2019年09月16日

コラム 060 宅配便再配達問題

数年前からこの問題が大きな問題として
宅配業界で言われ続けていますね

いわゆる
人手不足による配達回数の増加に対応が大変
そのために起きる経費の増大

私これずっと
お前らの問題だと考えていました
〆本的に一部の取扱業者にかせる宅配料が極端に安い
  ほかの宅配業者に大口顧客をとられまいとするための価格競争
  これが業績の悪化と個人客の高い宅配料にかかってくる
安い賃金で重労働をさせるため慢性的人手不足

今でも基本的にはそう思っています
私の会社でも
以前共和国のDr様へ配達する時
個人で配達依頼をせずに会社から出せば
通常の1/3の値段で出すことができました

大口顧客の優遇は
これはあって当然のことで
これに対しては〇Xの問題とは思っていません
その価格設定が問題です

さて本題に入ります
私は一人暮らしの男ですから
基本買い物なんてしません
ショッピングを楽しむなんてことは全くありません
ただ必要なものを
その必要の至急さと販売店の形態によって
スーパーに買いに行くか
会社の昼休みに店に買いに行くか
通販にするか
そう分けています
根が面倒くさがりですから
通販が人より多いのも事実です

その通販をよく利用するわけですが
配達の日時指定がほぼすべてできるのは
ここ最近になってからです
以前は楽天市場内のお店でさえ
その店の利用する宅配業者との関係で
指定ができないところがありました
安くする代わりに
日時指定は受けない・・・・・
そういう宅配業者があったわけです

これでは
宅配業者自ら再配達を増やしているようなものです
発想の仕方として
宅配業者や販売店は
商品を発送して終了・・・
そういう発想から抜けることができなかったのです
通販の最終ポイントは注文客が受け取って終了です
全てにわたり
次の段階に投げ出して責任は終わりという
無責任な発想がなせる悪循環だったと言えます

その代表的な企業がア〇ゾンでしょう
とてつもない無理難題を宅配に押し付けていたのですから
ヤ〇トが撤退するのは当然のことでしょう

さて
注文する側も気をつけねばなりません
誰かがいつも家にいる家庭や
誰かがいるオフィスでは関係ありませんが
私のように配達可能時間に家にいる確率が非常に少ない場合
注文する時に指定をしないと
再配達させることになるのはもちろん
通常受け取れる日よりも1〜2日遅くなってしまう恐れもあります
再配達のピラ紙が新聞の中に入り込み
旅行中のあとに新聞をそのまま見ないでいた・・・
なんてことは過去にありましたし

別の問題として
先月あったことですが
ある通販で衣料品を注文したところ
出勤前にしたため最後の確定を急いでしまいました
そうです
日時指定をし忘れたのです
ただの注文ではなく裾上げがありましたので
翌日発送ではなく
約5日間の猶予の中での出荷ということでした
それで通販会社に連絡して
まだ出荷前なので
指定をその猶予日以降で
再指定してほしいということを頼むと

「システム上出来かねます」
「出荷した時に宅配ナンバーをWEBで表示するので
 その番号で宅配会社に連絡を取り指定してください」

そういう答えを貰いました
もちろん訳しますと

「そんなことは面倒なのでしていません」
「後は宅配業者にしてください」

というより
先ほど書きましたように
顧客便利の視点ではなく
面倒なことは自分の次の段階に丸投げする・・・名残でしょう
注文の際に日時指定できるようにしてるので
自分たちの役割はそこで終わりと考えているわけです
まあ・・・それが不正解とも言い切れませんがね

さて
私の会社でもそうですが
「システム上」という言葉は最近印籠のように使われます
システム上出来ないことは
もちろん理解できます
しかし
そのシステムを作り上げたのは
あるいは採用したのは
自分達だと言う認識が殆どありません
だからシステム上顧客の希望が叶えられないことに
なんの申し訳のなさも感じてないのです
まるでシステムは神のごとき存在です(笑)

私なんかは
システム内で出来なければ
あなたが手で書き直せ・・というのですが
そんなことを言い続けると
今の世の中モンスター扱いされます



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック Share on Tumblr コラム | 生活

2019年09月13日

2018年11月 予定になかった台湾 8/8最終章

機内食サービスが終わる頃には
飛行機は鹿児島辺りを飛んでいました
帰りの航路は行きより南側をとるのが通常ですので
左の窓からは桜島が見えました

DSC03144

少し噴煙が上がってるように見えますね
ズームアップしてみますと

DSC03146

余計わからなくなりました……
でも雲の色が違う部分があるので
噴煙でしょうね

機内食を食べ終わりますと
今までは台湾烏龍茶の凍頂茶をいただいていたのですが
そのサービスをANAはやめましたので
仕方なくコーヒーをいただきました

DSC03148

日系の航空会社のコーヒーは
基本的には美味しいです
味覚の落ちる低圧の機内でいただくため
普通よりは焙煎が深くなってるようです
なのでイリーとかスタバ等のコラボコーヒーは
機内では美味しく感じません

富士山は先っぽだけ見えました

DSC03150

この写真は実際とはかなり違い
すごく加工しています
実際には下のような明るさの中の飛行でした

DSC03151

羽田に着いた後は
急いで国内線乗り継ぎカウンターに行き
伊丹行きのアップグレードを試みました

元々20時過ぎの関空行きの予約ですが
19:20発の伊丹行きに変更して
尚且つアップグレードして
宅空便で荷物を送る
私の乗り換えの係りはいつも大変です(笑)
研修生バッチがある人に会うと
最初からベテランと変われと言わないと
時間がかかって
チェックイン締め切り時刻を
越えてしまう場合があります

無事全て順調に終わって
ANA40便のプレミアムクラスに着席しました
機材はB777−200ERです

DSC03154

機内食のお弁当は夕食仕様
奥がコールドミール
手前がホットミールです

DSC03155

この量で出る幹線路線の時は
私はご飯と味噌汁をいただきません
全部まんべんなく食べると
時間がギリギリになるからです

この時のフライトは
私のせいではない出発ディレイでした(笑)
当然この路線でこの時間帯
少しでも時間的にずれると
伊丹着陸もスムーズにはなりません

DSC03156

奈良盆地まで来ているのに
ポーンが鳴らないのでおかしいなと思ってたら
なんか
東京方面に逆戻りしてますね

DSC03157

結局3回転してやっとポーンが鳴って
生駒山系を越えて行きました
1回転は時々経験しますが
複数となると8の字回転するのですね



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(4)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | 台湾

2019年09月11日

2018年11月 予定になかった台湾 7/8

1日1人でゆったり過ごして
翌日は帰国します

この時は松山機場発で羽田経由でした
成田経由の方が安いのは確かなのですが
この時の復路は
日本を年末に出発する便のため
その差があまりなく数千円でした
なので
羽田経由にしたのです

DSC03136

この整然と並んだ2人席の列は
私がこのラウンジが嫌いだと言う最大の理由です
狭苦しく面白味にかけるのです

なので1番右奥の
6人席でゆったり過ごしたいのです

DSC03133

ラウンジメールは少し増えていました

DSC03138

炒ビーフンと小籠包ですね
赤いジュースはオーダー制です

他の焼売類もなくならず健在です

DSC03134

このラウンジは収容人数のわりに
ブッフェエリアが小さいので
画期的に増えることはありません
お皿の上の赤いペーストは辛そうに見えますが
辛くありません
どちらかと言えば酸味の方が勝っています

乗りましたのは13:30発ANA羽田行き
NH852便です

DSC03139

この路線は
松山機場に12:30に着いて13:30に出発
この時刻は年間を通じて固定です
夏と冬では行きと帰りの飛行時間が
異なるのはご存じの通りですよね
それを羽田の出発時刻と到着時刻で調整しています

使用機材は行きと同じでB767−300ER
今ではもう787に戻っていますが
このころはまだ787が復活していません

冬の帰国便は飛行時間が短くなるため
レベルに達する前にポーンが鳴って
サービスが始まる場合があります

DSC03140

この時も2万7千フィート位でポーンが鳴りました
その後徐々に高度は上がり続けます

機内食の選択はやはり洋食にしました

DSC03141

前菜は生ハムと蟹のサラダ

DSC03143

右の方はピクルスでした
そしてメインは

DSC03142

牛テール煮込み
はい
これは美味しいのです

ただ
牛テール煮込みをレストランで食べるのと
機内食で食べるのとでは
いろんな違いが出ますので
その辺りを踏まえて美味しいかどうかを書いてます
このアントレが
レストランで出てきたら
あまり美味しくなかったと書くかもしれません



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | 台湾

2019年09月09日

2018年11月 予定になかった台湾 6/8

台北3日目
奴にとっては帰国日ですが
私はもう1泊します

花華大飯店の朝食では
野菜もとれますが
中華のおかずもありますので
それをトッピングしました

DSC03122

台湾では
野菜サラダのドレッシングは
長い間サウザンアイランドだけでした
今は和風とかが人気ですが
ランクの下のホテルでは選択の余地がないのです
ここもそうでしたので
お粥用の味の濃いおかずをトッピングしたんです

奴を桃園空港まで見送って
私は少し板橋によってから花華に戻りました
そして引っ越しです

花華に泊まっていたのは
奴の要望でした
台北ではこのホテルには2度泊まってるので
彼にとっては慣れていて場所感があり
自由行動のあと確実に戻れる点
そして何よりお値段ですね

引っ越し先のホテルは
私の常宿です

DSC03130

1番奥のスイートルームを壊して
ラウンジにしたことは書いたと思います

DSC03131

今回は利用者がいなかったので
写真を撮れました

DSC03132

簡単なキッチンもありますので
軽食もここで食べられます
もちろん自力で調理です
何よりもコーヒーマシンがあるのが
私にとって何より嬉しいことです
いつも私はコーヒーの挽いた粉と砂糖とポーションを持ってゆきますが
このアジトを利用すると
その日数分持ってゆく量を減らせます

昼からはゴロゴロして
日が暮れてから寧夏街に出ました

この時は新しいものにチャレンジするつもりでした
まずはいつものやつ

DSC03123

赤肉蒸餃と酸辣湯
そして初めての挑戦は
起司章魚焼

DSC03125

起司はチーズですね
章魚はタコです
意味としては焼きだこのチーズがけですが
看板の絵からするとチーズ入りのたこ焼きです

DSC03124

ただ
たこがサイコロ状の切り身ではなく
小だこのゲソの部分が
まるごと1匹1個に入っています

DSC03126

あとはたこ焼きそのものです
ソースを塗り
木の舟に盛り付けています
確実に日本の様式ですが
私としては葱のトッピングが嬉しい限りです

お味はね
こんなものだ……です
このお店は
なぜたこ焼きはうまいのかが
よく分かってないようです
1にソース2に生地です
2を全く気にしてないようでした

大阪のたこ焼きを見るとわかると思いますが
最初の生地・・・しゃぶしゃぶですよね
そのくらい薄くなければならないんです
ここのは少し濃い目で
焼き上がりは団子状態
味は生地に出汁を入れてないのか
メリケン粉の味しかしませんでした

最後は串焼き屋さんで焼鳥です

DSC03127

日本と華圏
焼鳥串焼きがどっちか上かと比べるのは
無意味なことです
どっちもお店によるわけです

DSC03129

ただ
私が思うに
日本の焼鳥は焼くことに重きがあります
そこに執念のようなこだわりがあります
そしてタレですね
華圏のは焼き方のこだわりが
日本ほどではないように思います
味付けで他店との差をつけてるようですね



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | 台湾

2019年09月06日

2018年11月 予定になかった台湾 5/8

大滝への見学の後は
十份→瑞芳→七堵→基隆と
台鐵で移動しました

基隆站は久しぶりに行った人には
どこがどこだか解らないほど
駅自体の場所が変わっています
前回来た時にそれを経験してますので
この時は迷わず
目的場所まで行くことが出来ました

DSC03105

廟口夜市です

ここは私が提案したのではなく
奴がテレビで紹介してたのを見て
行きたくなったらしいのです
テレビでは
夜市のとあるサンドイッチ屋さんが
大変美味しく人気で
いつも行列ができて大変だと言う紹介だったそうです

長年の台湾経験で
「それはテレビ的な盛りに違いない」…と直感しました
古くからやってる屋台店が
ある日突然超人気店になるなんて
まず考えられませんし
実際に超人気店であれば
何十年も夜市にいるわけはないのです
天秤での成功⇒屋台での成功⇒夜市での成功
そして
店舗を構える⇒2軒目を出す⇒チェーン展開する
これが台湾での道筋です

DSC03106

このお店です
確かに人気店ですが
「人気」の前に修飾の言葉は付きません
3〜4人並んでる位です
超人気店と言うのは
寧夏街の牡蠣屋位にならないと言ってはダメです

結局
奴は食べてみて
「美味しいけど
 日本人には不要なものが入っていて
 あまり好きな味ではない……」
と言う感想になりました

そう言うことで
そのあとは基隆の名物を食べさせました

DSC03108

左は油飯
右は螃蟹羹
おこわと蟹のとろみスープです
これは間違いなく美味しいです

DSC03107

そして一口吃香腸

DSC03112

その名の通り小さなソーセージです

DSC03111

これはもう皆様ご存じだと思います
好き嫌いが別れる食べ物です
私は甘めだけどまあまあかなと思ってるのですが
奴は多くの日本人と同じで
あまり良くなかったようです

そしてこれも
私はやめておけと一応言っては見ました

DSC03114

かき氷屋です
台湾のかき氷は有名で
大変バラエティに富んだメニューもあるのですが
全てのお店が良いわけではないのです

DSC03115

こう言う地方都市の古い屋台では
単なるかき氷なんです
雑誌やテレビやSNSで騒がれてるのは
都市部の一部のお店だけです

加えて書いておきます
同じことがタピオカミルクティにも言えますので
台湾に行かれる方は
町中にタピオカがあふれているなんて思わないで下さい

最後に
基隆名物ではないですが
廟口夜市名物の天婦羅です

DSC03117

以前紹介しましたが
いわゆるさつま揚げです

DSC03116

魚のスリミ大好きな私には美味しいものですが
そもそもさつま揚げが好きではない人には
少し油きつい食べ物のようです



asato8686 at 05:30|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | 台湾

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ