もうアホみたいに見まくってました。
見ながら簡単にメモした程度なので、レヴューでもなんでもないんですが。
あと少し見てから期間が空いたので…
まぁ、ただ感想を書き殴りたいだけって感じです!(汗)

 


▼Be boy kidnapp'n idol
↑どれが大文字かとか記憶してないです。
・一体この作品はなんだったのか…?まぁBLといえばそうか…。おおや先生作画なので少女漫画なテンションはありましたかね(笑)まぁ相当昔の、耽美の実験的作品なのでしょう。
・意外と作画がよくできてる。が、BGMの感じがあまりに昔すぎて…挿入歌とか凄いな…とにかく無駄にうるさいしいちいち恥ずかしかった!
・速水社長と池田取締役とか最強の会社すぎる…!!でも速水さんのキャラまじ怖すぎ…肌の色白すぎだろ。
・主人公の声は素で女の人だと思っていました。うっそ佐々木さん!?全ッ然わかんなかった!!


▼LEVEL-C
・さすが…アニメでみるとより協力な“目力”でした。でけぇ…。
・主人公、頭がおかしすぎる。攻も嫌すぎ…性格破綻者、腐ってるよ!この人らの恋愛感情は一体どこから生まれたんでしょーか。
・分かった!このアニメはエロのための作品なのでしょう。すげーーーーーッ!!!ブツが…透明ながら映ってるよぉぉー!!?これはたまげた!18禁アニメだったんですかこれ?私が見たのはモザイク修正かけてありました(笑)
・いやーーーーーエロい作品でした。キスシーン180度回転カメラワークときたか…。「瞳を閉じて~♪」


▼キレパパ。2
・メモ見たんですが、色々崩壊してました(笑)
「やばい!!!!ハァハァハァハァ
 すわべ受…すわ…べッ…(ゲフゥ!!)艶っぽー!!」
櫻井×諏訪部シーンの感想です(笑)
「サクモリイイイイィィィィ」
櫻井×森川シーンへの感想です(笑)いやまさかこんなオイシイシーンがあるとは…。
・えちシーンがほとんどなかったのも最近のにしては珍しいですよね。でも面白い作品ができたなと。ギャグ(ってか親2人のリアクション)がほんと楽しかったです。


▼間の楔1
・今まで聴いたことのある吉原作品がダメだったので、どうかなぁと思ってたんですが…これはまたとてつもない作品でしたね。これは凄かった。長年支持されてるのが分かった気がします。
・またまたすんごい世界観のある作品ですね…近未来か…BLで近未来って凄いよなぁ。背景やキャラクターの衣装なんかも良くできてたよ…。ただ知らぬ単語やカタカナばかりで「は?何それ」ってなるのも多々ありやしたが。
・実は塩沢さんのBL作品初めてでした。うわ~、やばい…囁きが…///
・ち○こリング!?!?ね、ちょっとサラッと凄すぎませんこの設定?
・悲しいけど、何ともいえぬ見ごたえある作品だったことは確か。喘ぎや描写ががっつりあったわけではないのに、こんなにエロイものをお腹いっぱい見た気がするのは、絵が美麗すぎるから?塩沢さんが凄すぎるから??(あのキャラデザもやばいっすよ…)

▼間の楔2
・い…いきなりエロ度が…グーーンと急上昇!!キャーーー!!せせせ関さんのイキ声…(うおぉぉ)初めて関さんのマジなの聴きました…。
・「愛してた」って直接…言ってあげたら…よかったじゃん…えぐ…えぐえぐ。マジで凄い話でした…。マジで…悲しかったなぁ…。他のBL作品とは全然違った雰囲気。こんなんなかなか見たことないよフツーのアニメでも。本当に壮大な作品でした。でも久しくBAD ENDな作品見ました(HAPPYととるべきなんだろうな…)やっぱ嫌だ…でもこの作品はこの終わり方がイチバンなんだろうなとは思えます。色々衝撃的でしたが、とりあえずBLのレべルで話す作品ではない気がしました。
・でも……それは斬っちゃあかんて…。色々エグかったっす。

▼間の楔(remake)
・まさか、現在進行形でリメイク、かつ全13話でOVA化なんつー凄いことになっているなんて知りませんでした!思わず制作HPに行ってしまった。20年前の作品ってマジかよ!?知らないはずだよ私…(苦笑)BLってそんなに時代があるものなんですね。昔は昔で素晴らしい作品があったんだなぁ。これは原作読んでみようかなと思う作品でした。
・新verのPV見たんですが、うーん…やっぱり…塩沢さんが…。イアソンは塩沢さんしかいないですね。大川さんも大川さんらしからぬ声色で演じられててそれはそれで驚きはしたし、役を作ってる感じはしたんですが。やっぱりこの作品は過去のキャストが良過ぎた気がしますねー…。ただ、リキ役の伊藤さんの喘ぎがものっっそエロすぎて…その間は身体が硬直してました///


▼FAKE
・うわ~~~~!!!OPがちゃんとある!!凄い!!メッチャ凄いOPだ!!ちゃんとしてるわ~~!!
・絵は酷い!原作もこうなの?うそだー…もうちょっとどうにかして欲しかった、内容がまぁまぁよかっただけに。
・まさかのアメリカ人話とか、殺人事件とか、驚きながらもBLアニメとしても普通のアニメとしても面白かったです!ギャグで(笑)まぁ犯人も展開もバレバレな内容でしたが、ギャグの面白さでカバー。
・ただなぁ、やっぱ死ぬ運命にある人に愛着が湧くようなエピソード入れたらアカンて…。殺されたの見てむっちゃ悲しくなりましたよ。コナンでも仲良しは死なない筋になってるじゃないかぁ、その禁を破ったらそれはシリアス漫画だと思う…。
・恋とギャグと大人な事情や事件がうまく入っていて良作だったのではと思います。これはヘタレ攻ってジャンルに入るのかなぁ?攻の性格が面白くてよかった。
・とにかく女性キャストがすごい!!!松本梨香さん、山崎和歌奈さん、井上喜久子さん、岡村明美さん…すごすぎる!
・2人のガキんちょは一体何なのかわかんなかったし、CP2人の同居の経緯もわからなかったし、続きも気になるしで、原作読んでみようかなと思いました。
・でもバイクで潰されたら死ぬって絶対…。


▼KI・ME・RA
わんわんがーーーー!!うわ~ん!(最初のシーンで犬が酷い死に方をするので)
・うっわこんなアニメあったんやー!すんげ~~。昔BLアニメはフツーの扱いで金かけて作られてたの?と思えてきた。すごいちゃんとしてるんだもん。でももしかしてこれはBLというくくりではなかったりするのかなぁ?まさかの両性体だもんな…。
・とりあえず私はニガテです(T_T)きもい!!人が惨殺されたりグロ怪物出てきたり…うお~~ん!絵がキレイな分余計にコエーですぅ。キメーー!!エグさに思わず目を閉じたシーンもありました…うげぇ。
・でもでもホントに絵が綺麗。ドキドキする。話や設定もよくできててスリルもあって面白い。
・あーー!!何だかなぁ…EDが悲しすぎました。


▼Lesson ××
・OPが凝ってる(笑)キャストの出し方が映画ちっく。
・「コ○ドームを“コンドウさん”というのはゴムというより使えると思いました(笑)」←こーいうくだらない感想もメモしてます。
・この作品は物凄く好みでした。凄く雰囲気のあるとてもよい作品。青少年2人が戸惑いながらも恋人、それも男性への気持ちに向き合っていく作品。こういう、いたって普通の舞台で充実した面白い作品になってるっていうのが、私の一番たまらないパターンです。
・よくできてる作品でした。何より女の子がきちんと作品に携わって生きているということ。すごくちゃんとした青春高校生物語で、自然な感じがすごくいい。
・小道具の使い方が非常に上手いと思いました。
・正直どっちが受なのかは最後まで信じたくなかったかな;2人はリバがいいんじゃないかなぁ…。リバに見える作品ってのもなかなかないからそれはそれでいい気がする。


▼放課後の職員室
あーーーーー。全然動画になってなくてイライラする。場面転換にいちいち小暗転を使うのにもイライラする。とりあえず面白くない。色々ヘタクソ。
・涙が流れる音が、アンパン○ンあたりで聞覚えのある効果音で…。
・これは完全にアニメ化失敗作では。ホント意味わからんし台詞は心に響かんし動かし方ヘタクソやし、途中で見るの放棄したくなるような作品でしたー。


▼絶愛 1989
・マッドハウス!?マーガレット連載!?
・しょっぱな見てて、キャプ翼かと(笑)何故彼はサッカーシーンになると劇画調になるのだろう…(笑)
・そうか…速水さんの前では子安さんも受になってしまうのか…(笑)
・ヤバイ…面白い…これ、面白い!正直感想書いてるヒマなく見てました。
・最後、涙目でした。なんだこれは…物凄く心に突き刺さるような作品でした。

▼BRONZE 絶愛 1989
・キャラデザ変わりすぎじゃね?まぁ恐らく作者の絵もこう変わったということなのでしょうが…個人的に前作の方が好きだったかな。
・そっか…絶対なる愛、かと解釈してたんですが、“絶望的な愛”なんですね…。でも絶対的って意味合いもあるんじゃないかと思ってます、深すぎるよこの愛情、感情は。
・結局こりゃ…BAD ENDなんだろうか?この2人は本当に波乱万丈すぎるんじゃ…もっと、素直に愛し合えないのだろうか…?その辺の低俗BLが軽~い作品に思えてきますね(苦笑)
・ちょっと原作を見たくなりました、こんなに追い詰められなくても…ほんと苦しいもどかしい話でした。


▼KIZUNA1
・展開はや…くは、ないのかな?ウーン、よくも悪くもですねぇ。絵はいいんだけど、なんかオモシロHさはあったか(笑)何とも感想書き辛いなぁ…。
・置鮎さんのこういう役は相変わらずピッタリでエロかぁ~でした。藤原攻、しかも大阪人っていうのもビックリ。
まぁ、そうだなぁ、バトルものでした(笑)

▼KIZUNA2
・やっぱ1は導入だったのか?2になってから面白くなってきました。
・なんですかこの大塚明夫×堀川りょうCPは…!!こ、こっちのが萌えるやんけ…!!もっと見たかったー!!

▼KIZUNA3
・1・2と違って新しい時代に作られていたんですね!画質の違いに驚き。キャストの違いにはガッカリ…。「恋のから騒ぎ」ってタイトルはどうかと思いましたけど、それ以外はよかったです~~!!前2作は一体なんだったのと思えるような、良くできた3作目でした。すんごい面白いし。初見でも内容がよくわかるし、過去のエピソードも上手く入れて、2人の恋愛がよくわかった。そう、そこには萌えという文字がありました。ギャグと恋とを上手く混ざり合わせた良作でした。これなら原作続いたわけがわかるわ~。
・OPの裸率の高さにビビリました!!エロッ。本編はエロシーンはなかったんですが(?)キスシーンの見せ方がやたらムードがあってこっぱずかしかったです。
・ツボは渕崎さんのニューハーフ役でしょう…最強すぎました。


▼腐った教師の方程式1・2
・すごいなぁ…こだか先生って昔(今も)はすんごかったんですね。どんだけアニメに携わってんでしょうか…。あとやたらとスタッフに同じ名前を見るんですが…ねぇ!!
・すごい…BLとは思えないテンションの高さです。おもしろーい。ヤンキーばっかってのも新感覚。でも、あんまりホモは感じない作品でした。一体どこが真相CPなのかわかんない(笑)かといってホモ抜きで面白い作品かというとそうでもねーしなぁ…。
・色々ブッ飛び感はありますが、それは昔の作品ということでご愛嬌。ヤンキーアニメになったりバスケ漫画になったり、アクション映画になったり色々ありました。
・個人的に難波さんがこういうのに出ていて、しかもキング・オブ・受という役柄にビックリしてしまいました。堀攻もすごいが…。
・うーん、ごめんなさい。やっぱりこういうカワイ子役に檜山さんはキツイかなぁ…;


●ここまで通して…
見すぎ、でしょう(苦笑)あと何作かまだあるので見ますが、冤罪だけは見れる気がしないんだよな…。どうしたものか。
過去の古い作品も見てみて、BL作品が本当にベテランの方に支えられて成り立っていたのだと思いました…。とくに速水さんと塩沢さんは印象深かったデス…。何で私お二人の出てるCD持ってないんだろうか?ダメですねこれでは。
とにかく思い切って見てよかったです!凄い作品に多々出会えた感じ。
こうして私はBLアニメしか見られない体になっていくのかもしれません…。