コラム 054 寛骨臼形成不全2016年5月 効率の悪い沖縄行き 2/3
ランキングはこちらをクリック!

2017年08月21日

2016年5月 効率の悪い沖縄行き 1/3

5月ごろアップした記事のシリーズは

2016年3月 難しくなった沖縄行き

でした
昨年春まで
それまで大阪から沖縄に行くのは
案外安く行けたのです
というのも
ピーチ航空・ジェットスターなどのLCCが
関空から就航してるせいか
関空出発の那覇行きが安かったんです

しかし
昨年の春ごろから少し様子が変わってきたんです

今でも同様に那覇行き普通席は大阪からは安いのですが
プレミアム旅割28が伊丹と関空
同金額になり
伊丹の価格での発売となったのです
関空寄りに伊丹が変ったのではなく
伊丹の価格に関空がなったということです

具体的には書きませんが
普通席では十便LCCと対抗できる金額設定を残したうえで
上級クラスからは利益をきちんと得ようと・・・
企業論理としては当然の方向に変ったわけです

修行としてこの那覇線を利用していた私にとっては
羽田発と同じような金額で飛ぶの関空〜那覇線のPクラスは
もはや利用価値が低くなってしまったのです

ということで
この時も大回りで那覇に行きました
関空〜石垣〜那覇
関空〜石垣は那覇行きほどコスパが悪くありません

この時のフライトは9時10分発でしたので
7時発のラピートで関空に向かいました

DSC09002

南海電鉄難波駅の大階段は
ダービーの広告と化していました

乗りましたラピートは7時発のαタイプです

DSC09003

長い間αタイプは運休だったのですが
2〜3年前から復活しました
インバウンド効果です
しかしαと言っても開通当初のαとは違います

昔は難波を出ますと
大阪環状線と地下鉄御堂筋線の乗換駅である「新今宮」
高野線と地下鉄堺筋線の乗換駅である「天下茶屋」に停車した後は
関空までノンストップだったのですが
今のαはその後
泉佐野とりんくうタウンにも停車します
所要時間も29分だったのが34分になっています

もちろん静けさを求めてスーパーシートに乗りました

DSC09005

座席がゆったりとしてるから・・・ではありません

もう1年以上も前のことですので
なぜこの写真を撮ったのか覚えていないのですが
ラピートには
網棚がありません
その代わりに昔の飛行機の様なオーバーヘッドビンがあります
意識して作ったのですが
結局もの入れにはめんどくさいし
キャリーやトランクは入らないので
あまり使ったことはないのですが
この日はこんなシールが貼られていました

DSC09004

なんかあったのでしょうかね
事件事故・・・・・
或いは要人が関空利用するとか・・・・・

関空にはスイートラウンジはありませんので
ANAラウンジを使わせてもらいます

DSC09006

いつものようにおかきと泡で旅の安全を祈ります

DSC09008

そのころのANAラウンジでははプラスアルファとして
全国各地の日本酒が置かれていました
関空のラウンジでは愛媛県の純米酒が置かれていました

DSC09007

瓶がきれいなので
きっときれいな味がするに違いないと
普段日本酒なんてめったに飲まないのに飲んでしまいました

DSC09009

少し甘口のお酒です
甘口と言ってもべたべた感が一切ない・・・・・
とてもさらりとした飲み口のお酒でした



asato8686 at 05:00│Comments(8)mixiチェック Share on Tumblr 国内旅行 | 沖縄
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

8. Posted by あさと   2017年08月22日 07:33
5 Drさんありがとうございます

この時の沖縄行きが23日
伊勢志摩サミットが26日
関西圏の玄関口の警備強化でしょう

日本酒は良いお酒ですと
砂糖水のように口当たりが良くて
ぐいぐいいってしまいますからね
昔ANAでも大吟醸がビジネスクラスにも乗っていたころ
ミニ瓶を3本ほど立て続けに飲んだことがありました
バンコクに着いた時には
気圧差のこともあって
頭がガンガンしていました

7. Posted by 鉄路迷   2017年08月21日 21:59
先日ラピートに乗った時は、こんなのはありませんでしたからね。
一時的なものなのでしょうね。
誰か要人がきたのかなあ。

私は日本酒を飲んだら倒れるまで飲み続けるので最初から飲まないようにしています。
間違いなく翌日は飛行機に乗れなくなりますよ。
6. Posted by あさと   2017年08月21日 19:37
5 いはちさんありがとうございます

餌さんへのリコメを書いてるときに
論理展開をしてると
サミットということに気付きました
伊勢志摩サミットですね
確か何年も前
東京サミットの時も
ごみ箱撤去とかあったと記憶していますが
それと同じ発想だと思いますので
目先の小手先対処法です

多分ラウンジのお酒は
ANAが選んで云々・・・というサービスではないと思います
地方振興とか勝手に歌って
ただで「ひろめてやるから」という感じで出させてるのでしょう
メーカーも全国区の
それもある程度以上の経済力のある人たちへの広告と
受け取っているのかもしれません

5. Posted by あさと   2017年08月21日 19:33
5 餌釣師さんありがとうございます

その後このシールが貼られていませんので
一時的な措置だと思います
「本日は」というシールですので
限定した日付だと思います
それも印刷したシールを用意してるということは
それなりの準備・・・・・・
あっ!
サミットです

おっしゃるように
日本酒の手ごろな価格帯のものには添加物と
醸造アルコールが含まれています
ワインにはたっぷりと酸化鉄(発行留め)が含まれています
悪酔いすることの多いこの2つのお酒は
確かに異物が入ってますね

4. Posted by いはち   2017年08月21日 14:55
飛行機と違って乗る前に荷物検査の無い電車列車は
ある意味こういった目隠し的な場所は危険極まりない
場所でもあります。
今後どうなるのでしょうかね。

伊予の酒ですか。飲んだことはありませんが
それなりの良いお酒だと思います。
無駄に流通している感が無いので。
ラウンジの日本酒は最近おいしいものが増えています。
3. Posted by 餌釣師   2017年08月21日 12:41
外から目視できないから使用禁止なんでしょうね。
恒久的か一時的かはわかりませんが。

平和(だった?)な国だからこその仕様だとは思うのですが、今となってはこのような仕様の列車が作られる事は無いのかなと感じました。

私があまり酒を飲まないのはご存知だと思いますが、その理由の1つにワインや日本酒を飲むと頭が痛くなるというのがあります。
もしかしたら、安い酒ばかり飲んだいたからかも(笑)
添加物の有無によるのかなとか思いました。

2. Posted by あさと   2017年08月21日 10:07
5 ま~くさんありがとうございます

ラピートは鉄道デザイナーがデザインしたのではありませんので
いたるところに実用的でない
不思議箇所があります
この天井の収納もそうです
飛行機だと落下を確実に食い止めるために
ロックできる箱形がマストですが
列車の場合は
そこまでの必要性がないので
もっとフレキシブルに置ける形状のほうが
なにかと便利ですね


私が日本酒を飲まないのは
添加アルコール感があるからです
なので純米酒の口当たりのよいのは
このように飲めます

1. Posted by ま〜く   2017年08月21日 09:19
ラピートの収納は電車としては変わっていますね
でも何度か使ったことがあるラピートですが私も
こちらに荷物を入れたことはありません。
当時はガラガラでしたし隣席に人が来るなんてことは
皆無でしたから。

薄墨桜と言うお酒は知りませんでしたが、岐阜の
お酒なんですね。歴史のある蔵元のようですし
飲んでみたいですね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コラム 054 寛骨臼形成不全2016年5月 効率の悪い沖縄行き 2/3