2019年06月

2019年06月28日

〜お詫び〜

本日、急用な所用につきブログ更新出来ません。

次回更新は7月1日(月)となります。


asahizushi_blog at 12:33|Permalink

2019年06月27日

7月1日から始まる夏メニュー!

夏至を過ぎ「日の出」時刻が少しづつ遅くなってきています。東京では6月6日から21日までの16日間の「日の出」が4時25分と、一年で最も早い時期となっています。ちなみに今日27日は4時27分の「日の出」。逆に「日の入り」は今が一年を通じて一番遅いです。6月24日〜7月5日までの12日間の19時1分。こうして一つづつ、”夏”の条件が揃っていくのですね。あとはコパトーンの匂いがプンプンすれば。。。。今はそんな時代ではありませんね(笑)。


こんにちは。竹内です。


さて今日は、7月1日から始まります夏メニューのご紹介でも。中でも一押しなのが『夏のにぎり盛り合わせ』です。まずは写真をご覧ください。すずき、とろ、白エビ、ハモ、シマアジ、穴子と暑い時期に旬を迎える魚を厳選しております。
さらっとしていて涼味のあるすずき、ほのかな甘みと酸味のとろ、富山県の宝石と言われ口の中で甘くとろける白エビ、淡白な色合いのわりに味に含みがあるハモ、香りがよく味がたって歯応えも良いシマアジ、ふわりととろけるような煮上がりの穴子。
私共旭鮨の板前が心を込めてご提供させていただきます。7月に入りましたら『夏のにぎり盛り合わせ』を宜しくお願い申し上げます。

sIMG_9174夏にぎり






asahizushi_blog at 13:48|Permalink

2019年06月25日

千葉県銚子産 『鰯(いわし)』 入荷致しました。

梅雨の間の晴れ間というには雲が多く、スカッとした気分の良いお天気には程遠い感じです。でも雨が降らないだけマシ。ここ最近は週末になると雨というパターン。週末ぐらいはしっかりと晴れて欲しいと思っているのですがねぇ。。。。今日も時折顔を出す太陽の和やかな光に包まれながら元気にラジオ体操に没頭していました。夏至を過ぎたとはいえ、まだまだ風は心地良いです。サンタモニカの青い風を思い出してしまいますね(笑)。



こんにちは。竹内です。



さて今日は今の梅雨時、最高に美味しいと言われております『鰯(イワシ)』のご紹介です。この時期の『鰯』は所謂『梅雨イワシ』と呼ばれ、一年の中でも特に脂もノリ、降り続く雨と共に旨味が増すと言われております。私共も自信を持ってお薦め出来る一品。たかが『鰯』、されど『鰯』。栄養価の高い『鰯』を食べて、ムシムシする梅雨をふっとばしましょう。
624e057b


asahizushi_blog at 13:29|Permalink

2019年06月24日

豊洲市場雑感

梅雨らしい雨が静かに泣くように落ちています。降ったり止んだりの愚図ついたお天気。5月下旬頃より季節外れの暑さが続き、身体が暑さに慣れて来ているので今日は少し肌寒く感じるほど。そんな梅雨寒の午後は重要会議が目白押し。今日は忙しい一日になりそうです。


こんにちは。竹内です。


さて今日の豊洲市場ですが毎度の月曜日にプラスして6月最終週とのことでとても静かな中央卸売市場でした。9時過ぎ、6街区4階の駐車場から対岸に見える「晴海フラッグ」を遠目に見たのですが、工事が着々と進み、素敵な街が出現した?といった感じを受けました。東京オリンピックまであと400日を切り、急ピッチで工事が進んでいるようです。どんどん街が綺麗に新しく生まれ変わりますね。

15b8a399



asahizushi_blog at 13:22|Permalink

2019年06月21日

『涼風の膳』

未明にポツポツと降った雨のおかげか早朝道端に咲く紫陽花が活き活きしていました。雨雫が紫陽花の花の上を転がるシーンに「拡散美」という言葉を垣間見た気がします。本当に美しい光景。。。。英語のことわざで「美は見る人の目の中にあり」という言葉がピッタリとくるシーンに、しばし動けずにいたほど。花というのは本当に人間の心を優しくしてくれますね。


こんにちは。竹内です。


さて今日は、昨日に引き続き”夏メニュー”のご案内です。今日は下記の3店舗だけでしかご提供していないスペシャルなコース『涼風の膳』です。現在、下高井戸本店、成城店、新百合ケ丘店の3店舗のみの限定メニューです。
冷製煮物、冬瓜蟹餡かけ、刺身1点、天ぷら盛合せ、さざえつぼ焼き、にぎり6個、茶碗蒸し、お椀と大変お得感満載のコース。皆様には必ずご満足して帰っていただけると思っております。

今週末、お天気はあまりよくありませんが、旭鮨の3店舗限定のコースメニュー『涼風の膳』を何卒、宜しくお願い申し上げます。

img03












asahizushi_blog at 13:34|Permalink