今日の朝日歌壇から、1首UP。


◆ 戸口から頑固じいさん出て来そう憲法記念日国旗はためく
  (東京都 堀野慶子 高野公彦選)

 【評】めったに見かけなくなった国旗に出合い、その家に住む頑固な老人を想像した。

 ※「今どき門の前に国旗なんか掲げているのは戦争帰りのウヨジジイだけ」と言いたいらしい。「国民の祝日や国家的な奉祝行事には、家々でぜひ国旗を掲げましょう」とHPで呼びかけている靖国神社に喧嘩売ってるんでしょうか。占領下の昭和24年正月3日に、「政府は國旗の現物を配給すべきである」と主張していた朝日らしくもない歌ですね。
 (それにしてもこの歌、「憲法記念日」に状況設定したのも何か意図があってのことだろうか?)
 英国に旅行した時、祝日でもなく官公庁でもないのに街中のあちこちの建物にユニオンジャックの国旗がたくさん掲げられているのを見ました(朝日信者にとっては、英国人はみな頑固じいさんなんでしょうね)。とても美しい光景でした。日本もこんなふうだったらいいのになあと思いました。現在の日本だと、正月や祝日に渋谷や銀座あたりの繁華街で国旗が並んでるのをやっと見られる程度ですからね。
 

 さて、本日帰宅してからPC立ち上げてアクセスログ見てみたら・・・。 「秋山竜太」で検索してきたアクセスが22時の時点で100件超とやたら多く。おや、あの朝日の大麻息子に何かあったんかいなと思ったら、案の定。
朝日社長の長男に実刑1年2月

 麻薬取締法違反(使用)と大麻取締法違反(所持)の罪に問われた元フリーテレビディレクターで、秋山耿太郎・朝日新聞社長の長男竜太被告(35)に対し、東京地裁は29日、懲役1年2月(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 村瀬均裁判官は「別の薬物事件で有罪判決を受け、その執行猶予中であり、責任は重い」と実刑の理由を述べた。言い渡し後、竜太被告に「刑務所生活が長くなるが、社会に戻ったらやり直し、少しでも親孝行してください」と語り掛けた。

 判決によると、竜太被告は3月8日ごろ、東京都渋谷区の東京メトロ渋谷駅近くで合成麻薬MDMAの錠剤を服用した。また同10日ごろ、渋谷区の路上で乾燥大麻約1・4グラムを所持していた。

 公判で竜太被告は起訴事実を認めた。弁護人は秋山社長が竜太被告にあてた「更生が終わったら受け入れる」との手紙を紹介するなどして寛大な刑を求めた。秋山社長は判決後「息子が判決を厳粛に受け止め、しっかり罪を償って社会復帰するよう祈っている。世間をお騒がせしたことをおわびする」とのコメントを出した。
 (2006年05月29日 15:01 速報記事)

麻日新聞>少しでも親孝行してください

 ったって、もう十分親孝行したじゃないか。だって、「ディレクターのようなもの」をやって稼いだ乏しい金で北朝鮮製大麻をせっせと購入&服用し、マカオの銀行口座凍結されて兵糧攻めに遭っていた将軍様に貴重な外貨を貢いでいたんだから。きっと朝日新聞(チョイルシンムン)社長の父親も大喜びだったろうさ。これ以上何を親孝行しろってんだよなあ?

 そして本日はこんなニュースも。
本社「ジャーナリスト宣言。」が広告電通賞の年間特別賞
 2006年05月29日18時36分

 朝日新聞社が「言葉のチカラ」をキーワードに、今年1月から実施した「ジャーナリスト宣言。」キャンペーンの広告が、第59回広告電通賞の「年間特別賞」に決まった。新聞、ポスター、テレビ各部門でも優秀作品賞となった。同特別賞は、社会的に話題になった広告作品の広告主に贈られる。

ジャーナリスト宣言、朝日←ジャーナリスト宣言??

   ァ   ∧_∧ ァ,、
 ,、'` 。゚( ゚^∀^゚)゚。,、'`
  '`   ( ⊃ ⊂)  '`

 社長の息子が大麻やってて、しかもそれを他紙がスクープするまで隠蔽しといて、ジャーナリスト宣言もないだろうに。カンナビスト宣言の間違いじゃないの?
 ま、そうはいっても

>同特別賞は、社会的に話題になった広告作品の

 確かに、2ちゃん社会ではさんざん話題になったからな・・・あれ、ひょっとして釣りだったのか?

※記事が気に入ったらここをクリックして投票願います。