12月下旬は朝日川柳・歌壇ともネタ不足だったので、ブログの更新をしませんでした。そろそろ、ありきたりな年末の挨拶でもUPして今年の更新を終えようかと思っていたところ・・・。
 livedoorの中の人からメールが来ました。

 内容は何と、前回12/17の記事↓
 北朝鮮シンパの女子大生、いま就職活動中で〜す♪  
 について、誹謗中傷&名誉毀損だから削除しろとの依頼がlivedoorに来ているが、同意するかどうか返答しろ、という趣旨です!!!
 (このメールを全文UPしたいところですが、末尾に「このメール内容の無断転用、転載を禁止します」と書いてありました。どんな権限で「禁止」など命令できるのか疑問に思いますが、とりあえず相手に下手に突っ込まれないよう、UPは見送ります)

 こうして年末に大ネタがキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!
 問題の歌の作者である北朝鮮シンパの同志社大学3年・敷田八千代は、自分のことが書かれた上記の記事をどこかで見つけて読み(ご訪問ありがとさん)、「削除しろニダ<ノ`Д´>ノゴルァ!!」とlivedoorに怒鳴り込んだのでしょうか。何か困ることでもあったのですかね? まさか本当に就職活動に支障が出たのでしょうか? どっかの企業の面接で「あなたって朝鮮学校を応援するコンサートやってた人なんですって?」と聞かれちゃったとか?

 どはははは(^∀^)、そんな言論弾圧に簡単に屈するもんか。ここは北朝鮮ではありませんよ。
 さ〜て、livedoorへの返答期限は1/6とのことですので、あせらずゆっくり返信の文面を考えるつもりです。とりあえず、今考えている論点は以下の通りです。
●「名誉毀損」「誹謗中傷」とのことだが、いったい当該記事のどこがどのように該当するのか、説明が全くなく分からないので、返事のしようがない。

●当該記事の根幹である「問題の歌の作者名をネットで検索してみると、朝鮮学校と極めて親しい関係にある人物だった」「その人物は同志社大学社会学部3年在学中だ」という内容は、新聞紙面やネットで完全に公開されている情報に基づいて書いた客観的事実であり、根拠のない噂話や非公開の個人情報、プライバシーなどではない。

●当サイトに記載されている具体的客観的な事実関係が誤りであるというのなら、削除に応じる。たとえば、朝日歌壇の歌の作者である「敷田八千代」氏が、朝鮮学校応援コンサート運営者の「敷田八千代」氏と同姓同名の別人であり、全く無関係である、という場合など。
 しかしそうでないのなら、削除に応じる理由はない。

●歌を実名で投稿したことも、親北朝鮮の教官のゼミを選んで入ったことも、朝鮮学校応援コンサートをしたことも、朝鮮新報の取材に実名で応じたことも、すべて当人が自分の意思で行ったことである。そのことを指摘されて批判されたり、不利益を蒙ったりしたとしても、それは当人の責任であり、自業自得であろう。

●当サイトの運営趣旨は、朝日歌壇という公開の場に掲載された歌の内容を政治的立場から論評するものである。必要に応じて作者についての情報にも触れる。今回の場合、歌の内容を理解するために作者の政治的立場について言及することは有益なことであり、表現の自由の範囲内であると考える。

●批評目的で朝日歌壇の作品および朝鮮新報の記事を引用することは、著作権の許容範囲内である。また、記事で歌の作者名を明記したのは、著作者人格権の保護に基づいた行為である。
《参考》著作権について(「狂想 主に朝日のゆんゆん投稿」さんブログより)

 こんなところです。皆様のご意見をお待ちしています。

(続報記事)livedoorによる言論弾圧〜これって新手の脅迫!?(2007/1/7)

※記事が気に入ったらここをクリックして投票願います。
【この年末、注目の新刊】
これでも朝日新聞を読みますか?
 産経新聞・山際澄夫氏が朝日の報道をメッタ切り!!
危ない中国 点撃! 福島香織の「北京趣聞博客」
 この本が原因で、産経新聞・福島記者は危うく中国政府から国外退去処分にされかけた。いま話題沸騰の本!!
僕は在日「新」一世 (平凡社新書 397)
 在日韓国人による、わりと公平な在日論のようです。