私たちの歯が虫歯になるメカニズムは、口腔内に入るミュータンス菌が飲食をした後に残ったもの(食物残渣といいます)を餌にしたときに、分解して産出される酸が歯の表面のエナメル質を溶かすというものです。
こうなった状態を「脱灰(だっかい)」といいます。
脱灰の初期はチョークのように白濁した色をしているので、虫歯=歯に穴が開いて黒くなるというイメージではありませんね。隠れ虫歯とも呼ばれています。

初期の脱灰は(程度の軽いものであれば)口腔内を中性状態にすれば唾液に含まれるミネラルが
「酸によって痛めつけられ脱灰したエナメル質」を修復する機能によって守られています。
これをエナメル質を守る「歯の再石灰化」といいます。この脱灰と再石灰化は口腔内で常に繰り返されているのです。

中でもこの脱灰を抑制する働きがあり、歯の健康維持に活用されてきているのが「CCP-ACP」です。
「CCP-ACP」は「カゼインホスホペプチド・非結晶リン酸カルシウム複合体」と言うもので、牛乳由来成分とリン酸によって作られています。
これを歯に直接塗るペーストも出ています。

ですが「CCP-ACP」を一番手軽に摂取するには「牛乳を含めた乳製品」です。
牛乳には再石灰化に欠かせないカルシウム・リン・マグネシウムなどのミネラルが含まれているからです。
乳製品を多く食べる国では虫歯が少ないとも言われています。

秘訣は“口腔内を出来るだけ清潔にして”、乳製品を摂り「脱灰した部分が再石灰化されるまでの時間を出来るだけ多く作る」こてです

虫歯はなってからでは遅く、ならないように予防することが大切です。
虫歯を予防するには「正しい歯みがきの習慣」が欠かせませんね。

一人一人にあった歯の磨き方がありますから、歯科医院でチェックしてもらうと良いですね!