Unity1週間ゲームジャム参加報告!

記事書くの久しぶりでごめんなさい!!!

いやあ~続かねぇ。ブログってのはやっぱ苦手らしい。
継続して書ける人は尊敬します(テラシュールブログは神

さて、前置きはこの辺で。
Unity1週間ゲームジャムとは。
Unityを使って1週間でゲームを作る企画のことです(そのまんま!
ゲーム投稿サイト|unityroomここで開催されます。
次回は5/22とのことです。

今回のお題は「跳ねる」でした。
Unityには物理演算があるので、初回にいいお題でした。

unipyon_icon

ゆにぴょん
↑自分が作成したのはこれです。

…………ホラゲですかねぇ。これ。

軽く1行でゲーム内容を説明すると、
360度からぴょんぴょん迫ってくるユニティちゃんを撃ち殺すゲームです。
unipyon_main

作りたいものを作れて満足はしています。

【開発について】

自分が作り始めたのは、水曜日からでした(月曜開催
制作期間は3日ほどだと思いますが、金曜までに作り終えて、
土日は何もしなかったと思います。UI考えてたけどいいの浮かばなかったので。
制作時間は10時間ほどかと。

一番困ったのは、キャラクターに速度を追加するところです。
「えっ、そんなクソ簡単なことで?」となるかと思います。2時間費やしました。
キャラクターのユニティちゃんを動かしたかったのですが、
アニメーションのApplyRootMotionが悪さをしていて、
まったく動かなかったです。ボックスだと素直に動いたので、
ボックスでもいいかなあ、と妥協しかけましたが、さすがに味気ないので却下。

あと困ったのはパフォーマンス
これだけユニティちゃんや弾を、生成したり破棄したりを繰り返してたら、
そりゃかなり処理が大変なことになります。
オブジェクトプーリング』という処理をして、若干ゃ軽くしました。

ライトマップなどで光をリアルタイムで処理しないのも気を付けたところ。
(なお公開されたときはライティングの設定間違えてて、
 リアルタイムで処理してました……)

【反省点】

ブログを書くのが遅くなったことは無しで
反省……というか、みなさんの熱意が凄かったことに驚きました。
まさか70作品も投稿されるとは思っていませんでした。

ゆにぴょんは、500体のユニティちゃんを倒すゲームです。
1プレイがそれなりに時間を使います。
70作品もあったら、1作品に割く時間はそう多くない。
もっと1プレイが軽いゲームにすべきだったなあと。
次回参加したらそうします。

最後に。素敵な企画をありがとうございました!!!