2009年10月09日

袖ヶ浦フォレストレースウェイ走行会



ご参加いただいたみなさんありがとうございました。
またお会いしましょう。

ジーマオカーライフ

2009年08月20日

走行会ご参加の方へ

袖ヶ浦フォレストレースウェイの車載ビデオを見つけました。
コース図と一緒にどうぞ

袖ヶ浦フォレストレースウェイ































アウトドアな感じでキレイなサーキットですね。

70Rから25Rあたりが、危険なにおいがプンプンします。
タイア・ブレーキに負担がかかりそうですね。



2009年07月30日

レーシングスーツの使い方

レーシングスーツを着衣するシチュエーションといえば、

荒井さん















レースをするとき。

写真は荒井自動車商会の荒井さんの後姿。
ツインリンクで行われたアイドラーズに参加したときの写真。

マシンは

荒井自動車商会EP82

















EP82・・・ なつかしい。キレイ(笑


大体の方はレーシングスーツは作業着としてサーキットを走るために着るものですね。


レーシングスーツはフォーマルにも対応します。

こんなレーシングスーツの使い方もあります。


















演奏曲:truth (F1テーマソング)

ヴァイオリンの発表会。

こちらの演奏者、Yさんはレーシングスーツを作るときにヴァイオリンの発表会で着ると言っていましたが、本当に着ています(笑

Yさんからのコメント

この間ヴァイオリンの発表会が無事終わりましたので、
証拠写真を添付致します。

他の出演者の方も本物のレーシングスーツを見るのが初めてのよ
うで結構写真を写されました。

カッコいいスーツを作って頂いたお陰です。有難うございます。


Yさんは発表会のためにレーシングスーツを新調されました。

私も早速町会の盆踊りに新調したレーシングスーツで踊り狂おうと思います(笑

新しいのつくちゃいました!



















さてみなさんは7月22日の日食は見れましたでしょうか?

日食見えました。



















私は見ました!欠けて行く様子を・・・

場所は

場所は富士山



















富士は富士でも、マウントFuji。

八合目付近で日食を見ました。山頂は風はビュービュー、ヒョウは降ってくるわで、耐久レースのドライバーよりしんどかったです・・・

教訓。

富士山は見るもの。

追伸

富士山下山後、体重を量ったら、いつ振りか分からないくらいに80キロを下回りました。

でもレーシングスーツを82キロの体重のときに採寸したので、カラダを戻しました(笑

2009年06月12日

チャンピオンカーが売りに出ています!

テクニカルサービスインフィニティーの大野さんから、
ブログに乗っている写真と同じクルマが売りに出ているよ!

と、連絡がありました。

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f75625152

ホントだ!

みなさんチャンピオンカーですよ!

現在の価格は1万円のようです(大笑

今なら部品取りもついているようです。

私が出品しているわけではありません。


出品者のS君へ。

どうでもいいけどそのガムテープで作ったゼッケンぐらいはがせよ。
かっこ悪いよ・・・

私の事務所にかあってある、あのホンダ車そのものです。
事務所に飾るのをやめようかと思います(笑



asanoyukinobu at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!軽カーレース 

2009年06月11日

事務所の模様替え 第6回。

父の日キャンペーン







事務所の模様替えにあわせて思い出深い写真を順々に飾っています。

思い出深いレース6位。

今年の1月に行われた大沼プランニング主催の7時間耐久レースですね。

image0

















ほとんどの方がまったくお会いしたことのないジーマオカーライフのお客様でした。
お客様限定メールマガジンでご案内を差し上げたところ14人定員のところにはるかに超えるご応募をいただきました。

お客様と一緒にレースを楽しみたい夢はずっとありまして、前年の同じレースにもインフィニティーさんのヴィッツをお借りして参加しているんですね。

image01



















写真は2008年の様子です。このときも盛り上がったのですが、このレースはさまざまなマシンが走ります。ヴィッツ同士で走れば、それはそれで楽しいのですがポルシェや大排気量車と混走では、タイムはともかくみなさんチョット物足りなかったようです。

このレースはマシンチェンジもできるのですが、前年のレースの時にお客様がクラッシュしてしまい、

image02



















こちらで準備したマシンのみで走っていただきたいと思い、みんなが満足できる速さのあるマシンがいいと思いEP82ということになりました。

image03
















ほとんどの方は初めてお会いしたのですが、同じモータースポーツ好きですからすぐに打ち解けました。

また14人のドライバーに楽しんでいただくために、さまざまな方のご協力をいただきました。

みなさん、さまざまなサーキットでさまざまなマシンに普段は乗られているわけですが、いいタイムで走るんでびっくりした記憶があります。

前夜祭も夜な夜な飲んだくれて、大いに盛り上がりました。

こちらのムービーはジーマオEP82シェイクダウンの時のものです。



このあと私自身もEP82に乗ったのですが、想像より速いのでびっくりしました。

このレースのあと、今一度お客様と一緒にEP82で楽しんでいます。
そちらのレースは最終回のお話します。


つづく・・・

2009年06月10日

事務所の模様替え 第5回。

父の日キャンペーン








事務所の模様替えにあわせて思い出深い写真を順々に飾っています。

思い出深いレース5位。

というか忘れられないレースです。すでに写真はプリントアウトし、飾るか飾らないか悩んでいます。

何で飾るのを悩んでいるかというと、説明が面倒だから(笑
でも、ブログをご覧の方にはご紹介しましょう。

時は2005年10月

富士チャンピオンレース第5戦 AE101クラスに私自身がエントリーしたんですね。

fujicham5_1
証拠の写真。














この年はAE111を2台を走らせていたんですが、私自身が乗ることはなく、AE101をもっていたので、だったらエントリーしちゃえ!

こんな軽い気持ちでエントリーしました。

私にしては珍しく真面目に練習しまして、

そうは言っても2回だけですけど(大笑

2分4秒台後半から5秒台ぐらいで走れたんです。
このタイムでレースを走れるとトップ争いできるくらいだったはずです。

そんな理由から2回しか練習しなかったわけですが・・・

そのときの練習の様子はこちら


まだ、後半セクションの走り方はよくわからなかったんですが、
まぁこんなもんだろと。

で決勝当日に事件が起きたのです。

下の写真は、そのとき私がもっていたライセンスです。


JAFモータースポーツライセンス















なんと、ライセンスの有効期限が切れていたのです!(大笑

そんなヤツいますか!

いるんですねぇ。
私自身がJAF戦に出ることが無かったもので、すっかり忘れていたんですね。

私自身もそうですが、一番泡食ったのがFSWのオフィシャル(笑

そりゃそうですよ。

少し駄々をこねてみましたが、認められず、替わりのドライバーを急遽手配し
マシンは走らすことができました。


fujicham5_8

















土下座しているのが、3流サンデーレーサーの私。

そもそも練習のときからなんか調子よすぎるなぁ〜なんて思っていまして、
こんな結果になったわけです。

忘れられない思い出です・・・


つづく・・・

2009年06月09日

事務所の模様替え 第4回。

父の日キャンペーン







事務所の模様替えにあわせて思い出深い写真を順々に飾っています。

思い出深いレース3位で、AE111は少ししか乗ったことがないといいましたが、富士スピードウェイではほとんど乗ったことが無いだけで、こちらのレースでは、練習を含めて50周ぐらいは乗ったかもしれません。

image01



















2004年にツインリンクもてぎで行われたIoy耐です。

富士スピードウェイがリニューアルのため閉鎖され、富士を拠点にレース活動しているASやなぎもとのドライバーとして参加しました。

サーキット自体を走るのがかなり久しぶりで、ましてはじめてのサーキット。
何がなんだかわけが分からないままでした。

今見るとかなり下手なドライビングです。



ギリギリで予選通過。

スタートドライバーで20周でドライバーチェンジ。
7時間の耐久レースですが、そのあとは一回も乗ることはありませんでした(笑

もてぎで大好きなのが130RからS字。

シフトダウンしてS字の飛び込むのですが、なんともいえない胸のすく思い出があります。

image















このシルバーの車両は後のジーマオAE111になり、現在も他のチームで活躍中です。

でもJoy耐はホンダ車のほうがいいと思うのは私だけでしょうか(笑

つづく・・・


2009年06月08日

事務所の模様替え 第3回。

父の日キャンペーン







事務所の模様替えにあわせて思い出深い写真を順々に飾っています。

思い出深いレース3位は、2006年富士チャンピオンレース4時間耐久。

image000















このレースあたりから、自分自身が乗るより、監督するほうが楽しくなってきました。

このレースは2チーム体制でエントリー。



1チームは、優勝を目指すドライバーで構成されたチーム。

この年から4時間耐久レースもシリーズポイントに関係することになり、
年間通してAE111クラスに参戦する、老舗アルファさんのドライバー高木選手と島田選手、天下のヒトツヤマレーシングの御曹司、ヒトツヤマケースケ君の3人体制でエントリー。
image0002



















こちらのチームは高木選手が速いし、島田選手は燃費いいし、ラストのドライバー ヒトツヤマ選手のときに3位走行中、前を走る車がガス欠で劇的な2位になるし、

image0003



















まぁ、見事に表彰台をゲットしたわけです。

まぁ、なるべくしてなった表彰台なわけですが・・・

さて、ネタになるのが(笑
もう一つのチーム。

image001
















こちら。左から辻かずんど選手。あさの父・息子・アライ選手の4名。
あさのは同姓なだけで、親戚でもなんでもありません(笑

みなさんロードスターだったりカートだったり、軽自動車だったりレースを楽しまれている方々なんですが、富士とカローラの組み合わせは初めて。

走ってくる来るたびに、マシンからやな臭いはするし(笑
マフラーは曲がってくるし(笑
ボディは草だらけだし(大笑

極めつけは、ピットロード速度違反をインとアウトで2回するドライバーがいて、
監督の私は、コントロールタワーでこっぴどく叱られるし、

なんとも痛快なチームでした。

合計で3台のAE111を所有したことがあるのですが、まともに乗ったのは、この白いカローラを3.4周しただけ。

この乗った理由がまた痛快で、痛快チームのドライバーが本気チームのクルマに較べて遅い!

と、文句を抜かしたので、オレが乗る!と切れて、練習走行で乗っただけ。


このとき、ドライバーって生き物は面白いなぁ〜と思ったのが、
マシンが悪いと思っている間は、タイムも延びないんですが、

自分より遅いと思っているドライバーの方が速かったりすると、
ポンポンタイムを更新しちゃうんですね(大笑

結果、ボクより速いタイムでみなさん走っていました。

私はマシンに乗るより、ドライバーを観察しているほうが楽しんですね。

こちらは耐久レースではありませんが、富士チャンピオンレースのカローラはなかなか激戦で、見ている人が楽しめるんですよ。



毎レースこんな感じ。
出る必要ないですよ。みるだけで十分ですよ、ホント。


つづく・・・

こちらで黄色ナインさんが、カート耐久レースの参加を呼びかけています。
LANCER evolution IX と 親父の部屋

2009年06月06日

事務所の模様替え 第2回。

父の日キャンペーン








事務所の模様替えにあわせて思い出深い写真を順々に飾っています。

思い出深いレース2位は、トゥディ550のレース。
image02















この写真は特にお気に入りで、デスクの前に飾りました。

あんなにいろんな車乗って、ヴィッツにトゥディかよ。

よく仲間にも言われますが、そうなんです(笑

分からない人には何を言ってもわかりませんのでうんちくはやめておきます(笑


このレースが楽しかったのは、ライバルがいたから。

image03

















25号車はファクトリースズキさん

とっても大人な方で、バトルしていて楽しんですね。
こんな感じです。



なぜ、660ではなく550かというと、25号車が550だから。ただそれだけ(笑

さまざまなサーキットでレースは行われましたが、私はヒーローしのいが好きでした。

image05
















ほとんどがトゥデイ。 楽しかったですハイ。

つづく・・・

2009年06月05日

事務所の模様替え 第1回。


父の日キャンペーン








事務所の模様替えを行っています。
模様替えにあわせて、壁に飾る写真を40枚準備して飾っています。

思い出深い写真を順々に飾っています。

事務所



















何回かに分けて写真の説明をしていきます。

どのレースも思いで深いのですが、
一番印象に残っているレースといえば、これかなぁ。

2007富士チャンピオンレース第1戦



















私のことを知っている方は以外に思うかもしれませんが、
2007年に行われた富士チャンピオンレース第1戦4時間耐久レースです。

ジーマオ★インフィ★ヴィッツ 28号車 のレースです。

42台中42番グリットからのスタートです。

カンタンに言えばビリ。スタートドライバーが3流サンデーレーサーのわたし。

今までビリはこの1回きり。

ドライバーのみなさん非常にやる気が無くて4時間耐久なのに、1時間半ぐらいしたところで、4人中のドライバーチェンジが終わりまして、私とインフィニティーの大野さんは、「もう乗りたくない」と断わったレースです。

いろいろ言い訳はあるのですが、ドライバーのレベルが他の方々と較べてちょっとねぇ〜(笑

って感じでした。



スピードの出ないクルマは、ごまかしがきかないことがよくわかったレースです。

続く。