週刊朝倉歯科医院

歯科の治療のこと、医院のこと、
私たちの歯科医院からのお知らせや、私たちに寄せられた質問、その他いろいろと発信します。
Writer : Ishitobi/Akita


2007年07月

喫煙と歯周病

大阪・御堂筋が歩き煙草規制区域になりました。煙草の火が他人にとって危険で迷惑なのはわかりますが、歯科との関わりでも見逃せないのは歯周病との関係です。
喫煙は大別して
1)歯に汚れを付けやすくする
2)歯周病にかかる確率を高くする
3)歯周病をより進行させる
4)歯周病の病体を隠す
5)治癒を遅らせる
という問題を持っています。
口に中の組織は、煙草の煙が初めて触れる部分といってよいでしょう。ですから、
1)見た目ですから、ニコチンやタールが付着するということでよくわかりますね。口臭の大きな原因ともなります。
2)タールが付着するとプラークがつきやすくなるのです。歯の隙間には特に注意が必要で、すぐに歯ブラシではとれにくくなってしまいます。それが歯石となり、歯周病にかかる確率を上げるのがお分かりいただけたと思います。
煙草の害のひとつとして、ニコチンやタールによる「生体の防御反応を鈍らせる」ことがわかっています。それによる免疫力の低下が3)、5)となって現れるのです。
4)蓮腰複雑です。喫煙をしていても、歯肉の炎症それ自体は喫煙をしない人と差はみられないのですが、免疫力や抵抗力が下がってしまっているために、本来もっと炎症がおこる(生体が抵抗反応を示している)はずのものが隠されてしまうと考えられています。実際歯周病の進行が早いために、短期間の内に歯がグラグラする状態になると考えられています。
歯科医院では禁煙のお手伝いができますので、禁煙を志された方はお気軽にお申し出ください。

禁煙のお手伝いは

ホームページリニューアル進行中

私たち朝倉歯科医院のホームページも開設してから8年余り経ちました。情報誌のようにしようとマイナーチェンジをしてきましたが、只今、4度目のリニューアルを計画中です。
今回は内容だけではなく、ページデザインも含めたフルモデルチェンジです。
担当スタッフも、よりユーザーフレンドリーなものにしようと知恵を絞っています。
試作の段階ですが、ちょっとお見せしましょう。

hp1

皆さん、できあがりを期待してくださいね。

ガムを噛んで「噛む力」を鍛えよう

キシリトールは白樺やヤシなどの樹液から作られるキシランから作られる天然素材の食品添加物で、「糖アルコール」と呼ばれる炭水化物の一種です。
砂糖に比べ、同じくらいの甘味がありますがカロリーは低く、また歯に付着したプラークの細菌によって分解されにくいので、虫歯の原因となる酸を作らないという特徴を持っています。
虫歯を抑制するガムとして10年ぐらい前から発売されていますが、それにも増して噛むことの矯正にも威力を発揮します。
今の子供たちは奥歯で噛むことが少なくても大丈夫な「柔らかいもの」が多くなり、噛む力が弱くなっています。そこで「奥歯で噛む」習慣をつけてもらうにもキシリトールの入ったガムは効果的です。
最近では噛む力が一目で分かるような「咀嚼力判定ガム」もありますから、簡単に自分の噛む力を知ることができます。
このガムは歯科医院で取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。

さて、今日は七夕です。
夜空はどんよりしています。大雨で、大きな被害を被った地域もあります。。
被害に遭われた皆さん、希望を捨てずに立ち上がってください。
来年の七夕は笑顔で迎えられますように。
「星に願いを」


かみ合わせ治療
QRコード
QRコード