CTはComputed Tomographyの略で、画像をデータ処理して断層写真を得ることができる装置です。
近年、インプラントや親知らずの抜歯、根管治療や歯周病治療、矯正治療など高度で難易度の高い症例に正確な診断をするために導入する歯科医院が増えています。

歯科で使うCTは歯科用に特化した円錐形のX線照射方式(コーンビーム方式といいます)を採用しており、ゆがみの少ない断層画像を見ることができます。
レントゲン照射量も従来の1/10の量ですから、レントゲン被ばくという面からも安全性も向上しています。
写真3

写真 2




写真のように断層写真が得られることで、従来のレントゲンに比べて「見えなかった細部まで確認できる」、「鼻の奥の形態や病巣などが立体的に確認できる」など治療に関して正確さや安全の面で大きく貢献しています。
こうしたCTによる診断にも特別な場合の除き、保険診療での受診ができます。

写真1
写真は医院が導入したMORITA社のCTです。