2016年11月 シンガポール経由の休暇 05/122016年11月 シンガポール経由の休暇 07/12
ランキングはこちらをクリック!

2017年12月22日

2016年11月 シンガポール経由の休暇 06/12

チェックイン後は
通常通りエバー航空のラウンジで過ごしました
ラウンジのエントランスに向かって左側のエリアです

DSC09776

この左側のエリアは
御覧のように極々落ち着いた感じのエリアなんです
右側のエリアがキャバクラの様な先鋭的なデザインです

こちらのほうのラウンジは
ソファ席以外にもダイニング席が完備されていたりします

DSC09777

と言いますのは
今は両方がビジネスクラス相当のラウンジなのですが
昔はエバー航空自体この2つのラウンジしかなく
向かって右のラウンジはビジネスクラス相当
左はエバー航空最上級者とファーストクラス相当だったんです
エバー航空は出来たころはファーストクラスが有ったんです

それがここ数年内に別のラウンジができて
それをエバー航空最上級メンバーのエリアとして使い
旧ラウンジは2つとも改装して
ビジネスクラス相当として使っているのです
ただどちらのラウンジでも良いのかというと
微妙には違うので注意が必要です

エバーのラウンジはミールが豊富です

DSC09775

十分に朝食をいただくことができますが
パンは・・・・美味しくないですので食べません

朝食をいただいた後は赤い物をやって時間を過ごします

DSC09779

ダッツがあるのもこのラウンジの特徴です
ANAのスイートラウンジのように
スーパー用の箱入りのカップをばらしたタイプではなく
業務用のパイントをで〜んと置いてありますので
自分ですくっていただきます

このラウンジにはPCルームもあります

DSC09778

アジアの空港ラウンジをよく利用していますと
こういうフリーPCがある場合が多いです
欧州でもフランクフルトなどの大都市の空港にはありませんが
ワルシャワやプラハや
そういうなんかね失礼な言い方をすると
ちょっと途上な欧州都市のラウンジにはあったりします
これはなんか訳があるのでしょうね
日本は数年前からなくなっていますね
私の知る限りではANAのスイートラウンジにノートが1台
成田の国内線ラウンジにノートが1台ある程度です

台湾は公共の建物内は法令によって禁煙ですから
ラウンジ内には喫煙所はありません
なのでタバコを吸うには
ベランダ仕様になった喫煙所に行かねばなりません

DSC09774

ミスト効果の噴射もあるのですが
基本屋外
この時はそうでもありませんでしたが
春~秋は大変暑いです

エバーのラウンジの横にはダイナスティラウンジがあります

DSC09780

思いっきり中華趣味なラウンジですね
ターミナル2ですから
ここを発着する路線のみのラウンジです
中華航空は殆どがターミナル1
日本線や一部のアジア線がターミナル2使用です

さて
乗りました飛行機は9:55発
エバー航空BR215便のシンガポール行き

DSC09781

使用機材はB777−300ERでした

DSC09782

私はB777−300は
最近はANAでは乗っていません
昨年のGWにフランクフルトからの帰りに乗って依頼でしょうか
ずっとその間この機種はエバー航空だけです



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | 台湾
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2017年12月22日 20:07
5 いはちさんありがとうございます

アイスのディッシャーは
プロが使うステンレス製のガチャっと取れるやつではありません
少し技術がいらないためあまり汚れてはいません

エバーの桃園機場で
スタGが入れるラウンジは2つです
入り口は一緒で左に入るか右に行くかの違いです
この記事の時は左に入りました
あのネオン管がきらめいているのは右の方には行ったラウンジです
どっちが良いのか
私的にはこっちのほうが落ち着いてるのですが
エバー的にはネオン管の方が少し上級のようです

5. Posted by あさと   2017年12月22日 20:03
5 Drさんありがとうございます

PC本体設置はおおむねそうでしょうね
ただいかに進んでいても
持ち歩きたくないという
私のような無精者もいますので・・・・・

WIFIですが
ほぼフリーであることは日本以外では当たり前の状態ですが
日本でもそのフリーが
あくまで無料であることだけで
つなぐのに登録が必要だったりします
そのあたりがけち臭いというか
なんか使いづらい点でもあります

4. Posted by いはち   2017年12月22日 14:28
以前成田の国内線ラウンジにはたくさんPCが並んで
いましたね。今は一台だけですか。まあ、セキュリティ云々
を考えると仕方ありませんね。
このアイスクリーム、あさとさんがアイスクリームを取る
スプーンですくってガチャガチャやって皿に置いたのでしょうか?
私、あのスプーンの取っ手の部分に他の人がアイスクリーム
を付けたりしてヌルヌルしているのがダメなんですよ。

私は今度行く時にこちらに入れるのでしょうか?
3. Posted by 鉄路迷   2017年12月22日 13:52
ま〜くさんと同意見で、先進国ほど自分のPCを持っているのでしょうね。
先進国の方はPCがないかわりにwifiが空港内に飛びまくっていると思います。
台湾では新幹線など主要駅にもありますね。
以前、よく桃園を利用していた時は★Gでは無かったので次回が初めての桃園ラウンジになりますので楽しみにしております。
2. Posted by あさと   2017年12月22日 10:24
5 ま〜くさんありがとうございます

エバー航空のコンセプトだと思います
中華航空は案外質素?な感じです
ANAはJALを抜かすことができましたが
BRはCIを抜かすことは多分
台湾と言うほぼ国際線のみの事情の元ではでき辛いので
持ってる路線内での乗客数アップを狙ってるのかもしれません

左ですね
肉類を私がこんなに盛ることはありません
これは茄子の炒めものです
このあと
それだけを小鉢でおかわりしました

PCはおっしゃる通りでしょうね
国民の水準が一番大きな原因だと思います
維持費がかかりますし
不具合の際
保守できる人材も必要でしょうしね
アジアではほぼありますね

1. Posted by ま〜く   2017年12月22日 09:08
やはり台湾の航空会社のラウンジはミールが充実して
いるんですね。ところで左のお皿の中央に乗っている
黒っぽいものはなんでしょうか?

ある程度の水準以上の国になるとPCが必要な客は
自前のPCをもって歩くでしょうから、フリーPCを
必要としないしないのではないでしょうか?
PCを用意しておく側からすると、セキュリティ対策
を講じないといけなかったりその維持管理は結構
やっかいなものだと思います

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2016年11月 シンガポール経由の休暇 05/122016年11月 シンガポール経由の休暇 07/12