2014年10月

2014年10月31日

銀杏

2bed9543.jpg

今日で10月も終わり。年齢と共に月日の経つのがホント早く感じられるようになりました。若い頃、一日一日は短く感じたものの、一年はやたら長かった。。。。早く大人になりたいなぁと本気で思ったほどでしたけどね。それが最近では一日は長いのですが、一年はあっという間に過ぎてしまう。年を取るのが早く感じられます(苦笑)

 


こんにちは。竹内です。

 


さて今日は、月末ということで特にネタはありません()という訳にもいきませんので、今日は『銀杏』のお話でもしてみます。私共、旭鮨の取引先(築地市場内)の八百屋さんでは、今の時期に『銀杏』の保存作業をしております。丁度、新銀杏と称して新物が出回っている今日この頃ですが、その新銀杏を来年の夏頃までの販売用の『銀杏』として低温倉庫で保存するそうです。一度水にタップリと浸し、それをビニール袋に入れ 約9度から11度の温度管理により一冬を超します。写真をご覧下さい。このような形で保存することにより、カビが生えてきて中の実をシワシワから守る働きがあるそうです。それと同時に旨味も倍増。恐るべしカビの力ですね。


築地の八百屋さんも侮れませんね。このような目に見えない努力によって美味しい『銀杏』が一年中食べられるのですね。

  続きを読む

asahizushi_blog at 12:05|PermalinkTrackBack(0) 食材情報 

2014年10月30日

うすばはぎ

a6f00c48.jpg

今年は紅葉の当たり年だそうで。。。。例年になく鮮やかな紅葉が楽しめるとのこと。私は友人の風水師の助言により「"北"方面に行ってはいけない」と言われてますので、もう少し紅葉前線が下がってから紅葉を楽しみたいと思っております。

 

こんにちは。竹内です。

 

さて今日は、月末接近に伴い築地市場内は荷も少なく、買い出し人の姿もまばらな感じでした。そんな中、値通しの為、仲卸店舗内の取引先をまわっていると威勢の良い声が。。。。

 

「五島列島から『うすばはぎ』が入ったよ〜」

 

取引先の番頭さんでした。写真をご覧ください。これが『うすばはぎ』です。「かわはぎ」の仲間なのですが一般的にはあまり馴染みのないお魚ですね。釣りをされる方ですと「かわはぎ」と異なり、嬉しくない外道の代表格。でもそんなことを言ったら、わざわざ手に持って撮影に応じてくれた小川さんに怒られてしまうかも。。。。(笑)

残念ながら振り分けにはなりませんでしたが、今日は五島列島からホウボウをはじめ、いろいろな魚が並んでおりました。九州の最西端、魚の宝庫・五島列島より秋の味覚の便りでした。

 

 

続きを読む

asahizushi_blog at 14:04|PermalinkTrackBack(0) 食材情報 

2014年10月28日

岩手県大船渡産の『生むき牡蠣』

53cec5a4.jpg

空高く青空が広がっています。昨日より風が強かったのでとても空気が澄んでいる感じ。クリアーな大気の中、中央道から見えた富士山も頂上付近はすっかり雪化粧をし、世界文化遺産としての貫録さえ感じました。


こんにちは。竹内です。


さて今日は、先日の台風通過により、三陸の海の中をひっかきまわしてくれたおかげで良くなってきたと言われている「牡蠣」をほぼ全店に振り分けを致しました。岩手県大船渡産の『生むき牡蠣』でございます。写真をご覧下さい。牡蠣好きにはたまらない三陸の牡蠣ならではの、このプリプリ感を!今年は9月の段階で例年に比べて良いとの報告が来ていましたので期待はしておりました。10月に入り築地市場で牡蠣の取引がスタートし、毎朝セリ場に並んだ牡蠣を見ていると想像以上に良い感じを受けていました。

よく"Rのつく月の牡蠣は旨い"と言われております。今月はOCTOBER(10月)。Rがありますね。ちなみに来月はNOVEMBER(11月)。勿論Rがあります。この理論で言えば5月から8月はダメってことです。これから寒くなるにつれ、ますます美味しくなってくる三陸産の『牡蠣』にご期待下さい。

続きを読む

asahizushi_blog at 13:56|PermalinkTrackBack(0) 食材情報 

2014年10月27日

沢蟹(さわがに)

172ded05.jpg

汗ばむほどの暖かさに上着を脱いで本部事務所に戻ってきました。ホント、夏の終わりを感じさせる陽気に自然と足が湘南に向いてしまいそうです(笑)まだ海の中は暖かいですしね。

 

こんにちは。竹内です。

 

さて今日は、最近の月曜日の"ノリ"とでも申しましょうか、パッとしない雰囲気にセリ場に並ぶ魚もどことなく遠慮がちに並んでいるように見えてしまいました。そんな中、こんな商品を見つけました。『沢蟹(さわがに)』です。子供の頃、沢に行ってよく獲ったものです。皆様も経験があるのでは?雨が降った翌日などは絶好の捕獲日和。ワンサカ湧いて出てくる感じですね。そんな『沢蟹』を地元の老人ホームの方達が健康の為と称し、獲りに行ってくれているそうです。

とても小さく可愛らしい『沢蟹』。食べてしまうのが可哀そうと感じてしまうのは私だけでしょうか?(苦笑)

続きを読む

asahizushi_blog at 13:38|PermalinkTrackBack(0)

2014年10月25日

北海道・噴火湾産の『殻帆立』

ccb9e8ab.jpg

穏やかな暖かい週末。。。。秋の陽射しが並木の上に踊るように輝いています。少し歩くと汗ばむほどに。これからやってくる冬将軍を前に暫しの休息。。。。

 

こんにちは。竹内です。

 

さて今日は、北海道産の天然の『殻帆立』のご紹介です。先日、こちらで書かせていただきました噴火湾の物です。一般的に「帆立」というのは北日本を代表する食用貝で、よく発達した貝柱が食されます。貝柱のぎっしり詰まった繊維質が何とも言えない歯応えを感じさせ、舌の上でとろけるような食感と濃厚でコクのある甘味が特徴です。

今日は"おつき合い"で20枚ほど仕入れ致しました。絶対数が少なく少量を振り分け致しましたが、次回チャンスがあれば、全店に振り分け出来るぐらいに仕入れて皆様にミネラル豊富な噴火湾の『殻帆立』を美味しく食していただきたく存じます。

続きを読む

asahizushi_blog at 13:54|PermalinkTrackBack(0) 食材情報