ランキングはこちらをクリック!

2018年02月09日

2016年12月 新年の奇跡 08/15

乗りました飛行機はエバー航空12:40発
台北桃園空港行きBR212便です

DSC09970

歩きながら撮影してますのでピンボケになってしまいました
申し訳ございません

使用機材はB777−300ERです

DSC09971

これもガラス面にびっしりとドットが張り付けてありますので
綺麗に撮影できない状況でした

機内に入りますと
モニターではハローキティが新年の挨拶をしてくれました

DSC09974

これが春節の時はすべて繁体字での新年の挨拶になります
それもこれ以上の多数のパターンで・・・

DSC09977


この時は1Aが取れましたので
通路の先はコックピットの入り口があります

DSC09975

機関士がプログラミングをしている間中
ずっと扉は開いていました

バンコク〜台北感は約3時間40分ほどの距離です
大阪から香港
東京からは台北に毛が生えたくらいの距離です
この距離でも
日系以外の航空会社のビジネスクラスでは
ウェルカムドリンクがあります

DSC09973

タイ航空やシンガポール航空ではシャンパンですが
エバー航空はANAといっしょでスパークリングワインです
それでもこのグラスで出していただけるのは
ANAとの考え方の違いを感じますね

機内トイレは極々シンプルなつくりです
ANAのように機能性トイレでもありませんし
シンガポール航空やタイ航空のように
花や布タオルが用意されているわけでもありません

DSC09978

海外の航空会社の特徴なのですが
ビジネスクラスのトイレのアメニティは
ANAのようにちまちまと個々に存在するものではなく
みんなが使える様な入れ物の化粧品が置いてあります

DSC09979

これはHARNNのコロンです
HARNNはタイブランドのオーガニック化粧品のラインです
エバーらしいオーガニックに寄った製品です

エバー航空のビジネスクラスでは
メニューは手渡しされます
ANAの短距離では
シート前ポケットに入れてあるだけですね
中距離だと配られるのかもしれません

DSC09976

これはワインリスト以外の飲み物のページです
かなりの種類が選択できます
また
搭載物のメーカーもそれなりに一流ですね



asato8686 at 05:00│Comments(6)mixiチェック Share on Tumblr 海外旅行 | タイ
ランキングはこちらをクリック!

この記事へのコメント

6. Posted by あさと   2018年02月10日 13:13
5 Drさんありがとうございます

あのインタウンチェックインは一寸問題ですね
まず自動なので必要とする人
特に荷物を預ける人にとっては大変面倒です
特に自動預け機の使い方や
その後にX線通過の可否を自力で確認するなど
動線も悪いですし
航空会社にとっても省力化につながっていません
そもそも預け荷物がない人は
webチェックインさえしておけば
インタウンチェックインなども必要ないでしょう

また
出発時刻3時間前までと言う締切も
実情に沿っていません
「インタウンチェックインを作ろう」
そう言う目的の合唱だけでできたみたいです

5. Posted by 鉄路迷   2018年02月10日 11:43
この前の桃園→関西線では
搭乗券が自動チェックイン機のペラペラなのが残念だったです。
カウンターで手続きすればキティちゃん搭乗券だったのに。
次回からはエバーに乗るときは桃園で手続きします。
4. Posted by あさと   2018年02月09日 13:08
5 いはちさんありがとうございます

どうもそのようですね
華文化圏では
お金に関するようなことでも
めでたいことだと正直になるようです

アメニティのことですが
いはちさんのコメントを見て
ま〜くさんとの共通項から私とのズレがわかりました
私の説明が悪かったのだと思います
これは短距離なので
個別には配られない・・・・・
そういうことです

長距離線であるなら
エバーもリモアのハードケースに入ったものを配ります
短距離線なので
トイレタリーと言うことのアメニティです
ANAなどはトイレの機器としての石鹸出しがあったり
袋入りのリフレッシュシートとか
口内洗浄液が置いてあったりするようなものです
いわゆる
アメニティセットとは別の物です

3. Posted by いはち   2018年02月09日 12:39
花開富貴って新年の挨拶なんですね。
スパークリングワインでもちゃんとグラスに入れて
出してくれるのですね。それなりに美味しそうです。
アメニティは個々に配られるのではなく、この大きさで
ドンと置いてあるのでしょうか。
私もどちらかと言うと個々に配られるほうが嬉しいです。
2. Posted by あさと   2018年02月09日 12:28
5 ま〜くさんありがとうございます

おっしゃる通り
伊藤園のお茶はペットボトルのお茶です
台湾ではペットボトルの緑茶は普通にコンビニで売られていますが
基本的には泡沫茶(台湾緑茶)ですから
これを積むことで日本人にも喜ばれ
台湾人には高級感を与えてるのだと思います

アメニティは
日本人は個別が好きだと思います
私のように雑で面倒くさがりやな人間は
いちいち袋を開けるのは・・・と思えるのですが
ANAのCAさんの言葉を思い出しました
「韓国線と台湾線ではアメニティの減りが早い」
その場で使ってるだけじゃない場合があるのでしょうね

1. Posted by ま〜く   2018年02月09日 10:38
確かに飲み物は充実しているようですね
でもkのリストによると山本山の緑茶はお茶のカテゴリ
ですが、伊藤園の緑茶はソフトドリンクになっていますね
伊藤園の方はペットボトル飲料を積んでいるからなんでしょうか?

アメニティはこうして大きなボトルを置いている方が
合理的ではありますが、私はやはり日系キャリアの
ように小分けになっている方が好きです

コメントする

名前
 
  絵文字