ニュースポーツ パットゲームスター☆

グラウンド・ゴルフ、パークゴルフのクラブとボールを使って、屋内でできるニュースポーツをご紹介します。

カテゴリ : パットゲームスターとは

※トライアル発注対象製品とは
 
①新規性・独創性がある

②今後の市場性が見込まれる
 
③住民生活の利便の増進に寄与する

④鳥取県内にて開発、自社製造されている


製品について、鳥取県が選定するものです。



「パットゲームスター」は、これらの基準を満たすものと
選定会議にて認められ、

鳥取県トライアル発注対象製品
に採択されました!



「パットゲームスター」について詳しくはこちら

パットゲームスターは、ルールが簡単。

誰でも気軽に楽しめるスポーツです。

高齢者だけでなく、大人から子どもまで、幅広い年齢層がプレーできます。

ご使用者の中には、「孫が喜んで、一緒にやっている」という方もあります。


他のファミリースポーツ との大きな違いは、自宅でできるということです。

家族で何かスポーツをしようと思えば「どこかの施設に皆で出かける」というのがこれまでの主なスタイルだったのではないでしょうか。 

ボーリング、卓球、バドミントン、ビリヤード ・・・どれもそれ相応に広いスペースが必要です。

テレビゲームだと、Wiiスポーツなどもありますが、高齢者はコントローラーに馴染みがなく、抵抗感が出やすい、とっつきにくい、ということがあるようです。


パットゲームスターは 設置スペースが小さいのが特徴です。


パットゲームスター15は畳一畳分。 


 
パットゲームスター2.5は畳2畳分。



居間や廊下で楽しめます。



共働き家庭が増えている昨今、おじいちゃんおばあちゃんが子守をされているご家庭も多いのではないでしょうか。

公園等に行くのも、頻繁になると大変。

雨や雪の日は、家で何しよう・・・


家具のように自宅に置いて、幅広い世代が気軽に楽しめるゲームがあれば便利です。

こういったファミリースポーツとしても、パットゲームスターは役立てられると考えています。



パットゲームスターについて詳しくはこちらをクリック。

「パットゲームスター」は小スペースで多くの人がプレーできます。


例えば、比較的プレースペースの小さいスポーツに卓球があります。

卓球を体育館や公民館等で行う場合、バスケットボールコート1面のスペースで設置できるのが6台。

1台につき10人が交代でプレーするとして、プレー人数は60人です。


これが「パットゲームスター」だと、 バスケットボールコート1面のスペースで設置できるのが12セット。(15が12台+2.5が12台=24台) 

1セットにつき20人(1台に10人)が交代でプレーするとして、プレー人数は240人になります。


↓ パットゲームスターのセッティングイメージ



※上図をクリックすると拡大表示されます。
 

体育館や公民館で、これほどの大人数が楽しめるスポーツは他に類を見ません。

 大小様々な規模の大会やイベントが開催できます。


身近な例を挙げると、

公民館 や老人クラブ、グラウンド・ゴルフやパークゴルフのサークル等 で1セットずつ保有しておいて、普段は練習や雨天、積雪等のプレーに使い、たまに持ち寄って100人規模の地域大会やイベントを開く。

というようなこともできるのです。



大人から子どもまでが気軽に楽しめる「パットゲームスター」 活用方法は無限大です。

ぜひ有効にご活用ください。



「パットゲームスター」は、自宅の居間や廊下でできるスポーツです。

 
「パットゲームスター15」の設置時のサイズは163×50×18cm。




これは、人1人が寝転がったくらいの大きさです。



「パットゲームスター2.5」の設置時のサイズは338×47×6cm。 



こちらは人2人が縦に寝転がったくらいの大きさ。


どちらも、使わないときは折り畳んで収納できるようになっています。 



「パットゲームスター」のゲームは、15と2.5の両方を使ってもできますが、どちらか1台でもできます。


ですから、最小、人1人が寝転んでいる横でストレッチができるくらいのスペースがあれば、プレーできるのです。


「パットゲームスター」は 1台につき1~10人くらいまでの人数でゲームをするのが目安です。

けれども、状況に合わせて、もっと大人数で少しずつ交代しながら楽しむこともできます。 



ご夫婦で、お孫さんやご家族と、ご自身の技術上達のための練習にも、ぜひご活用ください。

 

「パットゲームスター」は、グラウンド・ゴルフとパークゴルフ、どちらのクラブとボールを使ってもプレーできます。

似ているとは言っても、別のスポーツ、別の用具なのになぜ?と思われるかもしれません。


でも、これはすごく単純なことで、双方のボールの大きさ・重さがほぼ同じだからです。

 (グラウンド・ゴルフのボール―直径6cm・75~95g、パークゴルフのボール―直径6cm・80~95g) 

ボールの大きさ・重さが同じなら、同じ強さの衝撃に対する転び距離も同じ、という訳なのです。



~ 【パットゲームスター豆知識2】に続きます ~ 


グラウンド・ゴルフ、パークゴルフは生涯スポーツ(生涯を通じて、健康の保持・増進やレクリエーションを目的に「だれもが、いつでも、どこでも気軽に参加できる」スポーツ)です。


そうは言っても、スポーツであるからには勝敗を競うもので、大会なども規模の大小様々に多く開催されています。

「やるなら上手くなりたい」「ゲームに勝ちたい」「みんなとわいわい楽しむだけでは物足りない」と思うのは自然なことです。

 適度な緊張感を持って物事に取り組むことは、日々の生活に張り合いをもたらし、それが生き甲斐、心身の健康にも繋がります。

 
しかし、これまでグラウンド・ゴルフやパークゴルフは、自宅で技術練習をすることがほとんどできませんでした。

なぜなら、グラウンド・ゴルフコースなら最短距離は15m。

練習にはそれ相当の広いスペースが必要で
自宅の庭等の広さでできるのは、短距離パットの練習くらいだからです。

また、屋外用のボールは硬く、室内で練習するにも、畳や床を傷つけてしまいます。

屋内用のボールもありますが、屋外用ボールとは同じ衝撃に対して転ぶ距離が違い、屋外プレーでの技術向上を目的とした練習にはほとんど役立ちません。


「パットゲームスター」を使えば、自宅の居間や廊下を傷つけず、グラウンド・ゴルフやパークゴルフの練習ができるようになります。

また、「パットゲームスター15」なら、屋外での15mに相当する中距離ショットの練習もできます。


 具体的な練習法はこちらをクリック ↓

  練習方法   ~グラウンド・ゴルフ、パークゴルフ等の技術を上達させるために~


グラウンド・ゴルフやパークゴルフの愛好者の方々のために、より個々のニーズに合わせたプレー環境を提案していきたいと思います。



 こちらはグラウンド・ゴルフのものですが、技術練習のご参考にどうぞ ↓ 

  よくわかる! グラウンド・ゴルフ ~基本~

  
  
 うまくなる! グラウンド・ゴルフ ~技術~




このブログでは、「パットゲームスター」について紹介していきます。

また、健康や福祉、社会教育について管理人が考えることも載せていきますので、よろしくお願いします。


「パットゲームスター」はグラウンド・ゴルフ、パークゴルフのクラブ、ボールを使って、屋内でゲームや練習ができるニュースポーツです。

このページのトップヘ