2012年03月11日

福島原発震災から一年

「大地動乱の時代」が来たと、神戸大学名誉教授石橋克彦さんから聞いたのはいつだったろうか。
一年前、浜岡原発で起きるであろうと思っていた原発震災が福島で起きた時、危険性に気がつきながら原発震災を止めることができなかったことが辛く悲しく、挫折感で一杯だった。
福島の犠牲があったけれど、これで原発はすべて止まるだろうと思った。
しかし現実は悲しいことに再稼動をしようとする勢力が力を伸ばしている状況だ。

今日、東京日比谷公園で行われた一年追悼の集会に出席した。
世界中からたくさんのメディアが取材に来ていた。
福島の原発震災は世界中に放射能を撒き散らし、海を汚染させている。
政府は収束宣言をしたが、未だメルトダウンが起きた原因もわからず、
事故が収束していないことは世界中の人々が知っている。
だからこそ、外国のメディアがこれからの日本の原発に対する政策に注目している。

「大地動乱の時代」が来た地震国日本に、原発は相容れないものであることは明らかである。
一日も早く、原発を国策からはずす勇気を持って欲しいと願う。

100%安全と言う電力会社の言葉を信じ、国策に協力しなければいけないと言う使命感から
原発を受け入れた立地市町村は、今裏切られたことに不安と戸惑いで一杯だ。

放射能の被害が立地市町村で止まるものではないことは、福島原発の事故が証明した。
再稼動の是非を原発立地市町村に押し付けることは酷である。
これ以上、原発立地市町村を苦しめないで欲しい。
国が原発からの撤退を宣言すれば原発立地市町村は脱原発に舵を切り
新しい街づくりをする勇気を持つだろう。

福島の人たちやホットスポットになってしまった所に住む若い母親たちが
子供を放射能から守るために逃げ惑い、不安に怯える毎日を送っていることは
謝ってすむことではない。
卒原発をすることしか原発を受け入れてしまった償いは出来ないと思う。



asane at 22:10|この記事のURLTrackBack(0)

2006年07月02日

たった1年でタービン損傷 浜岡原発5号機

 6月15日、タービンの羽根が折れ原子炉が緊急自動停止した浜岡原発5号機。

放射能に汚染されているため状況がわからなかったが、7月1日新聞報道があった。タービンの羽根50枚に損傷が見つかったが、更に増える可能性もあるという。

 

 浜岡原発5号機は改良型、高性能という触れ込みだったが、とんでもない。

経済性を優先し、安全性を切り捨てた改悪型ということが証明された。

運転開始から1年、新品同様な原発に致命的な欠陥があったこともショックだが、これから原因究明や修理のために被爆作業をしなければならない人たちのことを考えると気が滅入る。

浜岡原発の被爆労働をして白血病で亡くなり、労災認定を受けた嶋橋伸之君のような人が再び出ないよう祈らずにはいられない。



asane at 19:56|この記事のURLTrackBack(0)

2006年01月16日

原発定検の時、放射能計測不能のわけ

今日私は原発から1km.北に設置されているモニタリングステーションの前を通りかかりました。数人が作業していましたので聞いて見ると中電保安課の社員でした。

県の管理すべきモニタリングステーションの定期検査をしているとの事です。

国内最大級の浜岡原発5号機が初めての定検に入ったばかりの今、なぜモニタリングステーションの定期検査をしなければならないのでしょうか。

原子炉は運転中の火災を防止するため窒素を封入しますが、定検時には作業者が出入りするため、その窒素を一斉に放出します。

窒素パージです。

5号機排気筒からは窒素と共に放射能も大気中に放出されるでしょう。住民にとって一番関心のあるモニタリングステーションの計測値です。

数年前、浜岡原発を考える会のメンバーが科技庁の「はかるくん」で9.999(測定不能)を計測したのも定検のときです。

一番計測を必要とする今、検査と称してモニタリングステーションを測定不能にしていることに意図的なものを感ずるのは私だけでしょうか。



asane at 20:14|この記事のURLTrackBack(0)

3号機で水漏れ

中部電力関係者の内部情報によると、11日運転中の浜岡原発3号機で復水系配管より水漏れがありました。

中電浜岡原発HPではまだ発表されていません。

中電社員がその事実を把握していないのか、または下請け社員が報告していないのではないかと思います。

すべての事故、事象については情報公開すると明言している中部電力に代わって浅根通信が報告いたします。



asane at 19:19|この記事のURLTrackBack(0)

がん死亡が急増

中電浜岡原発で働いている下請け社員の中で、がん死亡が急増しているそうです。関係者の内部告発です。

昨年暮にHプラントの社員が、がんで亡くなりました。

他にもS社、T社、K社の社員の中でがんで亡くなる人が相次いでおります。

亡くなった人たちは黄服(作業着、放射線の強い区域で作業する人は以前は赤服であったが恐怖心をあおるという理由で廃止、現在黄色と青色)の作業者ばかりとの事です。

遮蔽が不完全になっている原子炉建屋内の放射線によるものとのことです。

6人とも30〜40代の働きざかりの人たちです。



asane at 19:05|この記事のURLTrackBack(0)

2005年12月24日

地震でヤバイなのは姉歯マンションだけじゃない、東海地震の前に浜岡原発を止めよう!

“ブログで囲もう浜岡原発”はこれで3回目となりました。
正式なスタートは、12月25日からで、約2週間続けます。

20数万人の方が犠牲になったスマトラ沖地震から一年。津波をはじめ、大地震の力の凄まじさを感じました。

日本でも、スマトラ沖と同じプレート型の東海地震が刻一刻と迫っており、その震源域に浜岡原発があります。

M8クラスの地震に原発が耐えられるのか、まだ誰にも分かりません。日本を代表する地震学者の石橋克彦教授や茂木清夫名誉教授はこの状況を強く警告しています。

▼衆議院で石橋教授が『原発震災』を強く警告(05/02/23)
http://www.stop-hamaoka.com/koe/ishibashi050223.html
▼東海地震最高権威 元地震予知連会長が怒りの告発
http://www.stop-hamaoka.com/news/sunday.html

私たちの愛する郷土と大切な家族、友人たちを原発震災から守るために、私たちブロガーは、浜岡原発の即時停止をもとめます。

■参考リンク■

ストップ浜岡原発
http://www.stop-hamaoka.com/

ストップ浜岡原発@ブログ
http://blog.livedoor.jp/stop_hamaoka/

原子力ミニコラム
http://senzafine.livedoor.biz/archives/cat_50009191.html

『(原発技術者)平井憲夫さんの遺言』へのリンク集
http://senzafine.livedoor.biz/archives/11668676.html


このアピールはネット上で出会ったブロガー有志たちによる『ブログで囲もう浜岡原発!』という企画です」  

■トラックバックをお送りしました。

HIMAGINE SIDE1
Watermark
★電気猫のフォトBLOG(ネパール・神戸)★
温暖化いろいろ
関東風下プロジェクトBlog
しなやかな技術研究会
チェルノブログ
チームイワナのブログ作っちゃいました
▼日々喜怒哀楽▲
ひーどんの♪なちゅらるらいふ♪
伊方原発のプルサーマル問題
ICCで「人間の安全保障」
IZAYOI吐露遺跡
S◎SBLOG
ヒーリングソウル
☆★Dragon band!!★☆
松川ゆみ 《鶴見をもっとステキに!》
ママわさび本舗
よしなしごと *Noncence Prose*
自転車ライフ・カブライフ・エコライフ
*ぱいなっぷりん*
反原発の館(blog)
つれづれメール
田舎暮らし&soho life
あな吉の、ベジ的ごはん



2005年12月13日

情報は事実が流されているか



「浜岡原発は100%安全です」
住民の不安に耳を傾けようともせず40年前から繰り返し聞かされた言葉です。

最近、ある下請け業者からこんな内部告発が寄せられました。

1号、2号の建屋の雨漏りがひどい。地下の通路に水がたまっている。どこから漏れているか分からないが、なぜ地下か出入りの電装、配線業者が調べている。水によってショートを起こす可能性があるからだ。

5号機のケーブル配線作業の時、ケーブルの寸法を間違えたS社は、10人の力で引っ張って何とかケーブルを接続することが出来た。地震で少しでも建屋が揺れると断線の危険があると当時の作業者は心配しているが、いまさら中電に申告できず悩んでいる。

放射線管理区域で使用されるゴム手袋が粗悪品でよく破れる。関西電力からの指摘で分かったが、コストを下げるため納入業者が手袋のメーカーを変更したが、JIS規格外のものであった。

仕事の配分のことで業者間で揉め、日本刀を抜き威嚇した人間を磐田警察に刑事告発した人がいたが、中電が手を回し、もみ消してしまった。

何年か先、プルサーマルをやっても燃料が変わるだけで仕事が増えるわけではなく、下請けには何らメリットがあるわけではない。反対派が言うように危険だけが増えるならやらないほうが良いと業者間で話し合っている。

建屋内外の配線をやり直した時、コンクリートに直径20センチ位の穴を開けたが、ボーリング先が鉄筋にあたってしまったので鉄筋を切って貫通させた。ほかの業者は、鉄筋にあたった時は、位置をずらしてもう一度ボーリングする。前に開けた穴にはシリコーン状のものを入れてふさいでおく。
そんな杜撰な工事があちこちでまかり通っている。



人員削減、コストダウンの荒波に下請け業者の不満が鬱積しています。
科学の粋を結集して作っていると宣伝している原発プラントの実態は怖いものです。
これで静岡県知事の言う「安心で安全」といえるのでしょうか。



asane at 11:55|この記事のURLTrackBack(1)

2005年11月27日

地元としての責任

プルサーマルのお願いと称して中電が行っている説明会。

浜岡原発の敷地のある御前崎市佐倉でのこと、「地元はどこか」とたずねる住民に中電は御前崎市であり隣の2市である。その中でも佐倉は地元中の地元と回答している。
その説明会の中で中電は、今使っているウラン燃料とMOX燃料の安全性は変わらないとも言っている。

しかし私はプルサーマルが実施されれば運転も危険性が増すが、桁違いに危険な廃棄物が敷地内に貯蔵され、御前崎市のみならず日本の将来、次世代の人にまで影響を与える重大なことになると認識している。

私は御前崎市佐倉の住民であるが、福井県、新潟県、福島県で拒否されたプルサーマル計画を浜岡原発で最初に始めることを承諾することは絶対出来ない。

中部電力の川口社長が県知事の所にお願いに行ったことをみても地元は県だと思っている。
もちろん県知事に一任するつもりもない。

せめて県民投票、出来れば国民投票で決めてほしいと願っている。



asane at 21:20|この記事のURLTrackBack(0)

2005年11月24日

何を考えているのでしょう


内科の医師がいなくなり、入院患者が半減する御前崎市立病院。
この時期に160床のベットを電動ベットに変えると言う議員からの報告がありました。

年間10億円以上の赤字を出し、それでも尚無駄な設備投資をしようとしている病院関係者。

「住民福祉の為に赤字は仕方がない」と言ういい訳は通用しません。


asane at 08:59|この記事のURLTrackBack(0)

2005年11月22日

心配が現実に


御前崎市立病院、内科が無くなると他の診療にも影響があるのではないかと心配していました。
早々と現実になってしまいました。

内科医がいないと手術が出来ないと整形外科も閉鎖に追いこまれそうになっています。

御前崎市立病院から患者を回されたある開業医も、「一人で診ることが出来る患者数の限度を越えている」と待合室一杯の患者を見て過労を訴えていました。

医師がいなくて高額の医療機器だけが残った御前崎市立病院。

これから市民は病気や怪我をしたら、どこへ行けばよいのでしょうか。地元に病院がありながらお医者さんを探して右往左往することになりました。

どうしてこんなことになったのでしょうか・・・



asane at 08:48|この記事のURLTrackBack(0)

2005年11月20日

内科医師がいない病院

浜岡原発の地元浜岡町に町立病院が出来たとき、これで何の病気にも対応してくれる。入院も遠くまで行かなくても良い、原発のお陰だと多くの町民が喜びました。

それが合併し今は御前崎私立病院になりましたが、来年1月より内科医がいなくなり、入院も出来なくなるという事態になりました。入院している患者は遠くの病院へ転院、長く通院している患者も他の病院を探さざるを得ない状況です。
子供や年寄りの緊急時にも対応は不可能になりました。

  今日、静岡新聞に市長がある会合で「脳外科の専門病院にしたい」とコメントしたことが載っていました。
すべての病気の基本である内科医のいない病院が、いくら高度の医療機器を備え付けてあっても信頼に足りる地域の病院と言えるでしょうか。

  年間10億円という赤字を出しても、なお高額な医療機器をお金に糸目もつけず購入している行政と、人間ドックと言えば役場の職員さえ御前崎私立病院に行かないという現実。

  原発の豊富なお金を狙っているのはゼネコンと思っていましたが、医療機器メーカーもその中に入れなくてはならないのでしょうか。



asane at 11:15|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月28日

安全と安心はあり得るのか



中電が導入したいと言うプルサーマル計画。
石川知事が「安心と安全が確認されたら」とコメントされました。

配管破裂と言う想定外の大事故を起こした中電に、危険なプルトニュームを使って
「100%安全を保障する」と言い切れますか。
東海地震に怯えて暮らす地元住民に、この上プルサーマル計画を押し付けて、安
心して暮らすことが出来るのでしょうか。

地元は静岡県です。
現在の自分たちだけではなく、未来の住民も安心して暮らせる所であって欲しいのです。
静岡県民の皆さん、皆さんの声を県に届けてください。




asane at 09:08|この記事のURLTrackBack(0)

2005年09月13日

浜岡原発でプルサーマル

 東海地震の震源域の浜岡原発に、無謀にも中部電力はプルサーマル計画を実施すると今日発表しました。

柏崎(東電)でも高浜(関電)でもその危険性から住民に拒否されたプルサーマルです。

プルサーマルは資源のない日本のエネルギー政策の一環と、国と電力会社は宣伝しています。資源のリサイクルというのですが、それは真っ赤な嘘。
一度使用したモックス燃料は再処理されないのです。

40トン以上蓄えられたプルトニウムを、ウラン燃料を燃やす軽水炉で無理やり消費しようと言うだけの計画で、リサイクルにはならないのです。

市会議員や町内会長を青森県六ヶ所村へ連れて行き、接待で根回しをして反対を言えないようにして今日の発表となりました。

御前崎市は住民の安全に対しては、中電と国に丸投げの説明で済まそうとしています。今日開催された市議会、全員協議会でも原子力委員長は欠席、中電社員の説明に終始したそうです。

住民はいつもカヤの外です。

国の計画に対して自治体は何の疑問も挟めない、というのが原発の町の行政です。

asane at 06:16|この記事のURLTrackBack(0)

2005年08月31日

大地震が連動する!? その時、浜岡原発が激しくヤバイんです!

最新の研究によると、東海・東南海・南海地震の大地震が連動して発生する可能性が高いことが分かりました。 同時発生した場合、地震の規模は実にマグニチュード8.7。これまでの想定をはるかに超えています。

原発震災を防ぐために、東海地震の震源域にある浜岡原発の停止を求めます。

このアピールはネット上で出会ったブロガー有志たちによる「ブログで囲もう浜岡原発!」という企画です。

放射能が首都圏を直撃する参考サイト
◆ストップ浜岡
http://www.stop-hamaoka.com/
◆原発震災を防ごう!
http://genpatsu_shinsai.at.infoseek.co.jp/
◆浜岡原発止めよう裁判の会
http://www.geocities.jp/ear_tn/
◆インターネット新聞JANJAN 原発特集
http://www.janjan.jp/special/genpatsu/list.php

■参加ブログ&トラックバックを送信させていただきました。
ブログで囲もう! 浜岡原発
http://blog.livedoor.jp/iseley/archives/50003568.html
*ぱいなっぷりん*
http://blog.goo.ne.jp/sos-pine/e/dbf9f18ddd30f8d2c7b740c56197dcc5
▼日々喜怒哀楽▲
http://konarch.blog4.fc2.com/blog-entry-134.html#134
ママわさび本舗
http://plaza.rakuten.co.jp/mamawasabi/diary/200508310000/
しなやかな技術研究会
http://greenpost.way-nifty.com/sinaken/2005/08/83192_ce47.html
Watermark
http://d.hatena.ne.jp/umkaji/20050831#p1
キョーコの気まぐれ日記
http://lutera.org/archives/50015568.html
環境を改善しよう。。
http://blog.livedoor.jp/musosha/archives/50153506.html
チェルノブログ
http://chernoblog.exblog.jp/2613454
m-platz
http://musosha.air-nifty.com/mplatz/2005/09/post_c488.html
チームイワナのブログ作っちゃいました
http://teamiwana.seesaa.net/article/6429855.html
S◎SBLOG
http://blog.goo.ne.jp/sosblog/e/dd6a54a26b260d3f3bbb2f66f19e949e
OZ GARDEN
http://ozlife.blog2.fc2.com/blog-entry-78.html
三途の川の手前より2
http://fidelsl.exblog.jp/1683688
OZLIFE’S DIARY
http://blog.goo.ne.jp/ozlife/e/1cce2c070e8772d398f6d020dbcf1281
ありゃ〜 MY ラブ@海外法律事務所
http://ameblo.jp/artsuma/entry-10003915540.html
むぎばたけ的徒然草。
http://2.suk2.tok2.com/user/mugibatakenikki/?y=2005&m=09&d=01&a=0
たるブログ
http://blog.goo.ne.jp/taiju0/e/f404d9adec3d2473d16c69539bfac414
炎と水の物語  Apprehensio ad ignis et aquarius.
http://blog.goo.ne.jp/rgriggs1915/e/ca224d5b4ed9160821af80b9593b11db
_| ̄|○な感じ。
http://blog.livedoor.jp/crazy55/archives/50050286.html
HIMAGINE SIDE2 @ 東海
http://himagine.cocolog-nifty.com/himagine/2005/09/post_cd0e.html

2005年08月28日

御前崎市3割超に及ぶ10地区約4000戸の「大停電」


25日の台風で、市内世帯数の3割超に及ぶ10地区約4000戸が停電しました。
夕方6時半ころから26日未明まで、真っ暗闇でテレビ、電化製品はもちろんケーブル電話も使えないし、公社の電話もかかりにくく、不安な時間を過ごしました。


 風速40M超の風の音を聞きながら、もしここに東海地震がきたら何が出来るだろうと思いました。
原発はあっても、電気は使えない、事故があっても連絡は来ない、放射能が洩れても目に見えない。
毎年、防災訓練を莫大な税金を使ってやっていますが、いざというとき本当に役に立つのでしょうか。

新潟、宮城と地震の予知は出来ないことは、すでに証明ずみです。
今回のように不安とあきらめを抱えて、身を縮めていることしか出来ない地元の苦しみは、日々排気塔を見て生活している者にしかわからないと思いますが・・・




asane at 12:38|この記事のURLTrackBack(0)

2005年07月28日

ヤバイっす 浜岡原発を止めよう!

東海地震の震源域に原発があります。原発震災を防ぐために、私たちは浜岡原発の停止を求めます。
このアピールはネット上で出会ったブロガー有志たちによる『ブログで囲もう浜岡原発!』という企画です。

浜岡原発停止へ、どうかあなたの力と知恵を! よろしくお願いいたします。

※このトラックバックがご迷惑でしたら削除してください。申し訳ございませんでした。

ブログを「浜岡原発」で検索:
ライブドア
goo
Excite

参考リンク
◆ストップ浜岡
http://www.stop-hamaoka.com/
◆原発震災を防ごう!
http://genpatsu_shinsai.at.infoseek.co.jp/
◆浜岡原発リポート
http://www014.upp.so-net.ne.jp/hamaoka/
◆SENZA FINE 浜岡原発・原発震災
http://senzafine.livedoor.biz/archives/cat_172315.html

■参加ブログ
Watermark
SENZA FINE
環境を改善しよう。。
いっぽいっぽ歩き出そう!
ストップ浜岡原発@ブログ
チームイワナのブログ作っちゃいました
浅根通信 Blog
チェルノブログ
スーパーカブと自転車の日々
キョーコの気まぐれ日記
せいぞんのための日記
HIMAGINE SIDE2 @ 東海
_| ̄|○な感じ。
三途の川の手前より
*ぱいなっぷりん*
いのちのきずな
j3672の日記
ICCで「人間の安全保障」


■上記以外にトラックバックを送信させていただいたブログ
オープンソースによる神学のBlog
http://www.doblog.com/weblog/myblog/9642/1171234
流離人間 日記帳
http://blog.goo.ne.jp/kamacchi_1975/e/003731bc13d901a330583947a2adb19c
はむ一号のブログ
http://blog.goo.ne.jp/telephone55/e/b612a12ed4021c2d71dcd4e48f807b77
ジャーナリズム活動記録・佐々木敬一
http://blog.goo.ne.jp/ssk23_2005/e/93c94cebef2ea589221f5b9840f6de50
とりくblog
http://blog.goo.ne.jp/trick11/e/e752a46cbab107ab9465504afe631d58
MyTown Nagoya
http://blog.mytown-nagoya.com/?eid=152687
美味しい時間
http://blog.goo.ne.jp/cfpk-yuko/e/809d42b088d12477083ad16fdd176395
爺放露愚(ZiziHouLog)
http://blog.livedoor.jp/thinkhand/archives/16963813.html

2005年06月30日

浜岡原発2号機で火事

30日午後9時20分頃、同報無線で火事を知らせる放送がありました。

浜岡原発で火事というではありませんか。
すぐケーブルテレビをつけたのですが、何も放送していません。
中電にも電話しましたが警備員が出て「2号機原子炉建屋の地下2階で煙が充満しているようだが詳しいことはよくわからない」との返事でした。
中電のホームページを見たのですが、出ていません。

不安がこみ上げて来ました。

なかなか鎮火したという放送がないので心配しておりましたが、10時40分ようやく鎮火したとの放送がありました。


その間にあちこちに電話して情報を集めました。
廃棄物を減量のため焼却するところでおきた火事だということがわかりました。出火も9時10分頃ということでした。
「外部への放射能漏れはない」と相変わらずの中電発表です。

今回は幸い大事にはなりませんでしたが(?)、重大事故が起きたときこんな対応でよいのでしょうか。

1号機配管破裂の時もそうでしたが、事故がおきて十何分かは状況がわからず右往左往する空白の時間があります。

チェルノブイリ原発では4分で重大事故になったと聞いたことがあります。

防災訓練は何度も行っているのですから、もう少し住民に早く知らせる方法を考えてほしいものです。





asane at 23:01|この記事のURLTrackBack(1)

2005年06月26日

どちらが正解?

 今日埼玉の方から頼まれて、PR館に行きました。
知らない方でしたが、原発のことを勉強したいから地元の人の話を聞きたいということでした。

 PR館の見学と職員の説明を聞いた後、浜岡原発を考える会の会員三人が話をしようとすると
「変なことを話さないでくださいね」と中電の職員に言われました。

「地震が怖い、老朽原発が危ない」という当会の言い分は「変なこと」でしょうか。
「原発は100%安全です」と断言する中電の言うことは正しいことでしょうか。
両方の言い分を聞いて勉強しようとしている誠実な方にも失礼でしょう。


 原発のPR館ですので、良いことしか話さないことはわかりますが、慢心は困ります。
私達の不安な気持ちも聞いてください。
その上で、間違ったことを言っていたら「そこは違いますよ」ということでしたら議論も出来ます。

 反対を言うことは悪いこと、と決め付けることには納得できません。




asane at 18:57|この記事のURLTrackBack(0)

2005年06月15日

サッポロビールを飲むことにします



サッポロビール静岡工場で、天然ガスのコージェネシステムを導入したそうです。
エネルギー効率を84%まで高めたとの報道がありました。

原発の熱効率は30%、
捨てる温排水で、海水の温度を上げ、生態系を崩しています。

天然ガスのコージェネシステムが普及すれば、遠くから電気を送るための高圧送電線の電磁波も心配することもなくなります。

サッポロビールに敬意を表して、今年の夏はサッポロビールを飲むことにしましょう。



asane at 11:00|この記事のURLTrackBack(0)

浜岡原発5号機で水漏れ



5号機の熱交換器内の冷却水が海へ流れ出しました。
放射能を含まない淡水で外部への影響はないとの発表ですが、信じて良いのでしょうか。

運転開始間もない5号機での故障は、また原発の安全性への信頼をなくすものです






asane at 10:58|この記事のURLTrackBack(1)