『酸性の食べ物や飲み物の飲食によって、歯が溶けてトラブルを起こしてしまった』
これを酸蝕歯(サンショクシ)といいます。
酸の強いものを飲食したまま長く歯を磨かなかったり、強い酸性でなくとも繰り返し酸の影響を受けていたり、逆に唾液が少なすぎて口腔内が酸性の状態が長く続いたりすると危険です。

(口腔内の唾液は健康状態では弱アルカリ性で、石灰質を含んでいて、この酸蝕歯を防いでくれているのです)

スポーツ飲料や炭酸飲料を愛飲しているのはいいのですが、度を越せば危険。
健康のために黒酢を飲むのはいいのですが、その後歯を磨かずに就寝してしまうことが習慣化してしまう。こういったことがありませんか?

個人差がありますし、他の病気で同じような症状になっていることもあります。
酸蝕歯かどうかは歯科医院で診断します。かかりつけの歯科医院を訪問されてください。