ライブ機上2016年12月 新年の奇跡 08/15
ランキングはこちらをクリック!

2018年02月07日

2016年12月 新年の奇跡 07/15

前回はスワンナプームのエバー航空ラウンジの
ラウンジミールの紹介でしたが
今回の記事は飲み物と甘味の紹介です

南国ですのでフルーツは数種置いています

DSC09959

左から
ポメオ・パイナップル・スイカ・パパイヤですね

DSC09958

マンゴーは小鉢に入っています
この小鉢はもち米が敷かれてあって
その上にマンゴーが乗っています

このほかにケーキとチーズがありました

飲み物に移りますね

DSC09957

オレンジジュースと野菜ジュースです
激甘です
酸味はほぼゼロ・・・・・・・・・

DSC09962

冷蔵庫の中は缶飲料がずらり
上段はケーキです

こちらはフリーザーです

DSC09963

カップアイスとアイスバーが数種ありました

次にリカーコーナーです

DSC09964

お酒はスピリッツ系を中心に数種類
赤白のワインとスパークリングワインがあります

そしてカフェマシンです

DSC09965

最近全世界でこの蒸気で淹れるマシンが主流ですね
私は好きではありません

ということで
私が取りましたのは

DSC09966

私が食べられる程度の酸味と辛みのトムヤムクン
多分MKさんには屁のようなトムヤムかもしれません

DSC09961

野菜サラダと焼売とカレー
このミールを取った時には
このカレーがマサマンとは気づいていませんでしたので
そのまま持ってきたのですが
食べる段階になって例のアレが入ってることに気づき
これは食べずに置きました

そして最後に

DSC09967

マンゴーをいただきました
フィリピン・台湾マンゴーほど濃厚ではありませんが
逆にエグ味の少ないマンゴーでした
もちろん
主食の赤い物をいただくのは忘れていません



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | タイ
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2018年02月08日 10:45
5 いはちさんありがとうございます

トムヤムは日本では
辛さなどを調整してくれるはずですから
一度お試しになってください
世界三大スープと言われているわけですから
多くの人が美味しいと感じると思います
単に私が酸味が苦手なだけです

タイも台湾も
洋酒を楽しむ文化はここ最近です
それも金持ちから……ですし
若い世代は
飲みやすいカクテルに走ります

シーバスは
国際線ビジネスクラスでは一般的なので
これはこれで良いと思います
ジョニ黒などもこのクラスでは搭載されます
会社によって差が出るのは
ワインシャンパンブランデーでしょうね
5. Posted by いはち   2018年02月08日 09:05
トムヤムクンって実はまだ口にした事が無いんです。
タイ料理の店に行っても怖くて食べられないんですよ。
甘味は充実している様ですね。でも頭が痛くなるほど
甘そうです。当然私はダメでしょう。
並んでいるお酒は・・一番高いものはシーバスかも
しれませんね。う〜ん。何でこの辺をケチるのか?
あまり酒は飲まないのでしょうかね。
4. Posted by あさと   2018年02月07日 10:44
5 ま〜くさんありがとうございます

アジア共通でお酒のラインアップは良くないです
ANAでも同じですね
年1回欧州に行ってますが
ミールのお粗末さはありますが
酒類の充実はやはりアジアとは全く違います

トムヤムの酸味は酢ではないですからね
最初に食べたとき
世界三大スープ…と期待して食べて
そのまま「ぶ〜〜〜」とほんとに吹き出したのを
忘れられません
あの時は現地スタッフにいやな思いをさせたかもしれません

3. Posted by あさと   2018年02月07日 10:39
5 Drさんありがとうございます

台湾では
アジア1生活習慣病が多いことをふまえて
薄味低糖が風潮になっていますが
タイでは何十年も前から
外国人向けの味付けは
現地人とは別物になっていました
以前ターミナル21の上で食べた辛さが普通
その後食べたレストランは
外国人向けの味です

2. Posted by ま〜く   2018年02月07日 09:14
ミールの充実ぶりに比べるとアルコール類の方は
そこまでではないようですね。もちろん少ないという
わけではなく必要充分という感じです。

ゲーンマッサマンはうっかりしていましたね
例のものをよけて食べるだけではなく、一緒に入って
いるだけでNGなんですね。気づかずに食べてしまって
なんてことにならずに良かったです。

酢なんかですと加熱すると酸味が飛んでしまいますが
トムヤンクンはなんで加熱しても酸味が飛ばないの
だろうと長年不思議に思っていました。
近年になって作り方を知ってからはなるほどという
感じでした
1. Posted by 鉄路迷   2018年02月07日 08:47
例のアレが入っていたのですね。
食べたら機内で大変なことになって引き返す事態になっちゃったかもしれませんよ。
この頃は台湾では薄味奨励でパンチが無い味が多くなっていますが、こういう所でも薄味にしているのかなあ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ライブ機上2016年12月 新年の奇跡 08/15