ランキングはこちらをクリック!

2018年04月20日

2017年2月 那覇への新コース 3/4

福岡空港は当時まだ工事中でして
どこをどう通ったのか
まったくわからないまま進んでANAラウンジに到着しました

DSC00401

この入り口から入ったということは
優先レーンを通過して入ったのではないということでしょうね
この空港にはそういうレーンがあるはずです

I氏がおっしゃるには
あまりよろしくないラウンジのようなのですが

DSC00403

私はそんな風には感じませんでした
客層が悪いのでしょうか(笑)

逆にこのラウンジの中にある
一見無意味な空間などは私は大変好感を持ちました

DSC00405

数年前世界一周旅行をした時にもあった空間です
さすがにくたびれてきているようですが
落ち着いた異種な空間ではあります

もしろんスイートラウンジではありません
ANAラウンジですから赤いアルコールジュースではなく

DSC00402

麦の泡で旅の安全を祈りました

このラウンジには喫煙室もあります

DSC00406

ラウンジを作った時期が
まだ喫煙室を作るのが普通・・・という時期だったのでしょうね
今ですと新千歳のように相当スペースがない限り多分作らないと思います

さて
乗りました飛行機は10:00発ANA1205便の那覇行き

DSC00408

使用機材はB767−300ERのスターウォーズジェットでした

DSC00407

国内線用のB767−300ですがERです

私のブログに来てくださってる皆様ならお分かりですが
このERというのは
エキストラ・レンジという意味で
航続距離を伸ばしたタイプ・・・ということです
今は懐かしいB747クラシックでも
B747LR
B747SR
などという呼び方のがありましたね
これも
LRはロングレンジ
SRはショートレンジという意味です

JA604Aという期待番号で検索するとすぐわかりますが
私のような半マニアは
そうではなく内装の壁の壁紙で判断します

プレミアムクラスのお弁当は朝食仕様のGOZENです

DSC00410

可もなく不可もなく
サンドイッチでなかったのが良かったです

この写真で壁紙がわかると思います
少し曇ったブルーの布状の壁紙です
767や777の古いタイプERでないタイプは
グレーのもやもや模様な壁紙になっています



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(8)mixiチェック Share on Tumblr 国内旅行 | 沖縄

2018年04月18日

2017年2月 那覇への新コース 2/4

殆ど寝るだけの博多滞在です
翌日は朝食もとらずに福岡空港に向かいました

まずはカードラウンジに寄りました

DSC00394

ANAラウンジ直行にせず
ここに寄りましたのはこれです

DSC00392

パソコンで
翌日の那覇からの帰りの便の調整をするためです

カードラウンジはとりたてて特徴もなく
綺麗とか落ち着くとか
そういうことが一切感じられないラウンジでした

DSC00391

まだANAラウンジの方がましみたいですね

カードラウンジで調整作業が終わりますと
ANAラウンジに向かいました
ANAラウンジでは泡が飲めますので
カードラウンジよりは過ごしやすいですからね

福岡空港は狭いくせに
横に延々と伸びたターミナルになっています
カードラウンジを出てANAのカウンターの方に向かいますと

まずスカイマーク

DSC00395

そしてピーチ

DSC00396

ジェットスター

DSC00397

フジドリーム

DSC00398

JAL

DSC00399

そして最後にANAがありました

DSC00400

この空港はかなり就航航空会社が多いようですね
その他にもスターフライヤーや天草なんかがあります
もちろんJTAもありますが
これはJAL扱いになります



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr 国内旅行 | 沖縄

2018年04月16日

2017年2月 那覇への新コース 1/4

少し前に
昨年は沖縄に行くルートを探っていた・・・と書いたと思います

それ以前は
関西〜那覇間のプレミアムクラスの価格がかなり安かったのですが
昨年から伊丹発着と同額になってしまったので
同じくらい出費するなら・・・と色々考えていたのです

その一つは先月の帰阪時に成田経由にする案
そしてこの時は
福岡経由にする案でした

もちろん
あらかじめ懸念されることもあります
それは殆どが出費に見合うPポイントの値なのか・・・ですが
しかし実際にやってみると
「楽だった」とか
「思いがけなく面白かった」とか
プラスアルファのことがあれば見つけようと
あえていろんな方法を試していたのです

旅の初めは伊丹空・・・・・ではなく
この時は関西空港でした

DSC00381

退社後すぐリムジンバスに乗りましたので
17時半ごろには関空に着いていました

エアバスA380がバンコクから到着して
スポットに入ろうとしています
この写真を撮ったのは実はかなり暗くなってからなのですが
撮影の腕はほぼ私はないので
色々とパソコンで小細工した結果です

実際はこんな感じの明るさの時だったんです(笑)

DSC00379

関空はよく見てみると
箱自体はまあまあ素敵な空港なのです

特に私が好きなのはこの空間です

DSC00383

1階から4階までの吹き抜けの空間
これがビルのメインのフロアの層の手前にあります
ビルに入ったらすぐこの空間があるわけです
そしてこの色合い
羽田や成田や中部を見てるとわかるのですが
とても欧州っぽいというか
日本やアメリカの感覚ではないと感じます
この空間にエレベーターやらエスカレーターが
ここより圧倒的に広大で
利用者数も多いスワンナプームよりたくさんあるのです
この上下移動のしやすさが関西空港の一番のウリです
これは成田や羽田にもありません

チェックインは必要なしですので
そのままANAラウンジで過ごしました

DSC00384

退社後ですので夕食を食べていません
プレミアムクラスで予約していましたので
機内で取ることになります

乗りましたのは19:35発ANA1709便福岡行き

DSC00386

使用機材はB737−700でした

DSC00385

この関空発福岡行き・・・・かなり安かったんです
他の伊丹発着の昼間便と比べますと6掛け位のお値段でした
なので
この時の沖縄行きの新ルートに入れたのです

DSC00387

B737−700ですね
これは時刻表上では73Pと書いてある飛行機です
−800との見分け方は以前に書いた通り
主翼中央部の非常ドア数が1つだけだという点です

プレミアムクラスのお弁当はGOZENの夕食バージョン

DSC00388

洋食ですが
私には少し濃い味付けでした

板付に着いたら
何も見ずに地下鉄に乗って
アジトのある博多駅に急いでしまいました

DSC00390

何も空港を見ておりません・・・・・

飛行機で到着したら
無意識で先を急ぐようです(笑)



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(8)mixiチェック Share on Tumblr 国内旅行 | 沖縄

2018年04月13日

2017年2月 台北の新しいアジト 8/8最終章

桃園機場から乗ります飛行機は
10:00発成田行きANA824便です

DSC00364

エバー航空とユナイテッド航空がコードシェアです

使用機材はB767−300ER

DSC00363

スターアライアンス塗装の旧タイプですね
この桃園〜成田のANA便ですが
長い間B767−300が使われてきましたが
今年の8月半ばより
B787−8に置き換えられます
座席数が増え
なおかつ快適な機内ですので
私としては大変ありがたいことになります

機内食は洋食を選択しました

DSC00365

というより
洋食に変った・・・のが正解です
和食が足りなかったので
洋食にしました
これ
あまりおいしくありませんでしたよ
豚の上にチーズが載せられています

2月ですから偏西風が大変強く

DSC00368

対地速度も1100kmを軽く超えていました
これだと
時速300kmの偏西風に乗って飛んでることになります

この時の帰路は急いでいました
単に成田に着いて伊丹行きに乗り換え帰るだけではなかったんです
羽田からの帰阪便に乗ります

成田に着いてイミグレを通り
通関して京成の駅に走りました
そして滑り込むように
予定していたスカイライナーに乗ることが出来ました

事前にR愉快さまやDr様に
乗り換えの為の日暮里駅のエレベーターに近い号車なども
聞いていましたので
スカイライナーを日暮里で降りて
山手線内回りに乗り換えも2分弱ほどでできました
そして原宿へ
急いでいましたので写真は一切撮っておりません

はい
この時の旅の最後を飾るイベントです
駅前の中国料理店で開催しました

DSC00370

いつものメンバー以外に
懐かしい顔ぶれも
そして初めてお会いする方々も・・・・・

DSC00369

めでたい乾杯でした
この時に確か
前の記事で紹介したエバー航空の海苔煎餅と
微風山岳のパイナップルケーキをお配りしたと思います

この宴を終え
今度は羽田に走りました
山手線で品川
京急線に乗り換えて羽田空港国内線・・・

スイートラウンジには15分ほどいたでしょうか

DSC00371

最初の予約は関西空港行きの最終便でしたが
桃園機場で調整していたのが功を奏して
1つ前の関西空港行きに乗れることになりました

乗りましたのは20:30分発
関西空港行きANA97便

DSC00373

外が暗いので飛行機の写真は撮れませんでしたが
機材はB777−200でした

プレミアムクラスへのアップグレードも成功して
機内ではGOZENの夕食バージョンをいただきました

DSC00374

国際線の機内食よりもおいしかったです



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | 台湾

2018年04月11日

2017年2月 台北の新しいアジト 7/8

翌日はとっとと帰ります

松山機場⇒羽田⇒伊丹ではなく
桃園機場⇒成田⇒伊丹のルートです

以前書きましたように
このルートの方がすごく安いんです

早朝
まだ暗いうちに起きてアジトを出発しました
6:26発の高鐵(新幹線)で桃園に向かいます
この時はまだ桃園捷運が出来ていませんでしたので
直行バス以外ではこの方法が確実で速かったんです

DSC00350

ここんところ自由座を利用し始めましたが
この時は商務座です
桃園までの短距離の運賃は商務座では
かなり安上がりになるんです

DSC00351

こういいう物がついてますので
これが料金に含まれると考えますと安いんです
これがもう少し長距離になりますと
こんなものが付いたくらいでは賄いきれない差が出ます
2泊目のアジトは例のいつものアジトですので
朝食設備はありません
とりあえずコーヒーは飲みたいので
商務座にした次第です

高鐵桃園站まで板橋に停車して21分

DSC00352

そこからは連絡バスで15分で第1ターミナル
そこから5分で第2ターミナルです

チェックイン後タバコを吸って
エバー航空のラウンジに入りました

DSC00356

この時はキャバクラのようなラウンジではなく
落ち着いた内装の方のラウンジに入りました

こちらも窓からはチェックインカウンターが見られます

DSC00360

ラウンジでまずすることは
東京から大阪へ帰る国内線の調整です
詳しくは書けませんが
良い席をゲットするためと
今回は成田から乗るのではなく羽田から乗りますので
上手く行けば予定より速い便に乗れるかもしれないので
その準備をするわけです

DSC00358

タブレットやスマホで
ラウンジ内Wifiでできるのですが
キーボードを使った方が間違いなく入力できます

一通り終わりましたら朝食をいただきます

DSC00355

野菜サラダとつまむものをちょっとづつ
決して高いものはありませんが
案外おいしくいただけます
素食・・・というものですね
台湾では素食と言うのは菜食と言う意味です
ベジタリアンと言うことではありません
肉類に似せて大豆などで作った食品です

食事の後は赤い物と
マンゴーシャーベットでしめました

DSC00359

一応シャーベットはダッツブランドです
赤い物のあてに何気に取ったこのスナックですが

DSC00362

出色のおいしさでした

薄いアーモンド煎餅の様なものに海苔がまかれてあります
ラウンジのオバ・・・小姐に美味しからもっとくれと言ったら
一袋(10個ほど入ってる)物を貰えました



asato8686 at 05:00|PermalinkComments(6)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | 台湾

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ