どうも、なんとか8月公開間に合いましたね。
 「消失世界の長い朝」です。お待たせいたしました。
 といっても今日のはプロローグなんで、短すぎます。
 「読む」というか「見る」に近い内容です。

 繋がりが曖昧なので、
 また後日、関連するSSもアップしてみるかもしれません。
 なんか、いつも「かもしれません」で申し訳ないのですが。


 


 忘れないでいてくれてありがとう。

 消えていく記憶のなかで、

 揺れる景色のなかで、

 呟いた。

 答えは知っていた。

 ……うん、大丈夫。

 さようなら。

消失世界の長い朝(1-1)