朝日の問題じゃないので深入りするつもりはなかったのですが・・・昨日になって事態は急展開!!

mumurブログ10/30記事
話題沸騰!! 毎日新聞佐賀支局の朴鐘珠記者の名刺を極秘入手!!

朴鐘珠 何と、善良な日本国民の地を這うような奔走の賜物か、犬を食うごとく佐賀県知事に食い付いた残虐な朝鮮人記者・朴鐘珠(=写真)の名刺がネット上に公開されたのです!!

毎日新聞朴鐘珠記者の名刺←これです。
 しかし心優しいmumurさん、「知事記者会見中にいたずら電話をかける人やスパムメールを送る人が現れないように、一部塗りつぶしました」とのこと。

朴鐘珠の名刺2
 ↑なななな何と、肝心の携帯電話番号とメールアドレスが塗りつぶされていて判読できません。何て余計なことをしてくれたんでしょう、これでは心ある善良な市民として行いたい蛆虫朝鮮人本人への抗議行動が出来ないではありませんか!!

 と思いきや、どなたかが画像処理技術を駆使して解読して下さいました↓。
毎日新聞 佐賀支局
朴鐘珠(ばく ちょんじゅ)

〒840-0811(佐賀支局)
佐賀市大財1−7−11
TEL:(0952)23-8108 FAX:(0952)26-1284
携帯:(090)1851-0369
E-Mail:mail@parkchongju.com

 さすが日経の冨田メモ画像を反転させてメモの裏の文字まで解読した2ちゃんねらー有志、今回は黒塗り文字を読み取ってしまいました。いやー、どうやって判読したんですかね。事務局長は画像とかフラッシュとかの技術は詳しくないので到底真似できません!!

 いたいけな日本国民の皆さん、携帯は(090)1851-0369でE-Mailはmail@parkchongju.comだそうですよ。さっそく朴鐘珠君本人に励ましの言葉を贈りましょう!!!

 事務局長は今日、朴本人にではなく毎日新聞に抗議電話してみました。細かいやりとりは忘れたけど、おおよそこんな感じ。
事)この記者は毎日新聞記者という肩書きを背負って、知事の記者会見という公の場でかくも暴言を吐いたのである。当然、毎日新聞という会社の問題である。毎日新聞が会社としてこの記者を記者会見場に送り、こういう質問をさせたという理解でよいか?

毎)いえ、そういうわけではなく・・・。

事)記者会見場は記者個人の演説会場ではない。記者個人がどんな思想信条をもっていようと勝手だが、今回のは、公の場で会社を背負ってする質問としてふさわしいとは思えない。
 だいいち、最低限の敬語も使わないとは何事か。おたくの記者は公の場で天皇皇后と呼び捨てにするよう教育されているのか。

毎)まだ若い記者ですので・・・。

事)30過ぎたら一人前の社会人だろうが! 学校出たてのガキとは違うだろ。普通の日本人なら、こんな場では最低限の礼儀くらい守るよう教育されているものだ。普通の日本人なら、ね。

毎)・・・。

事)だいだいなあ、実売部数が200万足らずの弱小新聞の記者のくせして、長い時間を独り占めして質問してんじゃねーよ。質問時間は実売部数に応じて割り振るべきなんだ。毎日なんてのは読売の1/5程度で十分なんだよ。

毎)・・・・。

事)記者本人に対する処分はどうなるのか。

毎)支局長が口頭で注意した。本人も反省している。

事)口頭で注意しただあ?? 公の場でこれだけのことをやって、これだけ騒ぎになっているんだから、当然しかるべき立場の人間が紙面で謝罪すべきだろうが。

毎)でも、これは記事になったことではないので・・・。

事)記事にならなければ何をしてもいいのか? オフレコではない、公の記者会見でのことだろうが。会見の一問一答がすでに県庁のHPにUPされている以上、事態は公のものになってしまっている。当然、紙面できちんと説明すべきである。

毎)検討します。ご意見承りました。

 最後に、改めてUP。
 記者会見 と 会見動画
 この記者の日本語、確かに朝鮮人くさい発音ですね。
 活字で読んだだけでも呆れたけど、動画で見るともっと驚きますなあ。ぜんぜん建設的とは思えない、ただの執拗な嫌がらせ質問。8分近くもの間、こんな基地外記者の基地外質問を受けて立たなくてはならなかった、お若い知事さんは本当にお気の毒なことでした。

(11/1追記)
 この騒動、とうとうネットメディアに登場しますた!
「天皇が来る意味って?」 毎日記者発言ネットで騒動(J-CAST)

・・・ さらに、どこからの流出なのかは不明だが、2ちゃんねるには、この記者の名刺のコピーと思われる画像(へのリンク)まで貼り付けられ、プライバシー情報までもが書き込まれている。さらには記者の写真と思われる画像までもが貼り付けられている。まさに、ネット上で「さらし者」になっている有様だ。同社佐賀支局によれば、カキコミの実態については認識しているが、名刺や写真といった個人情報までもが晒されていることは知らなかったようだ。

※記事が気に入ったらここをクリックして投票願います。