「ご存知でしょうか」で始まる歯科関連の記事をネットで見つけました。

以下に紹介します。
 
ご存知でしょうか。
歯を失う一番の原因である歯周病が、ギネスブックにも載っている疾患だということを。
次のように書かれています。

「全世界で最も患者が多い病気は歯周炎などの歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない」

 実際日本でも、成人の約8割が歯周病に罹っているというデータが出ています。ドキッとしてしまいますよね。もしかして自分も?……と。

 でも、ぜひ知っておいてほしいことがあります。
それは、“歯周病が予防できる病気”だということ!最も効果的な方法は次の2つです。

1.毎日デンタルフロスを使う
 歯と歯の間・歯ぐきの下に入り込んだプラークを落とし、お口の中からできるだけ歯周病菌を取り除きましょう。

2.定期的に歯医者さんに行く
 歯ぐきの状態をチェックしてもらうと同時に、プロに自分では落としきれないお口の中の汚れを落としてもらいましょう。

ギネスに載るほどの歯周病。
でも「私はちがう!」と胸をはって言いたいですね。

という記事です。
夏は口臭が強くなり、歯周病に気づきやすい季節と言えるでしょう。
ひとりひとりの方にあった予防方法を歯科医院では提案しています。
記事を読んで、気になるという方、そして気にならないという方も、
是非歯科医院へ来てください。
お待ちしています。