大好きな9月22日。誕生日だからね。嬉しい。

下の子からお祝いの手紙をもらって、人生の宝ものがひとつ増えた本日。明日はなるべく早く起きて洗濯やお掃除に勤しまねば。

『本を贈る』刊行から十日ちょっと。じわり、じわりと反響があり嬉しいかぎり。もっと、もっと広く手にしてもらえるよう尽力したい。本書での5番目の書き手である、加藤製本・笠井瑠美子さんが啓いてくれたとおり、「本は特別なものじゃない」から。

販売促進はめっちゃするよ。昨日は早起きして渋谷のラジオ「渋谷の本屋さん」へ。
『本を贈る』発行元である、三輪舎・中岡さんと共著者である加藤製本・笠井さんとたのしくおしゃべり。

アーカイブあるから、ぜひ聞いてみてもらえると。
◆渋谷の本屋さん「2018.9.21 本を贈る」


ずっと空回りしている(橋)であるけれど、37歳となった本年はもっとしっかりしたい。
10月10日には神楽坂・かもめブックスさんで『本を贈る』刊行記念トークイベントを開催いただけることになった。

前出の笠井さんと(橋)、かもめブックスととても縁深いふたりがいわゆる表側に立つことになるとは。不思議な感覚であるし、こそばゆく面映ゆいし、でありなにより嬉しい。

イベント名は「『本を贈る』刊行記念 本があなたに届くまで~瑠美子と亮二の場合」。

………えと、説明過多な気もするけど、瑠美子は笠井瑠美子さん(加藤製本)で、亮二は橋本亮二(朝日出版社)であります。

だれがこのイベント名考えたんだという気が今でもするけど、いや、ありがとうございます。このおかげで瑠美子とめっちゃ仲良くなれたという気すらしている。媒酌人じゃないか。

なわけで、最近めっちゃ瑠美子と打ち合わせしてる。だいたいオンラインで、ときに対面で。かもめで。

こんな写真も撮ってもらった。ありがとうマイキー(かもめブックス・前田隆紀さん)。

IMG-3895

フォトジェニックな瑠美子と、呆けた顔した(橋)。や、亮二か。

学祭みたく盛り上がり、相互往復書簡的なものもかもめブックスをポストとして始めてしまった。きっと、かもめメンバーぽかんしていると思う。なにとぞ、お付き合いを。

IMG-3887

イベントまでに4~5手紙して、当日を迎えたいね。早速、このブログをアップしたら2通目書くよ(瑠美子も書けよとプレッシャーをかける)。

すごく嬉しくて。笠井さんと、こんな仲良くなれるとは。本を介在した縁って、めっちゃ強い。深い。上澄みでなく、結ばれる。

みんな来てね! ありがたいことに、満席近く申し込みをいただいていて、増席検討もしてもらっている。早めだととっても助かります!

◆かもめブックス お申込みページ