ランキングはこちらをクリック!

2017年05月12日

2016年3月 難しくなった沖縄行き 2/4

関空のANAラウンジは何回も紹介している通り
私は奥まったソファ席にしか座りません

DSC08572

これは那覇のスイートラウンジでも一緒です
私のラウンジに求めるものが
仕事に便利な空間や
ひとりひきこもれる空間ではないからです

DSC08452

伊丹のスイートラウンジと違って
パンやらスープやら赤いものもありませんので
このラウンジではもっぱら泡とおかきですね

DSC08451

ここで約40分ほど過ごすのが常です

この日乗りましたのは石垣行きANA1747便

DSC08576

機材はB737−800でした

DSC08577


この機材は小さいのであまり好きではない・・・
ことはないんです
B737−700とー800は
比較的好きなんです
理由はわかりませんが
単にこの機材に乗った時に大揺れした経験がないから・・・
かもしれません

関空出発時は滑走路がターミナル1に隣接しているため
プッシュバックから離陸まであまり時間がかかりません

DSC08579

この方たちに手を振って出発です

プレミアムクラスのお弁当は朝食仕様のGOZEN

DSC08580

小さなお弁当とスープです
このスープとお弁当はなんかきちんと組み合わされていて
和風の汁だったらご飯もので
洋風スープだとサンドイッチと言う風になっています
私は・・・・・・
横の小瓶の物を飲む都合上
ご飯ものよりサンドイッチの方が好きですね

沖縄本島を通り越すまでは低空に雲がびっしり張り付いていましたので
眼下の景色は見えませんでした
しかし本島を過ぎますと
その雲も塊ができるようになり
その隙間から下が見えるようになりました

DSC08582

石垣島が近づいてきました
本当にきれいな島ですね

DSC08586

この環礁を通り越して
180度右旋回して着陸します



asato8686 at 05:00│Comments(4)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | 沖縄
ランキングはこちらをクリック!

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by あさと   2017年05月14日 07:52
5 いはちさんありがとうございます

私もこの奥まったエリアで
背部分が壁になってる所にしか座りません
自分の10cm後ろに人が座ってるという不快感がいやなんです

一番下の写真ですが
実はANAコンチが写っています
ですのでいはちさんが想像されたルートと多分同じだと思いますよ
若干この日は沖合を通過しているかもしれませんが・・・

この日の席の埋まり具合は
1番前の列がH席の人がいて
2列目は誰もいなかったんです
なので2列目にしました
1番前が一番良いのは言うまでもありませんが
隣がいないということの方が良いです


3. Posted by あさと   2017年05月14日 07:45
5 ま〜くさんありがとうございます

この関空のラウンジは
ANAが詰め込みラウンジを始めたころに出来たラウンジですので
間違いなく席数を増やすためのデザインがなされています
これはアライアンスの弊害でもあるのでしょうけど
ANA側の戦略?でもあるようで
ステイタスのラインを下げることなく
上級ラインを経験させて
顧客を取り込もうという作戦の一環ですね

そんな経験があったんですね
私は最近そういう気流の大きな穴的な感じは経験していません
もちろんそういう気象条件が多い時期には乗らないせいですが・・・


2. Posted by いはち   2017年05月12日 09:32
このラウンジのソファーの並べ方ですが、私は背中をべったりと
背もたれに着けて座るので後頭部が反対側の席の人に
あたっちゃう可能性があります。気を付けなければ・・

石垣空港ですが新しくなって少々進路が変わったみたいですね。
昔はANAのホテルを右手に見て右に旋回するのが常でした。
右側の座席からこの岬が見えるという事は・・良く分かりません。
この日は一番前じゃなかったのですね。
1. Posted by ま〜く   2017年05月12日 08:56
関空のラウンジがそれほど広くないのはJALも同じですが
ソファーの置き方はまったく違いますね。
なんか病院の待合室みたいな感じの置き方に見えます

最近は飛行機で大きく揺れた経験はあまりありませんが
一番酷かったのは春一番が吹いた日のフライトでしょうか。
ストンと大きく落ちる感覚があって、空席においてあった
イヤホンが散乱しました。

コメントする

名前
 
  絵文字