同志社大学 浅野健一教授の労働裁判を支援する会 ブログ

2014年4月、同志社大学から追放された、浅野健一教授。 元・共同通信の記者であり、生粋のジャーナリストとして輝かしい経歴を持つ浅野教授は、同志社大学と闘うために立ち上がっています。 これは、闘う浅野教授を支援し、情報発信するためのブログです。

カテゴリ: プロフィール紹介

Kenichi ASANO


PERSONAL BACKGROUND:


Born: July 27, 1948


Nationality: Japanese


Professor of Department of Media Studies, Faculty of Social Studies, Doshisha University

Professor of Journalism, Doctorate Degree Program, Department of Journalism and Communication Studies, Graduate School of Social Studies, Doshisha University, Karasuma Imadegawa-dori, Kamigyo-ku, Kyoto 602-8580, JAPAN


1. Education:

Faculty of Economics, Keio University, April 1968; B.A., economics, 1972; completed journalism studies at Institute of Journalism and Mass Communications Research, Keio University, 1972.


2. Teaching Experience:

Institute of Journalism and Mass Communications Research, Keio University, Lecturer, Journalism, April 1993-March 1995

Professor of Journalism and Mass Communications, Department of Social Studies, Doshisha University,  April 1994-present

Professor of Journalism, Master’s Degree Program, Department of Journalism Graduate School of Social Studies, Doshisha University, April 1994-present

Professor of Journalism, Doctorate Degree Program, Department of Journalism, Graduate School of Social Studies, Doshisha University, April 1998-present

(Newly established doctorate degree program following approval by Ministry of Education, Science, Sports and Culture in January 1997. I was approved as one of five faculty members to open the Doctorate Degree Program. I teach “Ethics of Journalism” and “Research in Mass Communications Law” in the Master’s Degree Program and “Freedom of Communication and Mass Communications Law” in the Doctoral Degree Program)


3. Professional Experience:

Reporter, departments of city news, Chiba bureau, radio & television news, and international news; Kyodo News, April 1972-February 1989

Chief Correspondent, Jakarta Bureau; Kyodo News, February 1989-July 1992

International News Department editor; Kyodo News, July 1992-March 1994

Editorial Writer, Berita Press (www.NikkanBerita.com), February 2004-present

 

4a. Professional Publications (Japanese):

The Crime of Crime Reporting, Gakuyo Shobo, 1984

Criminal Reporting Reform, Nihon Hyoronsha, 1985  

Crime Reporting and the Police, Sanichi Shobo, 1987

The Emperor and the Mass Media, Sanichi Shobo, 1989 (with Hiroshi Sakai)

The Crime of Reporting Extremists, Sanichi Shobo, 1990

Objective Reporting, Chikuma Shobo, 1993

Expulsion Order: 1,200 Days in Covering Indonesia, Nihon Hyoronsha, 1993

Japan Could Become the Enemy of the World, Sanichi Shobo, 1994

The Principle of Anonymity in Reporting Crimes, Gakuyo Shobo, 1995 (with Masanori Yamaguchi)

Japan’s Irresponsible Mass Media, Gendaijin Bunsha, 1996 (edited with Masanori Yamaguchi)

The Age of Media Fascism, Akashi Shobo, 1996

The Crime and Punishment of News Coverage of the Matsumoto Sarin Gas Incident, Daisan Bunmeisha, 1996 (with Yoshiyuki Kouno)

Japanese Universities and the Asia Pacific War, Nihon Keizai Hyoronsha, 1996 (with Atsushi Shirai, et al)

Debate: Do Newspapers Have a Future?, Gendaijin Bunsha, 1996 (editor)

The Second Offense of Reporting Crimes, Daisan Shokan, 1998

The Journalist’s Conscience in Reporting Crimes, Daisan Shokan, 1998

The Emperor’s Reporters: The Major Newspapers’ ‘Invasion of Asia’, Three

A Network, 1997

Aum Shinrikyo and the Mass Media, Daisan Shokan, 1997

Media Lynching, Ushio Shuppan, 1997

From a Hero to a Bomber, Sanichi Shobo, 1998

Wandering Report of Brain Death Transplant, Tsukuru Shuppan, 2000

Imminent Statutory Regulation& Obstacles to Establish Press Council, Gendaijinbunsha, 2002

  To Resist — Chomsky & Asano Talk, Gendaijin Bunsha, 2003 (with Professor Noam Chomsky)

  From the Scenes of Press Assailants, Shakai Hyoronsha, 2003

  Japanese Mass Media and Citizens, Koyo Shobo, 2005

  The Crime of Reporting War, Shakai Hyoronsha, 2006

  Media Frenzy, Shakai Hyoronsha, 2007

  The Saibanin and Crime of Crime Reporting, Showado, 2009

  Way to Abolish Kisha Club System, Gendaijin Bunsha, 2011

  Name Printing Criminal Reporting In Point of Japanese Constituition, Gendaijin Bunsha, 2013 (ed. Shigeaki Iijima)

  Truth of Ichiro Ozawa Incident, Nihonbungeisha, 2013 (eds. Shuntaro Torigoe and Akira Kimura)

  A Gide to Abolish Kisha Club, Shakai Hyoronsha, 2006

  The Crime of 弾圧 Press by Abe Regime, Shakai Hyoronsha, 2015

 

4b. Professional Publications (English):

“Case for the Anonymity Rule,” Daily Yomiuri, Dec. 12, 1987

“Greens field a swamp campaign,” South (business magazine of the developing world), May 1990

“Indonesia’s political dilemma,” Japan Times, Nov. 1, 1990

“Japanese militarism rings alarm bells,” New Straits Times, Malaysia, Dec. 21, 1991

“Trial by media: ombudsman needed,” Tokyo Weekender, June 7, 1996

“Japan’s Troubled News Media,” Christian Science Monitor, Aug. 29, 1997

“Kenichi Asano interview” by Prof. Stewart Wachs, associate editor, Kyoto Journal. #46 special issue on media in Asia, Feb. #54 issue in 2003.

 Full interview on website. http://www.kampo.co.jp/kyoto-journal/

“Japan and America’s War,” Harvard Asia Quarterly, Autumn 2001. (Original title was  “Japanese Self-Defense Forces and the September 11 Terrorists Attacks”)

“Why Japan remains a threat to peace and democracy in Asia: the problem of lapdog journalism / by Kenichi Asano,”  Chapter 12, Censored 2004: The top 25 censored stories, Peter Phillips & Project Censored; New York, Seven Stories Press, 2003

 

Plus several other books, and more than 100 articles in academic journals and magazines.

5. Academic Awards:

American Field Service International Scholarship Exchange Student Program, 1966-1967

Matsushita Foundation International Understanding Research Assistance Program, 1995-1996

Grant-in-Aid for Scientific Research (C) from The Ministry of Education, Science, Sports and Culture, 1996-1997. The theme of my research was “How to Harmonize a Free Press and Individual Integrity.”

6. Civic, Religious and Professional Services:

Received license of English-language interpreter/tourist guide from Japanese Transport Ministry, February 1969

One of the founders of “Liaison Committee on Human Rights and Mass Media Conduct” (JIMPOREN)

Member of Japan Society for Studies in Journalism and Mass Communications

Member of Association of Former Kyodo News Reporters

Speaker on “Problems of Modern Journalism,” Convocation at DMH Hall, International Christian University, January 17, 1985

Workshop Lecture on “Prevention of Crimes and Mass Media,” Japan Society for Sociocriminology, Bukkyo University, October 8, 1985

Special Lecture, The Hyogo Joint Summer Session at Sea, August 1990 and August 1992

Workshop presentation on “Japan and ASEAN,” International Symposium by Institute of International Strategy, Kuala Lumpur, Malaysia, December 8, 1991

Research Meeting Lecture on “Crime Reporting and Crime Rates,” Japan Society for Studies in Journalism and Mass Communications, July 15, 1993

Panellist at symposium on “Indonesian Development and the Role of NGOs,”  Japan-Indonesia NGO Network, July 29, 1993

Workshop Lecture on “Southeastern Asian Press Under Japanese Military Rule,” Japan Society for Studies in Journalism and Mass Communications, Kansei Gakuin University, June 9, 1996

Workshop Lecture on “Prospects to Establish Japanese Press Council,” Japan Society for Studies in Journalism and Mass Communications, Kanazawa Gakuin University, June 9, 1996

Workshop Lecture on “Media Accountability System and Press Ethics,” Japan Society For Studies in Journalism and Mass Communication, Tokyo Joho University, Oct. 26, 1996

Delivered Lecture on “How prominent Japanese newspapers reported Korea’s March 1st Independence Movement in 1919,” International Symposium on Korea’s

March 1st Independence Movement and Non-violence Movement, March 1997

Adviser for Japan Federation of Newspaper Workers Union’s research trip to Europe, May 1997

Delivered lecture on “Privacy and Media” to National Diet Library staff, Oct. 6, 1997

Delivered lecture on “The Japanese Press and Brain Death” at international symposium titled “Psychosocial Aspects of Organ Donation” during International Congress on Psychonephrology, June 2000

Delivered lecture “The Lapdog Press and One-Party Rule in Japan”, ICA 2001 Conference Session #2422: Democracy and Media in East Asia Seminar, June 2001

Delivered Keynote Address “Donation, Transplantation and the Mass Media: the Asian Experience,” Session 3 2, “Who Cares? Donation, Transplantation and the General Public,” The 6th Congress of the International Society for Organ Sharing, July 23, 2001

Delivered lecture “Japanese Self imposed ‘Kisha-Club’ System Decays Investigative Journalism”: Workshop #6, Democracy and Media in East Asia,

Pre-conference of International Communication Association, Yonsei University, Seoul, Republic of Korea, July 14, 2002 

Delivered lecture “Why Japan Remains a Threat to Peace and Democracy in Asia — The Problem of Lap Dog Journalism, International Conference on Governance in Asia, 5-7 December 2002, City University of Hong Kong, Hong Kong, China

 

 

 

Delivered lecture “Why Japan Remains a Threat to Peace and Democracy in Asia — The Problem of Lap Dog Journalism, International Conference on Governance in Asia, 5-7 December 2002, City University of Hong Kong, Hong Kong, China

 

Delivered lecture “Comparative Studies on Media Accountability Systems in the World, “ Fifth Meeting, Alliance of Independent Press Councils in Europe, AIPCE

11-12 September 2003, Stockholm, Sweden

 

Delivered lecture “Crisis and Conflict within Japan’s Lap Dog Press: An Inside Look at Reportage of North Korea and Iraq”: Seminar, Faculty of Social and Political Sciences, University of Indonesia, March 13, 2007, Depok, Indonesia

 

Delivered lecture “International News & The War on Terror,” The Communication Studies Program at Alfred University, March 6, 2009, Alfred, NY, USA

 

Delivered lecture “Criminal Crime Reporting within Japan’s Lap Dog Press: An Inside Look at Media System and Journalistic Ideals in Transition,” Stockholm University & Södertörn University, March 11-12, 2010, Stockholm, Sweden

 

Delivered lecture “Japanese Media and Politics: the Case of Dispatching Japanese Self Defense Force (SDF) to Iraq,” International Seminar on Media and Politics, Faculty of Social and Political Sciences, 23 March 2011, Universita Gadjah Mada, Yogyakarta, Indonesia

 

Delivered lecture “Japanese Media and Politics: The Case of 3.11 TEC Fukushima Disaster,” International Seminar on Media and Politics, Faculty of Social Studies,

Universitas Atmajaya, , 23 March 2012, Yogyakarta, Indonesia

  

7.  International and Other Experience:

American Field Service International Scholarship student, Aug. 1966-July 1967

Member of Chiba Prefectural Friendship Tour to China, May 1979

Member of UNICEF Japan’s study tour to Cambodia, May 1988

Chief Correspondent of Kyodo News Jakarta Bureau, Feb. 1989-July 1992

Member of Editorial Board of Journalism Studies from Sept. 1998-present. The editors will be Bob Franklin (Sheffield University, UK) and Jenny McKay (Scottish Centre For Journalism, Strathclyde University); a third editor will be based in a Department of Journalism in the USA. The first issue was published in January 2000.

8. Research and Teaching:

Comparative studies of media accountability systems in various countries so as to harmonize the rights of a free press and individual integrity and privacy. (I would like to implement the Swedish model of a Press Council in Japan after scrutinizing several problems to be solved.)

Comparative studies to see how the mass media report crimes committed by juveniles in various countries. 

Research on the roles of the mass media in Southeast Asia.

Continued research on journalism in Asian countries under Japanese military rule. (I plan to interview several more Japanese and Asian journalists who worked for Japanese military-controlled newspapers.)

More details about my social activities can be found on the Internet, as follows:

--Homepage of Asano Seminar, Doshisha University: 

 http://www1.doshisha.ac.jp/~yowada/kasano/index.html

--JIMPOREN (Liaison Committee on Human Rights and Mass Media Conduct)  (English):

http://www.jca.ax.apc.org/~jimporen/welcome.html

--KYOTO JOURNAL INTERVIEW (English):

http://www.kampo.co.jp/kyoto-journal/media/asano.html

--SPEECH TRANSCRIPT/BIO -- “The Role of Journalists in Elections in Indonesia” (English):

http://www1.doshisha.ac.jp/~kasano/FEATURES/INDONESIA/elections.html

--HARVARD ASIA QUARTERLY ARTICLE TEXT (English):

http://www1.doshisha.ac.jp/~kasano/FEATURES/2001/harvard.html

--DOSHISHA UNIVERSITY (Professor Asano’s homepage - in Japanese)

http://www1.doshisha.ac.jp/~kasano/index.html

(mostly in Japanese, but includes some “Feature Articles” toward the bottom in English)

--“Thursday Night Talk” excerpts - March 20, 2003 (preface by Professor Kenichi Asano)
http://www1.doshisha.ac.jp/~kasano/FEATURES/2003/e-usafmradiod.html
(radio show transcripts featuring Professor Asano on KHSU-FM in Arcata, Ca.  Professor Asano was a special guest for March 20, the day after the U.S. invaded Iraq). 

 

--Iraqis Testify at War Crimes Tribunal in Japan – July 17, 2004

http://sf.indymedia.org/news/2004/07/1700248.php Print comments.

 (testifying on how Prime Minister Koizumi is responsible for excessive control of the Japanese press in Iraq, thus effectively covering up war crimes from the Japanese public at a war crimes tribunal in Kyoto, Japan. (parts 1 & 2)

 

ワシントンタイムズのQ&A記事

http://www.washingtontimes.com/news/2005/feb/3/20050203-105650-8970r/

 

2005年のクリスチャン・サイエンス・モニターの記事

http://www.csmonitor.com/2005/0616/p11s02-woap.html

 

2007年沖縄からの記事

http://www.csmonitor.com/2007/1023/p04s01-wosc.html

 

ジャーナリズムと言論の自由に関する社会学研究。

表現(報道)の自由と個人(及び団体)の名誉・プライバシーなどの人格権はともに基本的人権であるが、両者は刑事事件の被害者、被疑者に関する報道や少数者の場合にしばしば衝突する。

国境を越えて情報が瞬時に世界を駆け巡る電子メディア時代における表現者、報道機関の倫理をどう確立し、両者の調和をはかるかべきかを検討する。

二つの権利を調整するための法的統制と社会的統制を分析、諸外国のメディア責任制度の国際比較を行う。
          
現代社会におけるジャーナリズムの在り方を検討するために、欧米、アジアと日本との比較を中心に憲法学、刑事法学、犯罪社会学との総合化を試みる。

浅野健一教授の記者としての活動記録

[職務上の実績]


22年間の共同通信記者時代に毎日平均1ー2本の記事を書き、加盟・契約関係のある新聞・放送局が報じた。

入社後に配属された社会部時代には中国から上野動物園に贈られてきたジャイアント・パンダ番記者を務めた。

オイルショックの東京・山谷、大阪・あいりんの日雇い労働者の街をルポした連載記事を発表した。

千葉支局では成田空港建設に関する記事や千葉二、三区で金権選挙を取材。宇野亨衆議院議員の逮捕、川上紀一知事の政治資金問題などで取材班の一員として関東総局長賞を受賞した。

ラジオ・テレビ局企画部では、国政選挙、つくば科学博覧会などでラジオ用の録音構成番組を制作、また特派員の妻による「奥様リポート」を企画。文化放送、FM東京をはじめ全国の放送局がオンエアした。北陸放送、文化放送で出向研修を行い、放送メディアの現場を経験した。

外信部記者と外信部デスクの期間(87年7月から94年3月)は主に東南アジア、軍縮問題を担当した。

88年には、カンボジアにユニセフ(国連児童基金)のスタディツアーの一員として参加、当時日本と国交がなかったプノンペン政権の実態を取材した。プノンペン政権成立後に日本人記者として初めてカンボジアに入った。取材の成果は4回連載「再生めざすカンボジア」(88年3月24日から27日までの信濃毎日新聞などに掲載)、ニュース特集「女たちの国カンボジア」(88年4月26日の南日本新聞などに掲載)として配信。

88年8月30日、ビルマで民主化運動のリーダーに推されつつあったアウンサンスウーチーさんに、国際電話でインタビューした。彼女に記者がまとまったインタビューをしたのは初めてで、彼女が生涯をかけて祖国の民主主義実現に努力すると表明した。日本経済新聞が外信面トップで掲載するなどほとんどの新聞が報道、共同通信の英字配信のKWSでも流れ、外国通信社も転電した。

89年2月からジャカルタ支局長となり、92年7月までインドネシアを取材した。記事はKWSでも配信され、コーネル大学、アムネスティインタナショナルなどのインドネシア研究者の間でも、ジャカルタ発の共同通信電は注目された。

インドネシアはフランスとともにカンボジア紛争解決のためのジャカルタ非公式会合の共同議長国で、カンボジア問題をパリ和平合意まで取材した。92年5月にはカンボジア現地で一カ月取材、プル・ポト派の内戦再開を取材した。

89年12月にイリアンジャヤ州の熱帯雨林で日本の商社が出資した木材会社がマングローブを違法伐採していることを調査報道した。商社は非を認めインドネシア政府も一時営業停止などの処分を決めた。

89年10月と91年11月に独立運動が続く東ティモールを取材して、連載記事を書いた。89年10月10日、ノーベル平和賞を後に受賞したカトリック教会のベロ司教に日本人記者として初めてインタビュー(10月12日の中国新聞など)した。91年11月12日にディリで起きたインドネシア軍による無差別発砲事件では、現地に入り報道した。日本政府はインドネシア政府に対して、真相解明と責任者の処罰を要求したことを詳しく報道した。

スマトラ島のコタパンジャンダム問題で、日本政府が政府開発援助(ODA)で援助供与国に人権・環境面で初めて条件を付けたことをスクープ、91年4月14日の朝日新聞が総合面で大きく報じるなどほとんどのメディアが報じた。KWSでも配信され国際的なニュースになった。政府がここで示した援助に関するガイドラインは、後に政府によるODA大綱策定につながった。

92年7月に帰国後は外信部のデスクとして、24時間入ってくる世界各地の特派員の原稿の処理と、外国通信社が配信する記事の取捨選択を担当した。

ジャカルタ特派員時代の取材をもとに『出国命令 インドネシア取材1200日』(日本評論社)、『日本は世界の敵になる ODAの犯罪』(三一書房)を出版した。東南アジアにおける人権・環境問題では、土生長穂・小島延夫編『アジアの人びとを知る本1 環境破壊とたたかう人びと』(92年5月、大月書店、95ー116頁)に「問われる日本の経済協力」を発表した。

またカンボジア取材は、『カンボジア派兵』(喜岡淳との編著、1992年、労働大学)で第2章「カンボジア紛争の歴史」と第3章「カンボジア派兵ーそのシナリオと反応」を書いた。また社会評論社が編集・発行した『派兵読本』(92年9月)に「自衛隊は現地で歓迎されたか」を書いた。

株式会社共同通信社が発行する『世界年鑑』の87、88、92、93年版で、オーストラリア、スウェーデン、インドネシア、南太平洋諸国などを執筆した。

浅野健一(あさの・けんいち)

 

2017411日現在のプロフィール 

    

1948年、香川県高松市生まれ。

 

6667年AFS国際奨学生として米ミズーリ州スプリングフィールド市立高校へ留学、卒業。72年、慶應義塾大学経済学部卒業、社団法人共同通信社入社。

 

編集局社会部、千葉支局、ラジオ・テレビ局企画部、編集局外信部を経て、89年から92年までジャカルタ支局長。帰国後、外信部デスク。7778年、共同通信労組関東支部委員長。943月末、共同通信退社。

 

944月から同志社大学社会学部メディア学科教授、同大学大学院社会学研究科メディア学専攻博士課程教授(京都地裁民事6部で地位確認係争中)。20024月から20036月まで、英ウエストミンスター大学客員研究員。9612月から9712月まで、同志社大学教職員組合委員長。

 

993月から10月まで、厚生省公衆衛生審議会疾病部会臓器移植専門委員会委員。共同通信社社友会準会員。人権と報道・連絡会(連絡先:〒1688691 東京杉並南郵便局私書箱23号)世話人。

 

単著

『犯罪報道の犯罪』(学陽書房、講談社文庫、新風舎文庫)

『犯罪報道は変えられる』(日本評論社、『新・犯罪報道の犯罪』と改題して講談社文庫に)

『犯罪報道と警察』(三一新書)

『過激派報道の犯罪』(三一新書)

『客観報道・隠されるニュースソース』(筑摩書房、『マスコミ報道の犯罪』と改題し講談社文庫に)

『出国命令 インドネシア取材1200日』(日本評論社、『日本大使館の犯罪』と改題し講談社文庫に)

『日本は世界の敵になる ODAの犯罪』(三一書房)

『メディア・ファシズムの時代』(明石書店)

『「犯罪報道」の再犯 さらば共同通信社』(第三書館)

『オウム「破防法」とマスメディア』(第三書館)

『犯罪報道とメディアの良心 匿名報道と揺れる実名報道』(第三書館)

『天皇の記者たち 大新聞のアジア侵略』(スリーエーネットワーク)

『メディア・リンチ』(潮出版)

『脳死移植報道の迷走』(創出版)

『メディア規制に対抗できるぞ!報道評議会』(現代人文社)

『「報道加害」の現場を歩く』(社会評論社)

『新版 犯罪報道の犯罪』(新風舎文庫)

『戦争報道の犯罪 大本営発表化するメディア』(社会評論社)

『メディア「凶乱」(フレンジー)──報道加害と冤罪の構造を撃つ』(社会評論社)

『裁判員と「犯罪報道の犯罪」』(昭和堂)

『記者クラブ解体新書』(現代人文社)

『安倍政権・言論弾圧の犯罪』(社会評論社)  

 

編著

『スパイ防止法がやってきた』(社会評論社)

『天皇とマスコミ報道』(三一新書)

『カンボジア派兵』(労働大学)

『激論・新聞に未来はあるのか ジャーナリストを志望する学生に送る』(現代人文社ブックレット)

『ナヌムの家を訪ねて 日本軍慰安婦から学んだ戦争責任』(浅野健一ゼミ編、現代人文社)

『イラク日本人拘束事件と「自己責任論」報道』(浅野健一ゼミ編、現代人文社)

 

共編著

『無責任なマスメディア』(山口正紀氏との共編、現代人文社)

『ここにも差別が』(解放出版社)

『死刑囚からあなたへ』(インパクト出版会)

『アジアの人びとを知る本1・環境破壊とたたかう人びと』(大月書店)

『メディア学の現在』(世界思想社)

『検証・オウム報道』(現代人文社)

『匿名報道』(山口正紀氏との共著、学陽書房)

『激論 世紀末ニッポン』(鈴木邦男氏との共著、三一新書)

『松本サリン事件報道の罪と罰』(河野義行氏との共著、講談社文庫)

『大学とアジア太平洋戦争』(白井厚氏編、日本経済評論社)

『オウム破防法事件の記録』(オウム破防法弁護団編著、社会思想社)

『英雄から爆弾犯にされて』(三一書房)

『新聞記者をやめたくなったときの本』(北村肇編、現代人文社)

『プライバシーと出版・報道の自由』〈青弓社編集部編、青弓社)

「週刊金曜日」別冊ブックレット『金曜芸能 報道される側の論理』(金曜日)

『検証・「拉致帰国者」マスコミ報道』(人権と報道・連絡会編、社会評論社)

『抗う勇気 ノーム・チョムスキー+浅野健一 対談』(現代人文社)

『対論・日本のマスメディアと私たち』(野田正彰氏との共著、晃洋書房)

『「ごめん」で済むなら警察はいらない』(柳原浩氏との共著、桂書房)

『冤罪はいつまで続くのか』(矢澤昇治氏との共著、花伝社)

『憲法から見た実名犯罪報道』(飯島滋明編、現代人文社)

20人の識者からみた「小沢事件の真実」(日本文芸社)

『いいがかり 原発「吉田調書」記事取り消し事件と朝日新聞の迷走』(編集代表・鎌田慧ら、七つ森書館)

『冤罪とジャーナリズムの危機 浅野健一ゼミin西宮』(鹿砦社)

オ・ヨンホ著『オーマイニュースの挑戦』(太田出版)、斉間満著『匿名報道の記録 あるローカル新聞社の試み』(創風社出版)に解説を書いている。

監修ビデオに『ドキュメント 人権と報道の旅』(製作・オーパス、発行・現代人文社)がある。

 

資格:1968年、運輸相より通訳案内業(英語)免許取得 

 

ネット情報 

◇浅野ゼミHP http://www1.doshisha.ac.jp/~yowada/kasano/index.html 

◇人権と報道・連絡会 http://www.jca.apc.org/~jimporen/ 

◇浅野教授の文春裁判を支援する会http://www.support-asano.net/index.html 

↑このページのトップヘ