ベーグル好きなAB型中間子

血液型で一番偏見を持たれるのが『AB型』。 三姉妹の真ん中っ子の為、世渡り上手とも言われ…。 AB型の中間子は、究極な変人なのか!! 私は、自分が基準なので『ごく一般的な普通な人間』だと思っているけど(^^) そんなAB型中間子の私が大好きなベーグルやパンの事を綴って行きます。

ガーベリのベーグル CAFE・BONFINO@秋葉原

ガーベリ清水がなくなってから、ガーデンベリーズのベーグルとは大分ご無沙汰しちゃってましたが、昨夜帰宅したお姉ちゃんが「はい、お土産」と私に紙袋を差し出すので開けてみたら、中にはベーグルが!
どうやら清水のあった場所からすぐの所にあるcafeでガーデンベリーズのベーグルを取り扱っているそう。
(いつからかは、不明。)


CAFE・BONFINO
ベーグルは、↓一つ一つバーガー袋に入ってました。
丁寧に包んであって、留めてあるセロテープははがしやすいように端が折られてます。
そういうちょっとした心遣いにクラッときちゃいました(*^^*)
ガーベリ2



袋から出すと↓ 正真正銘のガーベリのベーグル。
「ご無沙汰してました」。
ガーベリ3


一昨日のお昼休み中に買いに行ってくれた時は、もう既に完売してしまっていたよう。
毎日11時半くらいに焼き上がるとお店の方から聞いて、お姉ちゃんは「わずか1時間位で完売…、すごいな」と。
昨日は、朝予約をして帰りに受け取って来てくれたみたいなんですが…
日によって焼き上がる種類は違って、昨日は『プレーン』『エダムチーズ』『モカチョコ』。
このcafeでは、焼き上がったベーグルをガーデンベリーズから運んで来ているのではなくて、あと焼くだけのベーグルを運んで来て、お店で焼き上げているみたいです。
で、大人買いが得意なお姉ちゃんが注文の時に「プレーンを4つと…」とここまで言った時点で「あっプレーンは、全部で2コしかないので…」と。
そうなんです!
一日の焼き上がり量が少ないんです(((^^;)
すぐに完売に納得〜
プレーン以外は、8コずつあったみたいだけど、取り合えず各2で買って来てくれたそうです。
これからベーグルが出るようになったら、量も増えて行くのかな?
取り合えずは、予約がベターと言う事で(^^)

12月の黒ぱん屋さん 黒ぱん屋@新江古田

黒ぱん屋下の↓記事でシュトーレンは既に紹介済みだけど、こちらも12月の中旬に訪問した時のパンたちなので“今更”な記事です(^^;
(本当に時差があって、ごめんなさい)
週1程度しかオープンしていなくて、秋頃までお休みしていたので「行ってみたい〜」と思っていながらもなかなか実現しなかった黒ぱん屋さんを訪問の巻き〜です




【ライ麦パンのフルーツバターサンド】
ライ麦のフルーツバターサンド1

ライ麦のフルーツバターサンド2

一番食べてみたかったのが、このフルーツバターのサンド。
ありました!
この時は、この↑ライ麦パンの他に“カタイがウマイぱん”にサンドされた物もあって(フィリングは一緒)悩んだけど、こっちに。
まずは、パンが美味しい。
そして、バターとの相性が抜群。
普段私は、あまりパンにバターをたっぷりって事はしないんだけど(たっぷりは苦手な方かも)、これはぶ厚さに感激☆
こんなにバター物を美味しいと思ったのは、初めてです。
中は、ナッツやドライフルーツ満載で、口の中でバターがじわりっと溶けて、ジュワ〜となって美味しい。
「当日中に」って言われたので、1つしか買って来なかったけど、とっても後悔しました。


【クリームチーズ&ハスカップ】
クリームチーズ&ハスカップ1

クリームチーズ&ハスカップ2

こちらも食べてみたかったサンドの1つ。
11月は、『紅玉りんごジャム』と言うリンゴを使ったサンドだったみたいなので、リンゴ好きな私は是非ともそれを食べてみたかったんだけど、私が行った日はこちらのハスカップでした。
でもこれも美味しかった〜(^^)
パンになたね油が使われてるようなんだけど、油加減がいいの!
表面はツルしっとり、食べるとほのかに良い香りが。
今度は、パンだけのも買おうと心に決めました。


【くるみぱん】
くるみぱん1

くみるぱん2

これも書く程もなく、美味しい。
横から出てるくるみの大きな固まりがかわいいな。
翌日に焼かずに食べたけど、しっとりしてました。
噛みしめるごとに粉の美味しさ、芳ばしさが口に広がります。
リンゴジャムを付けて食べたら、激うま。


【スコーンのアップルパイ】
スコーンのアップルパイ1

スコーンのアップルパイ2

スコーンのアップルパイ3

これは、プライスカードにかかれたネーミングを見て「?」と思ったんだけど、アップルの文字にひかれて買いました。
食べて分かったけど、簡単、ネーミングのまんま(笑)
外側の生地がスコーンのような生地で、中のリンゴはアップルパイを想像させる煮リンゴ。
『スコーンのアップルパイ』、名前に偽りなし。
これも次出会った時は、大量買いしたい程、美味しかった。


【さくさくとうもろこしクッキー】
さくさくとうもろこしクッキー

これも色々な所で見ていて、食べてみたかった物の1つ。
実物を見て、かなりの厚さにビックリしました。
厚さ1cm位あります。
かためのザクザククッキーは、めちゃ好み。
コーングリッツがプチプチと良い仕事をしてます。


【ジンジャークッキー】
ジンジャークッキー

さくさくとうもろこしクッキーよりもぶ厚かったジンジャークッキー。
こちらもかためのザクザク生地。
本当、黒ぱん屋さんのクッキーは絶品です。
こんなクッキーを作ってみたいな。
↑夢。

しばしのお別れ MARUICHI BAGEL@代々木上原

2/1(日)までで大好きなMARUICHIが代々木上原にある現店舗を閉店する…と言うNEWSを聞いて「閉店する前に行かなくちゃ」と思っていながら、実際行けたのは先週。
ベーグルは、冷凍保存出来てもサンドは難しい(いや、無理だろ)ので、サンドを食べ納めておこう!
注文したのは、これ↓
私の定番サンド。

【セブングレインハニーフィグ×ツナサラダ&アップルシナモンクリチ】
DSC04617

DSC04623

平日に行ったのに、30人近く並んでました。
(待ち時間、1時間強)
一人4個までの購入制限だったけど、冷凍庫事情からサンド1コにフィグを1コだけ購入。
白金高輪の新しいショップは、4月くらいにオープンだそう。
お姉さんに「今より遠くなっちゃいますか?」って心配してもらったけど、うちからは代々木上原も白金高輪もどっちも変わらない感じ。
ただMARUICHIに行きながら、Harittsやカタネカフェに行っていたからなかなか行く機会がなくなっちゃうな(--;)
ファイヤキングカフェに行きながらのHarittsやカタネカフェは、キツイし(笑)
カフェのハシゴ程、キツイものはない!

'08 シュトーレン

blog再開、まずは今更なシュトーレンをupしたいと思います(^^ゞ
クリスマスも終わり、お正月も明けてとても今更感が強いけど、来年の参考にしたいので。
(メモ代わり)
07年は、カノちゃんの具合が良くなくてあまり出掛けられなかったので2種類のシュトーレンしか食べられなかったので、「今年は、いっぱい食べるぞ〜」と意気込んで夏から計画を立てていたら、結局11種類も食べてしまいました。
なのでココから下、無駄に長いです^_^;
しかも原材料は、きちんと記載してあったお店の物しか書いてません。
食べた順に行きまーす。


【BoulangerieKen】1/2サイズ 500yen
Kenさん 1

Kenさん2

まずは、Kenさんのシュトーレンから。
これは、11月の始めに買いました。
買った時にはもう既に袋詰めされていて、粉糖は溶けて消えてしまったました。
原材料の詳細は不明だけど、ナッツやドラーフルーツが多めで生地はしっとりしたパンタイプ。
とにかくスパイスが大量使いされてます。
鼻からスパイスが抜ける、抜ける。
食べた11種類のシュトーレンの中で、一番スパイスが効いてました。



【Le-Coeur】1.950yen
ル・クール1

ル・クール2

ル・クール3

11月限定の「栗と木の実のシュトーレン」。
限定予約販売で、即予約が締め切られてました。
(私は、ギリギリセーフ。危なかった)
ル・クールのシュトーレンは、パン好きさんの間でも評判が良かったので、去年から「来年は買おう」と心に決めていた1つ。
サクサクしたクッキータイプのシュトーレンで、中の栗はしっとりしていてマロングラッセのよう。
クルミやヘーゼルナッツがコロコロ入っていて、バニラも効いたお菓子のようなシュトーレンでした。
スパイスは、多分効いてないかな。
(私の味覚で感じられないだけで、効いていたかも(笑))



【シニフィアンシニフィエ】4.200yen
小麦、バター、生クリーム、砂糖、マカダミアナッツ、クルミ、アーモンド、チェリー、レーズン、塩、洋酒、イースト、バニラ
シニフィアン1

シニフィアン2

シニフィアン3

これは、お姉ちゃんからのクリスマスプレゼントの1部。
と言っても貰ったのは、11月始め。
この後も『クリスマスプレゼント』と言っては、いろいろ買ってもらいました(笑)
SSのシュトーレンも個性的です。
原材料には、砂糖と記載されてるけど、外側は粉糖ではなく『和三盆』。
和三盆がガッチリと生地を包み込んでいます。
写真を見ても分かると思いますが、カットするとその和三盆がボロッと剥がれてしまうので、カットに悪戦苦闘しちゃいました。
そして、中はナッツやドライフルーツがたっぷりで生地はつなぎ程度にしか使われてません。
このシュトーレンもスパイスはなし。
洋酒とバニラがホワ〜ッと香るけど、和三盆の繊細な甘みが楽しめるような中身です。
オーソドックスなシュトーレンだと中身に和三盆が負けてしまうんだろうけど、そこは計算されて作られていて、このシュトーレンの主役は和三盆だと私は決めました。(勝手に。)
生地もしっとりしていて美味しかったな。
さすがSS。
来年もまた食べたい。



【four de h】
卵、バター、小麦粉、砂糖、塩、イースト、ピスタチオ、ドライフルーツ、赤ワイン、香辛料
アッシュ1

アッシュ2

アッシュ3

こちらは、けっけちゃんからのプレゼント。
まさかアッシュのシュトーレンが食べられるとは、去年の私は夢にも思っていなかったので、大感激♪
とってもアッシュらしいビジュアルなシュトーレンで、カットしてもネッチリした感触が伝わって来てニヤけてしまいました(^^)
ドレンチェリーの赤やピスタチオの緑が綺麗☆
そして一口食べてビックリしたのは、赤ワインやスパイスが使われているのに、最初に芳醇なバターの香りがフワ〜ッと口に広がった事。
その後スパイスや洋酒やドライフルーツの香りはやって来たけど、それらを差し置いてバターが来るとは!
良いバターを使ってるんだろうな〜とニンマリ。



【BAECKEREI BIO BROT】
有機自家製全粒粉、新札幌乳業バター、有機レーズン、有機オレンジピール、有機レモンピール、有機砂糖、有機バニラ、有機イースト、天日塩
ビオブロート1

ビオブロート2

ビオブロート3

これもけっけちゃんからのプレゼントです。
(本当にありがとう♪)
パンも前にいただいた事があって、その時にも粉の美味しさにビックリしたけど、シュトーレンも粉の甘みが噛むごとに感じられて美味しかった。
外側を包むお砂糖がグラニュー糖のような目の粗い物なのも「珍しいな」と感心。
こちらは、材料の全てを有機素材を用いて作っている素敵なお店なので「有機のお砂糖には、粉糖がないのかしら?」といつもながらの素朴な疑問を抱いちゃいました(笑)
でもこの目の粗いお砂糖がジャリジャリと良いアクセントになっていて、食べていて心地良かったんですけどね。



【黒ぱん屋】1カット 400yen
バター、きび砂糖、レモンピール、あんず、カランツ、アーモンド、くるみ、クランベリー、ラム酒、ライ麦
黒ぱん屋1

黒ぱん屋2

黒ぱん屋3

念願の黒ぱん屋さんに行って来ました。
営業日がとても少ないので、ハードルが高くてなかなか行けなかったお店です。
他にもパンを買い込んだので、またそれは別記事でupしたいと思うのですが、想像通りの素朴さがキラリと光るパンたちでした。
どれも美味しくて、今度はいつ行けるかな〜と思いは募るばかり。
シュトーレンもギュッと美味しさが詰まったパンタイプ。
甘みも少なく、バターもそんなに感じられないさっぱりしたシュトーレン。
上に掛かったシナモンシュガーらしき物もサラッとしていて、パクパク一気食いしちゃいました。
来年は、1コと言わず、2〜3コは買っちゃいそうです。



【Le-Coeur】1.950yen
ルクール1

ルクール2

ル・クール、12月限定のシュトーレン。
ある有名なパンサイトの主催者の方が去年一人で8本も食べた…と聞いて、是非とも私も食べるぞ!と心に決めていたのがこちらのシュトーレン。
このシュトーレンも“栗と木の実のシュトーレン”と同様、即予約完売していました。
このシュトーレンは、製造してから10日間熟成させてから店頭に並べられるそうです。
(店頭に並んだかは、不明だけど…)
サクサクッとしたクッキータイプ。
一人で8本食べちゃう人がいるのも納得な美味しさで、ナッツやドライフルーツと生地の割合が絶妙。
来年も買っちゃうだろうな(^^)
ル・クールは、パンも美味しくって、私は“黒豆のリュスティック”が気に入っちゃいました。
近々お店にも行ってみたいです。



【Zopf】2.800yen
小麦粉、水、きび糖、卵、バター、塩、マジパン、干しぶどう、レモンピール、オレンジピール、イースト、アーモンド
zopf1

zopf2

半年前からドライフルーツを洋酒に漬けて作られるzopfのシュトーレン。
今年は、zopfカラーのグリーンの専用箱入りでした。
一般的には、ガレット・デ・ロワに入れられるので有名なフェーブが入っているのがzopfシュトーレンの面白い所です。
と言ってもまだ食べ切っていなくて、フェーブは発見出来てませんが(^^ゞ
zopfのシュトーレンは、梅の花が咲く頃まで楽しめると言う事なのでゆっくり楽しみたいと思います。
「今年は、材料の高騰だけでなく品薄不足があり、シュトーレンが作れないかと心配しましたが、例年に変わりなく良い品が出来上がり、本当に良かったです」とりえさんも仰ってましたが、本当に作る側も大変なんでしょうね。
おっとこのまま締めちゃう所だった^_^;
zopfのシュトーレンは、パンタイプのオーソドックスなシュトーレン。
日々バターが染み込んでしっとりして行きます。
カットして、サーブする際のおめかし用に粉糖が別添えされているのがさすがzopf。
これもまた来年も絶対に買います。



【イナムラショウゾウ】2.000yen
バター、砂糖、牛乳、小麦粉、ショートニング、くるみ、レーズン、チェリーの砂糖漬け、ラム酒、イースト、アンジェリカ、塩
イナムラショウゾウ1

イナムラショウゾウ2

イナムラショウゾウ4

大好きなパティスリーの一つイナムラショウゾウ。
スイーツ好きなお姉ちゃんがとても信頼しているパティシエなので、我が家の行事には何かと稲村さんのケーキが多く登場します。
このシュトーレンもクリスマスケーキと一緒に予約してお姉ちゃんが買って来てくれました。
結果から言うと今まで食べたクッキータイプのシュトーレンの中で、一番好きです。
バターがたっぷり効いていて、回りがサクサク。
粉糖は、粉雪のようにサラサラで雪山のように大量に掛かっているのに全く甘ったらしくない。
バターたっぷりでもクドくない。
さすが稲村さんだ!と改めてすごさを実感しました。
これも来年も“買い”に決定。



【Maison romi-unie】
小麦粉、マジパン、バター、アーモンド、ミックスフルーツ、砂糖、牛乳、卵、ピスタチオ、ミックススパイス、塩、イースト
ロミ1

ロミ3

ロミ2

お菓子研究家のいがらしろみさんの焼き菓子のお店「Maison romi-unie」。
鎌倉のコンフィチュール専門店や東京駅グランスタ内のカップケーキ専門店に続いて、ろみさんにとってはこちらが3店舗目のお店です。
08年9月にオープンして、私もオープン当初に一度来店しました。
スコーンやクッキーが美味しかったな〜
↑これも記事upがとんでもなく遅れてます(^^ゞ
シュトーレンには、珍しくクグロフ型です。
今回食べた中で、唯一マジパンが入ってました。
(マジパン入りが本場流なのかしら?)
みっちり詰まったようなパンとクッキータイプの中間のような生地で、丁寧に作ってある手作り感の強いシュトーレンでした。

ご挨拶

年末のご挨拶もしないまま、年が明けて半月も経ってしまいました。
ボーッとしてると時間の経つのは、アッと言う間ですね。
サボッてる間にもmailやメッセージで心配や励ましの言葉をいただいて、中にはまだ一度もお話をした事のない方からmailで温かい言葉を掛けていただきました。
ありがとうございました。
(上手く言葉が出てこなくて、お返事で気持ちがちゃんと伝わったか不安ですがとても嬉しかったです。)
まだまだ悲しみは癒えませんが、こればっかりは時間に解決してもらうしかないのかな?と思うので、気分を切り替えてまたマイペースに“ひとりごと”のような記事をupしていこうと思います。
ご挨拶が遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。
livedoor プロフィール
Recent Comments
  • ライブドアブログ