5月末に発売された当社刊『きみの町で』。重松清さんの文章とミロコマチコさんの絵が生み出す世界観に、多くの方の共感を頂いています。発売当初も多くの書店さんのご支援を賜り、パネル展を実施頂いたりポストカードを特典設置頂いたりと……多くの仕掛けをしました。


そして発売から半年近く経った今、ミロコさんの原画展が吉祥寺パルコブックセンターさんにて始まりました!

こちらはパルコブックセンターの担当者さんの熱意、そして当社新卒2年目(さ)の粘り強い提案があって実現しました。

a
エスカレーター降りてすぐの店舗一等地にて原画展は展開されています。額装された原画がこんなにたくさん店内に陳列されている……。本当に感激です。


IMG_1732
こちらのパネルのイラストは、ミロコさんの手描きです。ぜひ店頭に足をお運び頂き、直接見て頂けると嬉しいです。会場には『きみの町で』のほか、『てつぞうはね』『ぼくのふとんはうみでできている』『オオカミがとぶひ』も並んでいます。


リニューアルした吉祥寺パルコブックセンターさんは、店内にゆったりとした時間が流れています。仕事帰りでも休日のふらり散歩にでも、ぜひお立ち寄りください。


◆パルコブックセンター吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺パルコ B2F
電話:0422-21-8122
営業時間:10:00~21:00


(橋)家はミロコマチコさんの大ファンです。寝る前は必ず2冊読みしています。

そんな(橋)家に先日起きた超超サプライズ。なんと、最寄りの北習志野駅商店街にミロコさんがいらっしゃったのです。地域フェスでのワークショップにいらしたミロコさん。我が家にとって、一生の思い出になりました。様子は以下Twをぺたぺたと。







丸善丸の内本店さんでも『ぼくのふとんはうみでできている』の原画展が開催中。11月30日までですから、こちらもお見逃しなく……!

◆丸善丸の内本店/『ぼくのふとんはうみでできている』原画展


同世代にこんな素敵な絵本作家さん、こんな素敵な人がいると思うだけで、力をもらいますし日々が楽しく感じられます。何かを作りだせる人って本当にいいな。