2018年10月

2018年10月30日

千葉県産 『地蛤』 入荷致しました。

今日も中央高速からは日本一の富士山が綺麗に見えておりました。それにしても空気が澄んで来ましたね〜。秋が深まるにつれ遠くの景色がクリアーに見えてきます。特に早朝の豊洲市場で感じる空気はO2濃度が高そうな気がするほど(笑)。小鳥の囀りも遠くまで響き渡る。。。。そんな印象を受けますね。
98130d44
こんにちは。竹内です。

さて今日は千葉県九十九里よりバリバリの『地蛤』の入荷がありましたので各店に振り分けを致しました。
九十九里の『地蛤』といえば、それはそれは古くから愛された食材の一つです。昔も今も美味しさは変わらず。いつの世も和食には無くてはならない食材ですね。
また遊びの文化として、平安時代には女の子が蛤の貝を合わせる(トランプの神経衰弱のような感じ?)の「貝合わせ」の遊びが流行ったと言われております。
見た目もとても綺麗な『地蛤』、食べにきて下さい。



asahizushi_blog at 14:08|Permalink

2018年10月29日

豊洲市場雑感

2e826358.jpg

色づき始めた街路樹と少しばかりの落ち葉に深まりゆく秋を感じてしまいます。今朝、東の空が明るくなり始めると豊洲市場から見て対岸の晴海埠頭に停泊している外国の豪華客船が浮かびあがった感じに見え、とてもカッコ良い雰囲気を醸し出していました。晴海埠頭にもこんなに大きな船が入港するのですね。

 

こんにちは。竹内です。

 

さて今日の豊洲市場ですが毎度の月曜日の様相。剥き平貝と甘海老が時化の影響で欠品しましたがあとはそれなりにありました。特筆すべき品物もなく振り分けも行わず。仕入れは各店ベースにお任せ。。。。そんな一日でした。

今週は一週間を通してお天気も良いとの週間予報が出ております。気温も平年並みとのことですので”食欲の秋”を旭鮨にて満喫されては如何でしょうか?明日はガッツリ振り分けを致します。

続きを読む

asahizushi_blog at 13:45|Permalink

2018年10月26日

旭鮨特製 『二段重おせち』

1756e43f.jpg

近所の林ではようやく秋の色が目立ってきました。細やかな葉が重なり合う楓。絵の具で塗ったような見事な紅葉まではもう少しお時間がかかりそうですが、確実に紅葉前線は南下している模様じです。


こんにちは。竹内です。


我々日本人は、四季というものをとても大切にします。季節ごとにやってくる行事には特別な料理を用意しておもてなしをしますがその代表的なものが”お正月料理”所謂『おせち料理』ですね。「お節供(おせちく)」が略された言葉だそうで節日(元旦と五節句)に神に供えた料理のことを言ったそうです。古来から伝わる伝統料理ですがメニューが決まっているわけではありません。縁起を担いだお目出度い物は定番となっておりますが、その地域や各家庭の工夫をこらした物が『おせち料理』として今日まで受け継がれております。

今年も私共旭鮨では、素材の厳選から、心の奥深くに染み渡る味わいを大切に『おせち二段重』を作らせていただきます。仕込みから下ごしらえに至るまで、長年の蓄積があればこそ出る美味しさの旭鮨『おせち二段重』。

旭鮨の歴史と伝統に培われた味にご期待下さい。


続きを読む

asahizushi_blog at 13:54|Permalink

2018年10月25日

〜お詫び〜

申し訳ございませんが本日、所用がありブログの更新が出来ません。

 

続きを読む

asahizushi_blog at 02:53|Permalink

2018年10月23日

豊洲市場雑感2

b7d41b38.jpg

人間、年を重ねるごとに物事一つ一つに対して感動しなくなってくる。。。。なんてよく言われます。かくいう私も年を取ったということ?(苦笑)。子供の頃は近所の森に行けば木の精霊や花の妖精の存在を感じたほど。葉に付いた朝露にさえ”ヴィーナス”を見た思いがしました。想像力豊かな少年だったようです(笑)。

 

こんにちは。竹内です。

 

さて今日は早朝より、弊社社長と後藤取締役の2人も豊洲市場へ馳せ参じておりました。せっかくの豊洲詣ででしたがいきなりの雨が。。。。

そんな中、今日は多くの食材を振り分け致しました。北海道羅臼産のブリ、北海道産のムキ帆立、金沢産の甘海老、愛知県産のシャコ、千葉県産の地蛤、徳島県産のシマアジ等々。

明日は9月並みの気温だとか。しっかりとした食材を揃え、皆様をお待ち申し上げております。

続きを読む

asahizushi_blog at 13:55|Permalink