週刊朝倉歯科医院

歯科の治療のこと、医院のこと、
私たちの歯科医院からのお知らせや、私たちに寄せられた質問、その他いろいろと発信します。
Writer : Ishitobi/Akita


2016年06月

嚥下機能や咀嚼能力の改善は、まず「舌圧測定」から

シティライフ7





嚥下機能や咀嚼能力の改善について

「舌圧測定」をし、舌接触補助床を装着して舌機能を改善を行っています。

北摂版シティライフに掲載されました。

お気軽にご相談ください。

わくわく親子フェスタ

本日開催した「わくわく親子フェスタ」はたくさんの方で賑わいました。
CIMG2517





ご予約下さった方、今日参加くださった方も、楽しんでいただけたと思います。
お時間前から待っていただいたりもありましたが、無事終了しました。
ありがとうございます。
CIMG2531
CIMG2522

CIMG2525









引き続いて18日(土)まで「徳 治昭 童画展」を開催しておりますので、
お近くに来られた際には是非ともお立ち寄りください。
CIMG2545
CIMG2541

CIMG2544
CIMG2543

おくりたい 未来の自分に きれいな歯

これは、歯と口の健康週間(6月4〜10日)の2015年度(平成27年度)は「おくりたい 未来の自分に きれいな歯」の標語です。
厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が1958年(昭和33年)から実施している週間です。
歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療を徹底することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを目的としています。のもと、全国各地で地域住民参加型の各種啓発事業を展開しました。

歴史を見ると
1928年(昭和3年)から1938年(昭和13年)まで日本歯科医師会が、「6(む)4(し)」にちなんで6月4日に「虫歯予防デー」を実施していたことに始まります。

1939年(昭和14年)から1941年(昭和16年)まで「護歯日」、1942年(昭和17年)に「健民ムシ歯予防運動」としていましたが、1943年から1947年までは中止されていました。

しかし、1949年(昭和24年)、これを復活させる形で「口腔衛生週間」が制定されました。
1952年(昭和27年)に「口腔衛生強調運動」、1956年(昭和31年)に再度「口腔衛生週間」に名称を変更し、1958年(昭和33年)から2012年(平成24年)まで「歯の衛生週間」、そして2013年(平成25年)より「歯と口の健康週間」になっています。

朝倉クリニック歯科では、来週の土曜日、6月の11日に「わくわく親子フェスタ」を行います。
歯のお悩み相談、無料歯科検診、無料のフッ素塗布と歯並び相談を行います。
いずれも予約が必要となりますので、
072-626-2006まで連絡して下さい。
予約の状況や内容を案内させていただきます。
img181

よろしくお願いします。
QRコード
QRコード