成田倉庫から送る、2014年7月の京阪神名古屋出張レポート、いよいよ4日目・土曜日編に突入です。


これまでの流れは以下エントリーを眺めてみてください。

◆2014年7月23日/初日編

◆2014年7月24日/2日目

◆2014年7月25日/3日目


そしてそして、九州を訪れた英治出版の大先輩のブログエントリーがこちら。ぜひご覧ください。

◆英治出版公式ブログ/201407博多プチ出張記


さて、7月26日土曜日のスタートです。前日チェックインしたPIECE HOSTEL KYOTOさん、8人ベッドのドミトリータイプに宿泊したのですが、少なくないゲストハウス歴の中で断トツに快適でした。ここを訪れた外国の人は、あまりのクオリティに驚くのではないでしょうか。日本が誇るべき宿泊地、コミュニティスペースと言えます。


シャワーを浴び、中庭的なスペースでのんびりと。天国。


今回の出張初の朝食付きの宿。美味しすぎて美味しすぎて。珈琲もゆっくりと頂きました。PIECE HOSTEL KYOTOさん、本当にお世話になりました。京都の常宿決定です。


学ぶよろこびです。暑い熱いアツい京都!

 

この曲を聞かないと始まらないですね。


そしてそして、駅前の学芸出版社さんを訪問しないと始まらないですね。土曜日だったのでご挨拶は遠慮しましたが、記念撮影を。


めざすは恵文社一乗寺店さん!

 

道中、嬉しいニュースが飛び込んできました! 『きみの町で』が5刷!


ちょうど夕方からこんな素敵なイベントがある日だったので、よろこびも×10000です!!


この日も信じられない暑さでしたが、看板が見えてきたらもう。


店主の堀部さんにようやくお会いすることができました。お買い物もしっかりと。わーいわーい。


うんうん。ほんまやわ。


そして向かったはnowakiさん、ミロコマチコさん個展開催中です!

かなりタイトなスケジュールだったので滞在時間は短かったですが、あまりに素敵空間で元気百倍です。京都の皆さんがうらやましい……。


nowakiさんの後はジュンク堂書店京都店さんを再訪。前日お休みだった担当者さんにどうしてもご挨拶がしたく……。たくさんお話を頂き、『ヒップな生活革命』も拡販頂き感激です。いつの日か酒部を必ずや。


さて、大阪へ向かいます!

これ、実話ですよ。本当に驚きました。


出張であろうが、土曜日であろうが清貧を貫く(橋)。どうですかこのストイックさ。貧しさの塊ですね。


京都から大阪へ。立命館出身のくるりの名曲を聞きながら目的地を目指します。


着きましたFOLKさん! 店主の吉村さんとニコニコお話をし、「ミロコさんまだかなまだかなー」とそわそわ。


あまりに落ち着かない(橋)が外へ出てきょろきょろしていると……。

は、はるか彼方からずんずん歩いてくるひとりの女性の姿が!! あ、あれは絶対にミロコさんだと確信。吉村さんとスタッフさんをお呼びして3人でお迎えします。


ミロコさんも気づいてくださり「おーいおーい」と手を振ってくださる。(橋)はその時点で感極まるものがあり、手が振り切れるのではないかという勢いで左右にぶんぶんと。大阪・FOLKの地でミロコさんとお会いできるなんて……!


原画展の様子をミロコさんに見て頂き、皆で『きみの町で』についてのお話を。お客さんも予定時間前からお越し頂き、談笑しつつのサイン会です。


そしてなんとなんと、(橋)が普段からとてもとてもお世話になっている書店員さんも足を運んでくださいました。もう嬉しくて嬉しくて。『きみの町で』を購入し、プレゼントしちゃいました。


見てくださいこの奇跡の2冊。ミロコさん『ねこのねかた』サイン本、そして大好きな書店員さんのサイン本。人生の宝です。


ミロコさん、FOLK吉村さん、ご来場頂いた皆々さまに心より感謝です!

『きみの町で』原画展は8月10日までの開催。サイン本もご用意頂きましたので、関西の皆さま会期中にぜひ!

◆『きみの町で』原画展 in FOLK


そしてそして、土曜日の大阪ナイトをいざ!


天神にいらっしゃる大先輩から嬉し過ぎるツイートがあった15分後、大阪での #酒部 が始まりました。


どうですかこの贅沢ぶり。ひたすら清貧を貫いていたのは、この夜のためだったのです。

大好きな大好きな書店員さんと、たくさんたくさんお話しました。だけれども、もっともっとお話したかった。話が尽きない、そんな風に思ったのは久しぶりでした。


素敵なお時間を頂き、心より感謝です。

再会を誓い、お別れ。2014年7月26日、すべての皆さまの存在をありがたく思います。


この一枚、あまりに素敵で……。

出張4日目、ピークとなり後半戦へ突入していきます。