2015年12月

2015年12月29日

お礼。。。。

bddba996.jpg

明けたばかりの空が、朝の冷気とともに新鮮に輝いています。どうしても冬になると色彩が失せ何もかもが灰色の風景の中に閉じ込められがちですが、日の出の頃はとても鮮やかな色彩の中、綺麗なグラデーションを感じとることが出来ます。この綺麗な情景をいつまでもみていたいのですが"年末"の築地市場から見ることの出来る夜明けはあと一日。。。。来年の今頃は新市場ですからね。

 

こんにちは。竹内です。

 

さて、今年も一年間おつき合い下さいまして有難うございました。特に後半はネタがなく更新がきつかったです(苦笑)。このことを踏まえ来年はいろいろな話題にも触れてみようと思っておりますので宜しくお願いします。なお、明日は個人的な所用がありますのでブログの更新が出来ません。次回更新は、1月5日(火)となります。

今年も何とか無事に一年を終わることが出来そうです。皆様におかれましても寒い日が続きますのでお身体ご自愛くださいませ。

それでは良いお年を!!

続きを読む

asahizushi_blog at 13:38|PermalinkTrackBack(0)

2015年12月28日

築地市場雑感

de0b69b1.jpg

今年も残すところあと3日。暖冬だった12月もここに来て西高東低の気圧配置となり、今日は真冬の寒さとなっております。世間的には今日が御用納め。明日からは築地やアメ横にはワンサカと人が押し寄せることでしょう。

 

こんにちは。竹内です。

 

年末の築地市場は、北の方が大時化の為、入荷が無い魚が多数あり四苦八苦しております。毎年のこととはいえ、頭の痛いところですね。

それにしても我々人間というのは大自然の前では無力ですね〜。今更そんなことを嘆いても仕方ないのですが。。。。

今日はこの後、御用納めのお寿司の為これにて失礼を致します。

続きを読む

asahizushi_blog at 13:52|PermalinkTrackBack(0) お知らせ 

2015年12月25日

Merry Christmas!

a068b92b.jpg

皆様、プレゼントは用意されましたか?奥様へ、子供へ、孫へ。。。。人それぞれ、プレゼント先が違うのもクリスマスならでは。今日ばかりはサンタクロースになって、家族の喜ぶ顔を見たいですね。

 

こんにちは。竹内です。

 

それにしても街はクリスマス一色。それに引き替え築地市場では、押し迫った年末の感じが皆無。ガラガラな市場内を見て「閑古鳥が鳴いてる〜」と思わず呟いてしまいました。

今日は私共旭鮨の社長も築地に来ていました。早朝より一緒にセリ場をまわり、脂の乗ってそうな『太刀魚』を見つけましたので少し振り分け致しました。あいにく『太刀魚』の写真を撮りそこなったので今日は先日撮った『富士山』の写真でお許しください。

 

さぁ今夜はクリスマスパーティーと洒落込んでお寿司でも如何ですか?

続きを読む

asahizushi_blog at 13:42|PermalinkTrackBack(0)

2015年12月24日

新潟県佐渡産 『鰤(ブリ)』 入荷致しました。

304c5ccc.jpg

今日はクリスマスイブ。私が若い頃は一年も前から都内のホテルのスィートルームを予約して、イブの夜に備えていた強者もいましたが最近はどうなのでしょうか?(笑)。天気予報通りにお天気急回復となり、残念ながらホワイトクリスマスにはならないようです。まぁこの時期、本気で積もったら困ってしまいますが雪がチラつくぐらいだと雰囲気出て最高のイブを演出出来るのですけどね。


こんにちは。竹内です。

 

さて今日は、新潟県佐渡産の丸々と太った『鰤(ブリ)』がセリ場にありましたので何店舗かに振り分けを致しました。佐渡から始まる寒ブリ漁。この時期、船頭の目利きにより選別され船上で血抜きをし、海洋深層水氷でしっかり〆られた大型のブリを厳選して築地に出荷しているそうです。

今日のは12KG。日本海の荒波を泳ぎまわった『寒ブリ』にご期待下さい。

 

 

続きを読む

asahizushi_blog at 14:00|PermalinkTrackBack(0) 食材情報 

2015年12月22日

群馬県産 『下仁田ネギ』 入荷致しました。

d757e925.jpg

今日は冬至。北半球では太陽の高さが一年で一番低くなり、昼が一年で一番短いとされております。お天気も良く暖かい冬至となってますが、これからお天気下り坂とのことです。

 

こんにちは。竹内です。

 

さて今日は、群馬県の『下仁田ネギ』のご紹介です。現在、年に一度の収穫時期でもあり産地より旭鮨本部宛てに直送入荷しております。今日も各店に振り分けを致しました。

写真をご覧ください。他の同型品種に比べて白根が特に深く太いのが特徴です。一般的には白いところを食べ、青い部分はあまり食べません。味ですが熱を通すと甘みが強くなり、その独特の風味とトロリとした食感が食べた人を虜にします。その昔、江戸の大名も『下仁田ネギ』の虜となったほど。当時の手紙が残っており、殿様に献上されていた事から別名『殿様ネギ』とも呼ばれています。

冬至には南瓜が一般的ですが、今日は旭鮨にて『下仁田ネギ』で無病息災を願ってみてはいかがでしょうか?

 

続きを読む

asahizushi_blog at 14:00|PermalinkTrackBack(0) 食材情報