲田を訪問。早大生協さんでのフェア開催状況をレポート頂きました。
そしてそして………

グリーンズ『ソーシャルデザイン』の増刷が決定。涙です。「デザインの力で、新しい未来をつくる!」ソーシャルデザイン関連書フェア共同推進版元の皆さま、賛同頂いている書店の皆さま、全方面の皆さまに心より感謝いたします。

目を赤くして帰社。再度事務処理をこなし、西へ向かいます。
ブックス・ルーエさん、大好きな大好きな本屋さん。晶文社さん新刊『あしたから出版社』、絶対にルーエで買うと決めていました。著者・島田潤一郎さんの夏葉社は武蔵野市吉祥寺本町にあります。それはルーエで買わないでどうすると。
晶文社さんの新レーベル「就職しないで生きるには21」、今一番楽しみにしています。装画がミロコマチコさん、装丁が矢萩多聞さんと本のたたずまいも最高です。『偶然の装丁家』『荒野の古本屋』もぜひ。全世代にお薦め。

さて、吉祥寺から阿佐ヶ谷へ移動。
阿佐ヶ谷ロフトAでの、ブックンロール2014。ずっとずっと楽しみにしていました。
店内に入ると、普段からお世話になっている方々の顔がずらずらり。なんだか嬉しくて嬉しくて。本当にたくさんの方とお会いできたので、今思い起こすだけでも胸が熱くなります。

ライブの部、演者の皆さんの、仕事場とはまた違った顔が見られて新鮮&感激でした。やっぱ、音楽っていいな。バンドっていいな。

そしてそしてトークの部。山下書店南行徳店・高橋佐和子さん、MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店・樽井恭子さん、BOOKSルーエ・花本武さん、大盛堂書店・山本亮さんがご登壇、司会進行はリブロ池袋本店・辻山良雄さんがお務めになります。

どんなお話が聞けるのかなとドキドキワクワクしていました。激熱だった内容について、言語化できる気もするけどあえてしません。まだ整理したくなくて。高橋さん、樽井さん、花本さん、山本さんのお話を辻山さんが引き出していったあの時間、聴いていたひとりひとりの心に刻まれたあの時間。熱と興奮、明日からもやっていこう、明後日も明々後日も、10年先もやっていこう、そう、強く強く思いました。
(橋)はもちろん本が大好きです。そしてそれ以上に、本屋さんが大好きです。本屋さんにいる「人」が大好きです。同じ立場で話せる、本屋さんと本屋さんの関係をうらやましく思うこともありますが、出版社の営業として本屋さんとお話ができることもとてもとても幸せです。

すべての人の名前を挙げたいけど、あえて。

花本さん、あなたは太陽です。僕は本当に花本さんが大好きだ!
高橋さん、まだ2回しかお会いしてないけど、高橋さんの眼差しと紡がれる言葉に僕は夢中です。
樽井さん、いらっしゃるだけで朗らかな気持ちになります。また妙蓮寺でもお会いできるかな……。

こんな素敵なイベントをオーガナイズしてくださった空犬さんに心よりの感謝、そして大いなるリスペクトです。
夏葉社・島田さんにサインを頂くのを失念したけど、またの機会を楽しみにすればいいね。

名古屋・七五書店の熊谷さんによるツイートまとめ、熱が伝わりますのでぜひ。
◆togetter/ブックンロール2014

本屋さんとの仕事を続けるために、ちゃんと会社の利益をあげられるよう、尽力しなければ。そう強く感じた夜でもありました。地道なことしかできないけど、日々歩んでいこう。 

素敵な素敵な新刊が自社から刊行されました。


『緑色のうさぎの話』道尾秀介さんと半崎信朗さんによる小さな小さな、そして深く深く心にしみいる絵本です。


刊行を記念して、青山ブックセンター本店さんにて原画展が本日より始まりました。昨夜の2時間半超の設営作業を経ての展示スタート。雨が降りしきる中、店舗をお伺いして店頭写真を撮らせて頂きましたのでご紹介を。


表参道駅からわくわくしながら店舗を目指します。コスモス青山ガーデンフロアのエスカレーターを下り、ABC本店さん店内へ。レジ前を通過し、いざウォールギャラリースペース。


写真 2014-06-24 15 50 00
特大ポスターが目印です。

写真 2014-06-24 15 50 11
大好きな青山ブックセンター本店さん店内で実現した、あまりに愛おしい空間。

写真 2014-06-24 15 51 06
写真 2014-06-24 15 50 37
道尾さんと半崎さんの原画、とても貴重です。ぜひ店頭でじっくりと眺めてください。

写真 2014-06-24 15 50 23
もちろん、本も展示スペースに並んでいます。今回の展示用にご用意したポストカード、ぜひお持ち帰りに……。


関係者一同の思いが込もったこちらの原画展、7月22日までの会期です。お近くの方はお昼休みや仕事帰りに、遠方の方もお休みの日にぜひ足を運んで頂けますと嬉しいです。



◆青山ブックセンター本店内・ギャラリーウォール

会期:2014年6月24日(火)~7月22日(火)

東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロアB2F 
お問い合わせ:03-5485-5511
受付時間 10:00~22:00 (最終日は19時で展示終了となります)

内沼晋太郎さん<「本」と『本の逆襲』が拡張する、30の「気になる一節」と「次に読む一冊」フェア>、いよいよ大学生協さんでも店頭展開が始まりました。


まずは(橋)の母校である、早稲田大学へ。戸山キャンパスの早大生協文学部店さんをお伺いします。いつもお世話になっているご担当者さんへご挨拶をし、早速書籍陳列・パネル・POP設置作業を。

レジ前のフェアスペースでの大開催。涙です。後日、さらにコーナー拡張頂く予定です。早大関係者の皆さま、早稲田エリアの皆さま、ぜひ戸山キャンパス内の生協さんへ足をお運びください。


◆早稲田大学生協戸山店(購買・書籍・プレイガイド)

戸山キャンパス31号館1F
平日10:00-20:00 土曜10:00-17:00


早稲田でお薦めのランチスポットがこちら。

◆エスニックカリー メーヤウ早稲田店

ぜひ4週目をねらい、激辛チキンを。


さて、東西線→中央線経由で国立駅へ。一橋大学へ向かいます。言うに及ばず、内沼さんの母校です。

一橋大学生協西ショップさんに到着し、ずっとずっとお世話になっている大好きな担当者さんへご挨拶。セロテープをお借りして、いざ本型POPくんを設置します。

嬉しい。本当に嬉しいです。一橋の学生さん、教職員方の目にとまることを信じています。

一橋大学生協さんでのフェア実現は英治出版さんが店舗訪問の際にご紹介して頂いたことがきっかけです。心より、心より感謝いたします。


◆一橋大学生協西ショップ

 平日 10:00~19:00 土曜日 閉店


大学生協の皆さま、開催検討頂ける際はぜひお声掛けください。秋以降の開催でももちろん結構です。


30種の「本型POPくん」たちが、北へ南へ全国に飛び立っています。内沼晋太郎さん選書フェア<「本」と『本の逆襲』が拡張する、30の「気になる一節」と「次に読む一冊」>、九州の地から嬉しすぎるご連絡を頂きました。


今年2月2日に『本の逆襲』トークイベントを開催頂いた、明林堂書店大分本店さんにてフェア展開が始まりました。

パネル・本型POP・新聞記事とバランスよく陳列頂き、とても目をひきます。


大分駅から徒歩10分程度の明林堂書店大分本店さん、2Fのカフェスペースでもゆっくりと時間が過ごせます。

4a54a37f-s
2月にお伺いした際に頂いたキーマカレー。とても本格的で美味しかったです。


大分の地でのフェア開催、心より感謝です。ぜひ皆さま店頭へお立ち寄りのうえ、棚をじっくりと眺めて頂けますよう、お願いいたします。


◆明林堂書店大分本店

〒870-0007
大分県大分市王子南町35番
電話番号 097-573-3400
営業時間 10:00~23:00まで
店休日 年中無休

先日より開催店舗の模様をレポートし続けている、内沼晋太郎さんproduce<「本」と『本の逆襲』が拡張する、30の「気になる一節」と「次に読む一冊」>フェア。ご賛同頂ける書店さんがどんどん広がり、感謝の涙が止まりません。


本日は、啓文堂書店三鷹店さんをお伺い。担当者さんの愛が込められた棚を拝見してきました。


三鷹駅南口徒歩20秒、三鷹コラル3Fの啓文堂書店さん。


ずっと、ずっとお会いしたかった担当者さんとお話をすることができ、感無量です。手掛けて頂き、本当にありがとうございます。


三鷹・武蔵野ゆかりの出版社、作家さんの棚も常設されているこちらのお店。中央線ユーザーの皆さんはもちろん、本好き本屋好きの皆さんは遠出する価値ありですよ。


店舗情報をペタ。

◆啓文堂書店三鷹店

〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-35-1 三鷹コラル3階

JR中央線 三鷹駅
電話番号 0422-79-5840
営業時間 10:00~21:00


全国へ本型POPくんが飛び立っていきます! 各地書店員さん、お声掛けをいつまでも待っていますよ!!

このページのトップヘ